06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

ALL FOR SAMURAI BLUE !! (全ては日本代表の為に!!)

サムライブルーことサッカー日本代表やスポーツを通じて国際社会における日本人の地位向上を謳うサイトです。タイトルの英語が正しいかは甚だ疑問ですが…

参院選行きますか? 

さてさて今回の参院選から18歳以上も選挙できるそうで、
どれくらいの人が行くのでしょうか?

まぁ自分の本音としては、
若い人は行かなくても良いんじゃない?
っていうテンションであります。

なんとも時代に逆行した意見ではありますよね~

そもそも世間の大人は本当に若者に選挙へ行って欲しいのでしょうか?

確かに様々なメディアや活動で、
投票を呼び掛けていますが、
本当に若者全員が投票へ行ったら、
困るのは大人の方じゃないでしょうか?

今の政策が年寄り向けとか、
若者にとって興味が持てないのは、
投票してくれるのが年寄りの方が多いからでしょう!!

有権者が多い層に向けて政策が立てられるのは当然でありまして、
多くの大人はその恩恵に預かっているのですね~

その多数決の真理に気が付かないと、
いつまでたっても若者寄りの政策など立たないわけですね~

極端に言えば、
若者が政治家にとって無視できないほどの有効票を持ったとしたら、
年金だって老人保健だってなくしてしまって、
年よりは死ねばよいっていう政策を立てることも、
多数決の原理から言えば可能なわけです。

それをやらずに(参戦もせずに)、
怠惰をむさぼっていたいのなら、
自業自得とも言えるわけで、
それによって年寄りサイドに近い自分としては、
その恩恵に預かれるわけですね~

だから自分としては、
若者は選挙には行かずのままでいてもらって、
自分世代にはもっと選挙に行ってもらって、
政局が自分たち寄りの政策ばかりになることを願うわけです。

なんて最低な性格なのでしょうか?

だけど、そんな本音は少なからず誰にでもあるのでは?

若い人はそのことに早く気が付いた方が良いですよ!?
スポンサーサイト

category: 時事ネタ

cm 0   tb 0   page top

「植物図鑑」をすっかり勘違いしていた!? 

最近、よく宣伝していた映画「植物図鑑」ですが、
あのタイトルと雰囲気から、
往年の新井素子の作品を思い出したのは自分だけでしょうか?

もちろん、この作品と新井素子は全く違うというのは、
世間の常識であり、自分の勘違いであるわけですが・・・

なんで、そんなこと考えたのか?

まず最初に言っておきたいのは、
「植物図鑑」に興味のある人にとっては、
ネタバレが含まれるかも?
しれないのでご注意を!?

まず「植物図鑑」に出てくる、
道に落ちてる男の子が植物系男子ってことでしたから、
その先を知らない自分としては、
それが植物の妖精みたいな、
人間ではない生き物だと思ってしまったのですね~

結局、ただの人間だったのですけどね~

で、新井素子のSF作品には、
人間には動物系から進化した種族と、
植物系から進化した種族と2種類あるっていう話だったんですよ!!

その植物系の人間ってのは穏やかだけど芯が強く、
したたかに人間社会に入り込んでいるのですよ!?
そんな感じだった気がします(違ってたらゴメンナサイ)

てなわけで、「植物図鑑」もその手のSFだと思ってしまったのでありました!?

こんな勘違い自分だけ?

新井素子を久しぶりに思い出したのは自分だけ?

category: 芸能

cm 0   tb 0   page top

スピードは本当に日本の強さなのか? 

うっかり早起きしてユーロの開幕戦を見てしまった!?
眠いです、今日は一日眠いです・・・

まぁ開催国フランスが勝って良かったですね~
って感じでした!?

それと会場のスタットゥデゥフランス?(合ってる?)
凄いですね~スタジアムも凄いけど観客も凄い!?
ははは文化が違うわ!?

ところで世界標準のサッカーを見ていて思ったのですが、
良く日本の強みの一つはスピード!!なぁ~んて言うけど、
それって本当ですかね~?

いやフランス対ブルガリア見てるとですね・・・
明らかにパススピードは日本の比じゃないですよね~

ハッキリ言って早い正確なパスがあっちからこっちへ、
バンバン飛んでるわけです!?

あれ見た後だと、日本のパスは、
弱く遅く、まるで男子と女子くらいの差を感じてしまいます!?

もちろん筋力の差があるので、
無理な部分はあるのだと思いますけど、
日本の武器は早いパス回しだ!?
なぁ~んて悦に入っていると、
全く通じないなんてこともあるのでは?
と思うユーロ観戦でした!?

明日のイングランド対ロシア、
どうしようかなぁ・・・見ようかな・・・

category: 隣国ロシアへ行こう

cm 0   tb 0   page top

きっちり決めるからこそエース!? 

キリンカップ決勝、
対ボスニア・ヘルツェコビナ戦、

1-2の惜敗でした!?

しかしボスニアもあれでユーロに出れないなんて、
ユーロのレベルの高さをうかがい知れますね!?

そのボスニアですが、
あのちょんまげのでっかいヤツがキッチリ決めましたね~

ああいうのこそエースって言うんでしょうね~

岡崎も前の試合では良かったですが、
次の試合では殆どシュートが打てていません!?

どんなチームに行っても、
どんな状況でも点を取る、
それがエースなんでしょうけど・・・

日本にはそれがない・・・

まぁ前からですけどね~
改めて認識しました!?

そういう意味で、敢えて日本のエースを挙げるなら、
やはり本田圭祐ってことになるのでしょうね~

大事な試合で必ず点を取る、
そんな選手がもっと出て来てくれれば、
もう少し安心して見ていられるのですけどね・・・はははっ!?

category: 隣国ロシアへ行こう

cm 0   tb 0   page top

ブルガリア戦は快勝しすぎか? 

珍しく大量得点である!?

7点も取るなんて、アジア1次予選でしか、
見たことがない!?

それもこれも岡崎の1点目が大きかった!?

オフサイドと言われてもおかしくは無かったですけど、
日本というチームにとっては、
先制点と言うのが実に大事だと認識できました。

あれがあったから、
あの後の動きが自信にあふれたプレスに繋がったと思いますし、
攻め、攻めの姿勢を保つことが出来ました。

先制点をとっていないと、
焦って、焦って、凡ミスを連発してしまうのが、
日本代表の特徴ですから、
先制点の大事さを再認識です!!

元々キリンカップって日本のための大会なんで、
実力を測れるのかっていう疑問は残りますが、
それでも7点とれたのは、
それなりの進歩があったと確信しても良いのだと思います!!

category: 隣国ロシアへ行こう

cm 0   tb 0   page top

カレンダー&アーカイブ(Tree)

プロフィール

カテゴリ

最新記事

最新トラックバック

フリーエリア