イチローに見るインサイドアウト
2015年01月31日 (土) | 編集 |
マイアミマーリンズへの入団が決まり、
日本で異例の記者会見が行われましたが、
やはりイチローは違うなぁ~タダモノではないなぁ~
と感心させられました!?

「応援よろしくお願いします・・・とは絶対に言いません。」

「応援されるに値する努力をします」

大体こんな感じだったと思うのですけど、
ホント素晴らしい考え方ですよね~

応援されてから頑張るなんてのは、
ただの幼稚な子供ですよ!!

プロフェッショナルであり、
大人であったら結果が出なかったら、
皆から忘れ去られる運命です。

これは自分たちの日常にも当てはまります。

自分たちもいつの間にか、
会社が悪いか、上司が悪いから、
やる気が出ない!?なんて口にしてないでしょうか?

頑張らないのは周りが悪いのだ、
自分は何も悪くない、
ついついそう思ってしまいます。

その考えを変えるところから、
人生は好転するってのが、少し前に話題になった、
スティーブン・コヴィーの「7つの習慣」ですよね~

正確には「7つの習慣」の前段階の、
「インサイドアウト」
っていう考え方です。

自分自身の内面(インサイド)を変えて、
自分自身の人格とか考え方っていうパラダイムを転換することで、
自分が変わる。

自分が変わることでしか、
環境は変わらない。

っていうのが基本的な考え方だと思うのですが、

イチローの発言から見てとれるのは、
この考え方に通じる
まず自分がやる
という強い決意が感じられます!!

そう、他人に環境を変えるには、
まず自分が変わらなければならないってことなんですね~

自分が置かれた立場や環境というアウトサイドを嘆く前に、
自分というインサイドを変えてみてはいかがでしょう?

まぁそれを実現する具体的な方法が、
「7つの習慣」になるわけですけどね~

なんか最後は「スティーブン・コヴィー」の勧誘員みたくなってしまいましたが、
この自分がまず変わるという意識は必要だと思いますよ!!
スポンサーサイト
どうしても残るラテン系への不安!?
2015年01月31日 (土) | 編集 |
早々に日本とは無関係になってしまったアジア杯ですが、
韓国とオーストラリアという、
まぁ予想通りのカードになりました。

ここに来るのは日本だったハズ・・・
と思わずにはいられませんね、やはり!?

そんな中、早々とアギーレ監督の続投は決まったわけですが、
果たしてどうなんでしょうね~?

確かに選手交代の面では、
試合の流れを掴んで、
効果的な選手投入をしているので、
試合中の采配と言う意味では、
合格点を与えらえると思うのですが、
チーム作りと言う面ではどうなのか?
ってことなんです。

これがW杯直前に就任した監督ならアリなんでしょうが、
日本代表は4年後を見据えて、
世界に通用する戦術とかスキルを身に着けたいわけですよ!?

スキルなんて個人の責任だろ?
とも思うのですが、
チームとしての経験とか連携っていうスキルもあると思うので、
戦術理解含めてスキルっていう言葉を使いました!!

特に自分が気になるのが、
アギーレの元での練習の後の
各選手のインタビューです。

具体的には・・・
「自由にやらせてくれる」
っていう意味合いの言葉が多く聞かれます!?

これって以前、どっかで聞いたことありません?

そう、ジーコ時代の日本代表の面々も、
そんなセリフを良く口にしていました!?

果たして今の日本代表に、
自由にやって世界で通用するレベルがあるのでしょうか?

自分としては問題はもっと前にあって、
世界のサッカー的な常識を知らないから勝てないのだと思うのです。
まぁ自分が良く言う「サッカーOS」というやつですよ!?

しかも日本人の特性として、
いきなり自由を与えられてもどうして良いか分からないのですよ!?

日本人は困難であろうが、
具体的な目標とかのタスクがある方が、
力を発揮しやすい性格だと思うんですね~

だから自分で考えるとか、
自主性に任せるってのは、
なんか聞こえは良いですが、
日本人に向いてないのでは?って思うのです。

確かにその手法が向かない人もいる事は確かです。
でも、どうですか?日本代表とはいえ、
多くは皆さんと同じような環境、
同じような人間関係、
同じようなテレビを見て、
同じような教育を受けてきた人なんですよ!?
そうそう特性が大きく違うとは思えません!!

子ども扱いとは言われるかもしれませんが、
世界のサッカーというものを叩きこんでくれる指揮官が必要ではないでしょうか?

だって日本代表は世界から見たら、
まだまだ成熟してないレベルなのですから!!
アギーレ続投は妥当なのか?
2015年01月25日 (日) | 編集 |
UAEに敗れて連覇の夢破れたアジア杯ですが、
こうなってしまった原因は、
敢えて言わせていただくなら、
やはり監督責任というのはあると思います。

確かにタイトな日程というのは大きいですが、
そんなのは大会前から分かっていた話ですから、
それは言い訳にはならなかったと思います。

具体的にはリーグ戦最後のヨルダン戦で、
思い切った先発交代によって、
主力を休ませることが必要だったのではないでしょうか?

そうすればUAE戦の立ち上がりにおける、
動きの悪さは防げたのではないか?
と今更ながら思うわけであります。

それもこれもアギーレ監督が、
このアジア杯での結果を求めすぎた、
焦りが出たのかな?とも思います。

まずここ最近の日本代表のメンバーは、
ザッケローニ時代に戻ったかのような、
メンバー選考であり、
確かに安定は戻しましたが、
新味に欠けていたのは事実でしょう。

そしてアジア杯本番に入っても、
固定化されたメンバーを使い続けたのは、
なにより無難に、安定を求め続けたからでしょう!?

確かに途中交代のメンバーが得点に絡むシーンは、
これまでのどの監督より多いと思いますので、
そういう意味で、つまり試合中の采配については、
一定の評価を与えられますが、
最近のメンバー選考辺りから、
うん?と疑問に感じた人も多いのではないでしょうか?

その一つの要因として予想されるのが、
協会側がアギーレに対しての要求が、
ハッキリしていないのでは?
とどうしても思ってしまうのです。

今回のアジア杯をどうするのか?
その過程での強化をどうするのか?

その辺りがハッキリしなければ、
雇われる側としては、
目前の結果を求めるのは当然であり、
結果的に今回のような結果になってしまったのではないでしょうか?

UAE戦の終了直後、早々とアギーレ続投を表明した協会ですが、
果たして本当にキチンと検証して決めたのか?
イマイチ疑問が残ってしまう顛末でした!?
アジア杯に切り替えます!?
2015年01月10日 (土) | 編集 |
先週、静学の勝利ではしゃいでいた高校サッカーですが、
結局、そのすぐ後の試合であっさり負けてしまいました!?

優勝候補に勝った後っていうのは、
こんなもんなんでしょうか?
高校サッカーはまだ続いていますが、
自分的には既に、
日本代表のアジア杯モードです!?

一部の報道によると香川がボランチとか?
そりゃ無理じゃね?
って感じですが、
まぁ序盤に試すのはありですね!!

とりあえずなんにせよ注目です!!
やっぱチャレンジ精神の方が好結果なようで!?
2015年01月04日 (日) | 編集 |
正月の高校サッカーが始まっています。

やりました!!
静学が夏の王者の東福岡を撃破です!!

昔だったら、そんなに喜ぶほどのこともないのですが、
ここ数年は静岡代表はパッちしない成績でしたから、
初戦とはいえ優勝候補を破ったのは明るいニュースです。

とはいえ試合内容そのものは完全に東福岡ペースでしたね~
結果的には3-0という圧勝に見えますが、
あれは先制点を取れたから、
相手が点を取りにいかなければならない状況だから、
立て続けに追加点が取れたという、
正にトーナメントならではの結果でした!?

静学の監督曰く、
「静学史上、最もレベルが低い」
(もっとも並の高校生レベルではありませんが・・・)
と言われるだけあって、
確かにテクニック至上主義の静学サッカーではなく、
結構相手にボールを持たれて、
振り回される場面も幾度となくありました。

それでも必死に泥臭くボールを追いかけ、
相手にくらいついていたのが良かったのでしょう。

正直、どうみても相手の方が、
スムーズにボールを運んで、
フィニッシュまで持って行けてましたし、
セカンドボールも支配してました!?

自分たちは下手だ、
静岡なんて王国でも何でもない、
っていう開き直りというか、
チャレンジ精神を持って戦ったのが勝因ではないでしょうか?

静岡の選手ってもとよりこういう傾向はあります。

つまり受けて立つより、
相手が絶対有利の場面で、
挑戦者としての立場の方が、
好結果を出すという事実です。

まぁそれだけ、王者のメンタルを持ち合わせていない、
ってことなんですけどね~

あくまで挑戦者の気持ちを忘れなければ、
落ちたとはいえ、
テクニック的には軽く高校生レベルを超えている静学ですから、
今回は少し期待できるかな?
などと思うのでありました!!