ALL FOR SAMURAI BLUE !! (全ては日本代表の為に!!)

サムライブルーことサッカー日本代表やスポーツを通じて国際社会における日本人の地位向上を謳うサイトです。タイトルの英語が正しいかは甚だ疑問ですが…

GK西川には最大のチャンスが訪れた!?

アギーレジャパン、とりあえず二つの親善試合を終えました。

ベテラン、初召集などいろんなメンバーを初めて使って見て、
アギーレも改めて分かったことも多かったのではないでしょうか?

そんな中で評価を上げた人、下げた人、様々ですが・・・

ズバリ評価を下げた一人と言えば、
ゴールキーパーの川島でしょう!?

パフォーマンスも良くなかったですし、
戦前のアギーレインタビューでは、
キャプテン候補だったにも関わらず、
結果的に本田がキャプテンマークだったことを鑑みるならば、
既に絶対的な信頼は得られていなかったのかもしれません。

そんな中で、あのパフォーマンスでしたから、
次のジャマイカ戦での先発は疑問符がつくでしょうね?

特に今は新しい選手を試す時期でもありますから、
GK交代ってのは十分あり得る可能性です。

そうなると、やっとこさっていう感じですが、
西川の登場になるでしょうし、
ここで使われなかったら、
一体何のために召集され続けているのかが分からなくなります。

自分としては、この間のブラジルW杯中にも出場機会があるかも?
って思っていましたので、これでもまだ遅いくらいです。

特に現代サッカーにおいては、
この間のドイツ代表のノイヤーに代表されるように、
足元の技術のある11人目のフィールドプレイヤーってのが、
GKに求められる資質になっていますから、
西川の時代が来てるわけです。

なぜ足元の技術が必要なのか?
それは現代サッカーでは前線のFW選手が、
相手DFに高い位置からプレスをかけまくるわけですから、
どうしてもGKへのバックパスが多くなりますから、
そのGKからの正確なフィードが不可欠になるので、
今までのような守るだけのGKは時代遅れになるわけです。

確かに西川のキックの正確さはJでは群を抜いています。
GKといえば力任せのドーンってな感じのキックが多いですが、
西川のはスゥー~ストンみたいな感じで、
味方の選手にピンポイントで届くところが秀逸です!!

そういう意味で現代的なGKである西川の代表正GKは、
これから日本が世界で戦うためには不可欠な要素ではないでしょうか?

あとそれとはまた真逆になるのですが、
鳥栖の林も代表に選ばれています!?

体も大柄で、正に昔のGK代表です。
これはもしかしたらブラジルW杯における、
オランダの控えGKのクルル曹長みたいなもんでしょうか?
つまりいざという時のPK要員とでも言いましょうか?
そんな意味合いもあるとは思いますが、
ただGK枠3人目はまだまだ変わる可能性が高いですね!?

とりあえずは浦和は今Jで首位ですから、
テレビで見る機会も増えますから、
皆さんも西川のプレイに注目してみてはいかがでしょうか?
FC2 Management

「時空タクシー」という発想

う~ん、正直やられたなぁ~というのが第一印象です。

何が?というと・・・
今秋に始まるドラマの一つに竹野内豊主演の、
タクシー型のタイムマシンを基にしたお話があるのですが・・・

いや、実はこのタイムマシン型のタクシーって、
自分もだいぶ前にSFネタの一つで、
「時空タクシー」っていうのを考えついてはいたんですよ!?

まぁ、誰でも思いつくアイデアってことなんでしょうし、
その題材をどう活かすのかが、
作家さんの腕の見せどころであって、
発想の段階でいくら威張ってもしょうがないのは分かるのですが・・・

う~ん、それでも悔しいなぁ~

でもまぁ、ここで何を言っても後の祭り、
思いついたネタはどんどん発表してしまいましょう!?

てなわけで、最近思いついたネタ元を晒しておきたいと思います。

このアイデアに著作権とか発生しませんが、
使う際にはこのブログからアイデアもらったと、
コメントしてもらえると幸いです。

では見たい人だけってことで、
続きはこの下から・・・

形が見えなかったアギーレジャパン

新しいメンバーで練習時間が少なかったとはいえ、
一体どうしたいのかが全く見えなかった、
昨日ウルグアイ戦に臨んだアギーレジャパンであった。

とりあえず、好調な選手を並べてみた、
って言っても言い過ぎではないくらい、
チームとしての形は出来ていなかったと思う。

まず最初のサプライズはアンカーが森重だった点である。

へぇ~そうなんだ、そんなに可能性があるのか?
と興味津々で見ていたが、
なんのことはないまるで3バックになってしまったようで、
つなぎ役とか前へのビルドアップには不満が残った。

逆に良かったのは皆川。
こんなに前線で使えるヤツがいたんだ?
っていう感じの良い意味でのサプライズですね!!

良く南米は攻撃的なんて表現されますけど、
自分に言わせれば真に攻撃的なのはブラジルだけで、
あとの南米チームは実は個々の守備力、
中でも相手に何もやらせないっていう守備力のチームだと思うんですよ。
そんな南米チームのDF相手にそこそこ楔となり、
ボールキープが出来ていたのは今後も可能性を感じました!!

センターに皆川が入ったことで、
サイドに押し出された格好の本田でしたが、
やはり彼は真ん中で活きる選手ですね~

3トップならCFにするかと思追いましたが、
皆川みたいな選手が台頭してくると、
二列目の方が良いのかな?とは思います。

本田がサイドに入ったことで、
これまでの日本代表で良く見られた、
とりあえず本田に預けてっていうのが出来なくなりました。
これは一見物足りないのですが、
長い目で見た場合、本田に頼らないチームを目指すならアリでしょう。

まぁ大体こんな感じですかね~

とにもかくにも第一印象は、
パッとしない新生日本代表って感じです。

いよいよ始動ですね!?

アギーレジャパンの初選考選手が発表されました。

中身の是非はともかく、
どんなサッカーを目指しているのか?
それがストレートに表れるメンバーは?
なにはともあれ、慣れ親しんだ監督にはない、
新しい驚きが見られる可能性のある選考なので、
どうしても期待をして見てしまいますね!?

で、とりあえずの最初の感想としましては・・・
「えっ、この選手まだ選ぶの?」
って方が数人います!?

具体的には長谷部、吉田でしょうか?
いくらブラジル大会の中心とはいえ、
彼らのコンディションはベストとは言い難く、
そのことはブラジルでの苦戦にも関係なくはないですから、
今ここでまた選考するとは思いませんでした!!

特に守備の面ではかなりテコ入れがあるのかな?
って思っていただけに、ここはちょっと疑問符ですね~

あと殆ど無名の選手も選ばれていますが、
それは監督の好みでしょうから、
過去にはオフトが森保や高木を抜擢したのと同じようなものでして、
これこそが監督が変わった一つの楽しみであります。

自分の予想としてはアンカーもしくは、
セントラルミッドフィルダーを置くのかな?って思っていますので、
そこが一番気になっていましたが、
どうやらそのポジションは細貝なのかな?と読み取れます。
ただセントラルミッドフィルダーというより、
アンカーとしての役割が大きいような気がします。

あとGKに林が入りましたね~
好調の鳥栖ですから、そこから選ばれるのはある意味当然ですし、
体格の良さでは群を抜いていますしね~

そういう意味でDF陣を見ると、
体格の良さっていうのは、
選考基準の一つかな?とも思えます。
もちろん長友くらいずば抜けていると、
体格とか関係ないですけどね!?

いよいよ動き出したアギーレジャパン、
この後の練習も気になりますし、
試合はもっと気になります。
早く実戦を見てみたいですね!!

強くない大宮に存在意義はない!?

ちょっと厳しいかもしれませんが、
大宮アルディージャは強くなければ意味がない、
つまり存在意義がないと思いませんか?

もともと関東地区にはJリーグのチームが多すぎる、
というのは前からの意見なのですが、
ましてや大宮となるとどうしても浦和レッズの影に隠れた存在で、
サッカーどころとは言え、浦和との人気さは明らかで、
あえてここに2チーム必要なのだろうか?
と潜在的に思っている人は結構いるのではなでしょうか?

それでも元は名門、NTT関東ですから、
それなりの実績はあるわけです。

これがJ2辺りなら暖かく見守ってあげれるのですが、
J1となるとどうしても厳しく、
その一枠をどこかの地方チームに譲ってあげたくなってしまうのです。

だからこそ…
つまりは圧倒的に人気でレッズに負けてるのであれば、
実力では上回ってこそ存在意義が出てくるのですよ。

事実、昨年の途中までは素晴らしいサッカーをして、
不敗記録まで打ち立てた強さがありました!?

悲しいかな、このチームを取り巻く環境とは、
あのレベルまで勝って、やっと陽の目を浴びるのですよ!?

他の地方チーム、おらがチームだったら、
3連勝もすればサポーターも大喜びなのですが、
大宮アルディージャには特別な強さがないと、
誰も見向いてくれません!?

それがどうですか?
昨日の試合が終わって17位?
これじゃあ、そのまま忘れ去られますよ!?

隣にJリーグ一番人気の浦和レッズがいる環境は、
勝つことによって存在意義を示すしかないのです!!

奇しくも次節は埼玉ダービーとのこと、
ここで勝たなくていつ勝つのでしょうか?
負ければ人気実力ともJ2落ちが現実味を帯びてくるでしょう!?
カレンダー&アーカイブ(Tree)
08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

+ アーカイブ
 
プロフィール

フローラン・カバディ

Author:フローラン・カバディ
性別:男
年代:40代
生息地:静岡県
趣味:サッカーネタ中心ですが、スポーツ全般からアニメ・コミック等のサブカルまで幅広く取り上げていきます
名前の由来はこちら

twitter
mixi
mixi始めました!!こちらもよろしく!!
フリーエリア