*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

「ポケモンGO」が今日から配信!?
ってなわけで、早速ダウンロードを試みたわけだが・・・

なんと自分のスマホでは古すぎて、
対応していません!!!!!!
だとさ・・・
はぁ~

結構、凹みました、
買い換えようかな~

もし、そうなったらホント、
ポケノミクス効果だよな!?

スポンサーサイト

既に先週の話になってしまいますが、
日本ハムの大谷が、
ピッチャー、1番の最初の打席で、
先頭打者HRを打ったわけですが・・・

今週のオールスターを見てると、
やはり彼は最初からあの先頭打者HRを狙っていたんだと、
改めて実感するのでありました。

正確に言うならば、
HRか三振で良いという気持ちだったんだと思います。

先頭打者でピッチャーですから、
もしランナーで出てしまえば、
投球練習が出来ないわけです!?

そう考えると、
ランナーに残らない方法としては、
三振かHRってことになりますよね~

だけど、そんな狙ってHR打てるのか?

その答えが、
今回のオールスターでの彼のバッティングですよ!?

お祭り試合ってこともありますが、
明らかにHR狙いのバッティングで、
それを実現しています。

プロ選手だったら、
狙えば誰でも出来るんじゃないの?
とも思いますが、
やはりボールを運ぶ技術ってのを、
確立してるんですね~

いやぁ~凄いです!?

SAOことソード・アート・オンラインの再放送が始まりました!?

このブログ内で散々、名作として取り上げてきたSAOですが、
何故、今また再放送?
と思っていたら、
2017春に劇場版公開なんですね~

この際だから、
今まで見たことない人も見てみましょうよ!?

既にSAO以来、
この手の取り込まれ系アニメは増えましたので、
今となっては新味は無いかもしれませんけどね~

自分の中では歴代アニメの
ベスト3の3位に入ります!?

3位かい!?ってツッコミが入りそうですが、
やはり同じ川原礫作品としては、
作品の新鮮味では「アクセルワールド」の方が上だと思うのですが、
アニメを通じての各種カルチャーへの影響度を考えると、
アクセルワールドは3位には入らないのですよ!?

そのアクセルワールドと迷ってしまうあたりが、
3位に留まっている要因ですね~

ユーロ2016
イタリア対ドイツ
朝から頑張って見ましたよ~

流石にどっちも譲りませんね~

で、感じたのは、
いくらドイツがポセッションで勝っていても、
あのクラスになると、
最後のパスって簡単には通らないですね!?

エジルの先制点も、
結局はギリギリの危なっかしい局面でのパスを繋いで、
やっとこそゴールに繋がったって感じでした!?

その後、何度となくペナルティエリアの外側までは、
簡単に持って行けましたけど、
最後のラストパスは通らない、
横にパスを回すだけでした!?

あのドイツでさえ、
まるで日本代表のようでしたから、
いかにキレイなパスだけではゴールに繋がらないか、
というのを改めて実感させられました!?

まぁ結果的にはドイツがPK戦を制したわけですが、
ギリギリの局面ではギリギリのプレイが求められるっていう教訓でしたね!!

リオ五輪に向けての、
サッカー日本代表のメンバーが決まりました!!

手倉森監督が重視していたコンディションっていう点が、
最重要視された選考結果だったと思います。

本当にコンディションが良いかは別として、
この考え方に自分は諸手を挙げて賛成であります!!

W杯ブラジル大会の反省を踏まえれば、
コンディションが上がらない選手に固執し過ぎたのは、
失敗だったというのは明らかでありますから、
今回、同じ地球の裏側で行われる大会に於いて、
コンディション最重視ってのは至極当然であります!!

ここ数年、とくに南アフリカW杯辺りから自分が感じていたのは、
日本は体調さえベストなら、
世界のベスト16は固い、という考え方であります!!

戦術とか個の力っていうのは、
そこから上にいくために必要ではありますが、
まずはその前の段階のステージに登らなければいけないわけで、
そのためにはコンディションが必須条件だと思われます。

それがあってこそ初めて、
スター選手やスター監督が活きてくるわけですから、
日本人がどんな地域に行われる大会に於いても、
ベストなコンディションを保たれるノウハウを確立するべきではないでしょうか?

その場合、確かに地味なチームになるかもしれません、
でもコンディションという因子を無視したまま、
やれ戦術が、やれ監督がっていう話をしても意味がないと言いますか、
コンディションが同じというベースがないまま、
結果を論じても論点がずれていくような気がします。

何と言いますか実験用語でいうならば、
まずはブランクデータを取る必要があるわけで、
そこから比較が始まるのではないでしょうか?

06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

+ アーカイブ
 

フローラン・カバディ

Author:フローラン・カバディ
性別:男
年代:40代
生息地:静岡県
趣味:サッカーネタ中心ですが、スポーツ全般からアニメ・コミック等のサブカルまで幅広く取り上げていきます
名前の由来はこちら

お勧めの本とかコミック載せてあります。レビュー見て気に入ったら貴方も読んでみてはいかがでしょう?
良かったらMy Yahoo!に追加してみませんか!?
My Yahoo!に追加
ランキング参加中です!! 気が向いたらポチっとお願いします(^_^;)

FC2Blog Ranking

QR