*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

どうだろう?
今回の大河ドラマ、
ハッキリ言って話が進まな過ぎて、
イライラするのではないだろうか?

まだ武田信玄が生きているの?
っていうのが正直な感想である!?

大体、今までの戦国ものの場合、
桶狭間から本長篠くらいまでは、
割とあっという間に過ぎるのですが、
今回は直虎中心ですから、
僅か四十何年の出来事ですからね~
仕方ないかもしれません!?

昨年の真田丸の場合、
一瞬で上田から近江や遠江、京都あたりまで移動していましたから、
そのスピード感からすると、
今のは遅すぎると感じてしまいます!?


スポンサーサイト

土用と言えば、
土用の丑ってことで、
今年もスーパーやコンビニで、
ウナギの蒲焼商戦が始まっている。

最近は土用は年に4回あるんだから、
土用の丑もそれに合わせて、
何回もセールが行われているようである。

更には土用だけじゃない!!
節分だって4回あるってわけで、
恵方巻きも年に4回ほど売っている・・・

いやはや、商魂たくましいというか、
季節感はどこにもない、というべきか?
それとも節分が4回と言うことを、
思い出させてくれてるのだから、
季節感はあるということなのか?

まぁ商売が成功してるとは、
思えないけど、
24節季を考え直す良い機会ととらえましょう!?

それにしてもうな重、うな丼でありますが、
一応、世間的にはウナギどころとされている自分が言うのもなんですが、
あれほどコストパフォーマンスが低い商品はなかなかないですよ!?

過去にも言ってきましたが、
なんつっても単純に高過ぎる!?
それに見合った満足感が得られるとは到底思えない!?

大体、うな重なんて安くても2000円以上するわけですよ、
それでもって注文してから出来上がるまで20~30分かかって、
出てきたと思ったら、
最初から最後までウナギの味しかしないんですよ!?
(当たり前ですが・・・)

そりゃ丼物はそういうもんだ!?
牛丼だって、かつ丼だって同じ味だろ?
と言われますが、
基本的に値段が違いすぎます!?
牛丼300円そこそこだったら、
同じ味でも文句は出ませんよ!?
それがお札2枚以上出して、
ずっと同じ味って、どういうこと?
と思うの自分だけでしょうか?

しかも、ありがたいことに浜名湖のうなぎは美味い?
なんて定説になってしまっているおかげで、
この時期は遠路はるばるワザワザ来ていただける方も多いのですが、
正直、そういう方に申し訳ないほど、
大したことはありません!?

不味いとはいいませんが・・・
まぁ浜名湖でウナギ喰ったという、
事実が欲しいなら否定はしませんが、
それでなければ、
もしご自身が東京とかの都会にいるのでしたら、
東京の老舗の方がよほど美味いですよ!?

大体、浜名湖のうなぎが有名になったのは、
戦後、この土地で盛んだった繊維産業を、
国の方針で、もう繊維はダメだから他の産業にしなさい、
ってのを受けてから、
じゃあ浜名湖のうなぎは高く売れるからってことで、
養鰻業者が乱立したわけですから、
そこには伝統ある料理人みたいのは、
殆どいないわけです。

うなぎそのものの質は良いのですが、
それをさばく料理人が増えたのは、
ハッキリ言って昭和からですよ!?

江戸時代から続く老舗の味みたいのは、
ここにはありませんので、
こんな遠くまで出張ってこなくても、
東京で老舗の店に行った方が良いですって!?

質の良い浜名湖うなぎだって、
いまや流通が発達してますから、
東京でも大阪でも手に入ります!?

なので、いつもこの時期は、
「やっぱ浜名湖のうなぎは違うなぁ~」などといいながら、
この地のうなぎ屋から出てくる人を見ると、
なんだかなぁ~?
と思うのでありました!?


本田圭祐がメキシコのパチューカへ入団しました!?

メキシコ!?
しかもレギュラーの確約もない!?

そんな未知の環境でどうなるのか?

まぁそれこそが彼の真骨頂、
ここでこそ、
あのギラギラ感で戦ってほしいです!!

そしてコンディションバッチリで、
ロシア大会に臨む、
それこそが一番の期待であります!!


J1リーグも後半突入ってことで、
いきなり注目の1戦で始まります!?

それは・・・
柏レイソルvsセレッソ大阪
であります!?

ここ数年、J1リーグは4強時代でした!?

鹿島、浦和、G大阪、広島

自分は勝手に日本のBIG4などと呼んでいましたが、
まぁまぁ常に優勝を狙える4チームと言えるでしょう!?

ただ今期は広島が低迷、
森保監督が辞任ですって!?

これは勿体ない、
もう少し続けて欲しかったですね~

で、そんな隙間に入ってきたのが、
柏とC大阪です!?

もともとこの2チームは実力はありましたよね~

自分の記憶が正しければ、
昔、同時にJリーグに昇格したと思います。

いわゆるJリーグ初代のオリジナル10と呼ばれる10チーム、
その後、年に2チームづつ増えていきましたが、
この柏とC大阪までが、
真にJリーグの実力を備えていたのではないかと思うのです。

その後もいくつかのチームが、
昇格はすれども。定着はしないっていう現状があります。

もちろん柏もC大阪も降格も味わっていますし、
オリジナル10の中では名門中の名門だった、
読売クラブことヴェルディは行ったきり帰る兆しもありません!?

そのヴェルディの話は置いておきますが、
やはり1部で定着するには、
ある程度の資本とかが必要かな?と感じさせられます。

柏にすれば元は日立だし、
C大阪はヤンマーなわけですから、
昔の日本リーグから続く名門ですよね~

その辺の底力みたいなものを感じてしまいます!!

そう考えると逆に、
サガン鳥栖などは、
なにもないところから、
J1昇格にいたり、
今やすっかり定着していますから、
これは立派としかいいようがありません!?

優勝争いはもちろんですが、
今年からまたJ2との入れ替え戦が復活するそうで、
当事者にとってはヒヤヒヤですが、
見ている方は痺れますね!?


富士山、山梨側での山開きになりました!?

しかし毎年、ニュースでしか見ませんが、
最近の富士登山はすごい人ですよね~

あんなにギッシリ並んで歩いて楽しいんでしょうか?
楽しいんでしょうね~きっと。

実は自分も富士山登頂はしたことあるんですよ!?

かなり前の子供時代ですけどね!?

近所の人たちの誘いで、
気楽な気持ちで行っていました!?

格好も今の登山ブームと違って、
まぁ遠足の延長くらいでありまして、
靴だってスニーカーレベルで、
雨具と言うかウインドブレーカーレベルだったのを、
覚えています。

それでも天候に恵まれたのですね、
ちゃんと頂上まで行けました。

ただ実は、頂上まで行ったのは、
そのグループでは自分だけだったのですけどね~

他の人は高山病だと思うのですが、
途中で体調悪くなってしまったのですよ。

そこで「君だけ頂上まで行ってきな」

みたいなノリで、
現代ならあり得ないような放任主義で、
行って帰ってきたのです。

でも行ったかいはありましたよ~

あの自分の足元より下に広がる雲海、
そして、独立峰だからこそ味わえる、
日の出のシーンというのは、
正に絶景、今でも思い出しますから、
やはり一度くらいは見てみて欲しいですね~

とはいえ、やっぱり、
あの渋滞具合は見ているだけで、
辟易しますよね~


これは市川海老蔵の記者会見の中の一言ですが、
この何気ないコメントが、
実に深く実感でき、染み入ってきました。

何事も起きないことに幸せを感じるっていうのは、
たぶん多くの人に取ってピンとこない、
聞き流してしまうことのような気がします。

でも何事かに遭遇したことがある人にとって、
何も起きずに日常を過ごせるっていうのが、
どれだけ貴重なことなのかってのが、
実感できると思うのですよ!?

自分など特に趣味もこだわりもなく、
パッとしない毎日を送っているわけでして、
それを見ている他人からは、
「何が楽しくて生きてるの?」
なんて聞かれまして、
「いや、毎日が普通に経過していくのが楽しいよ」
などと答えるのですが、
大概の人は訝しげな顔をするだけで、
多分、何も理解されていない気がします。

その訝しげに感じることが、
いかに幸せな環境にいるのか?
ってことを伝えたいのですが、
いや過去には伝えましたが、
いくら伝えても、
分からない人には分からないってことが
理解できてからは、
特に分かってもらおうと思うのは止めました。

まぁ自分が逆の立場だったら、
同じように理解できないでしょうから、
こればっかりは仕方ないです。

たかが芸能人の記者会見でしたが、
経過とか結末を公にされていましたから、
少しは他人事には感じられなかったですね~


W杯最終予選のイラク戦、
1-1のドローで終えました!?

幸先よく1点を先取できただけに、
実に勿体無い試合だったという印象です!?

それもこれも、
交替のマズさに尽きるのではないでしょうか?

井手口の故障交替は仕方ありません!?

でも、その後の原口と倉田の交替は、
早すぎでしたよね~

なんとなくイケイケでやってしまった印象でして、
その段階で、現れ始めた各選手の疲労度を、
全く考慮していなかったと思います!?

酷暑で、高地で、アウェー

そんな悪条件を無視したかのような、
いつも通りに交替プランを進めたのは、
やはり采配ミスと言わざるを得ません。

これでW杯予選落ちとなったら、
悔やみきれない一戦となるでしょう!?


W杯最終予選前の親善マッチ、
対シリア戦でしたが、
そのスタメンを見ると、
ここ1年位でのメンバーの入れ替わりを実感し、
新陳代謝が進んでいることを感じましたね~

特に3トップについては、
全然変わってましたからね~

特にセンターの大迫は、
ボールがよく収まっていましたし、
日本人FWらしく、
他の選手との連携もスムーズでしたから、
もう殆ど決定ではないでしょうか?

対抗馬があるとしたら、
金崎くらいですが、
彼は既にハリルにソッポを向かれてしまいましたから、
復帰はかなり難しいでしょうね~

岡崎もいるにはいますが、
今のシステムの中では居場所がないですね~

そういう意味では左右の方が可能性は残ってます。

ハリルお気に入りの原口や、
調子のよい久保ですが、
ここに関しては、
それこそ乾もいるし、
香川を持って来たって良いと思いますし、
宇佐美はどうした?ってこともありまして、
調子優先で決めれば良いのではないでしょうか。

その香川ですが、
残念ながら、次のイラク戦は無理ですね~

でもどうでしょう?
あの中盤のインサイドハーフというポジションには、
彼は合わないと思います。

インサイドハーフって、
中盤で役割が多すぎるので、
ボール保持しながら展開するみたいな、
ある程度の体の強さが必要ですから、
香川のようにヒラリヒラリと、
かわしていくタイプには難しいのではないでしょうか?

逆に言うと香川を中盤前提で考えるなら、
今の代表には居場所がないと思います。

それより途中で入った本田の方が、
むしろ、このポジションにはハマります。
彼を右のFWで使うよりは、
インサイドハーフの方が活きるでしょう!?

香川の代わりに入った倉田は、
まだまだ代表では厳しいかな?
という印象です。

故障や不調がなければここは、
清武か柴崎を入れて欲しいところです。

アンカーは山口か長谷部の競合なんでしょうが、
自分としては遠藤航をその争いに入れて欲しいですね~
DFもこなせますから、
人数枠に限りがある本戦では貴重な戦力ですよ~

そんな中、故障上がりで、
ベテランである今野を真っ先に使ったのは、
よっぽど信頼があるのでしょうね~

他のポジションで新陳代謝が進む中、
あえてベテランを呼ぶなんて!?
と思いませんか?

まぁとりあえず、
香川が抜けた部分をどうするか?
それが見ものではありますね!!


U20日本代表の対ウルグアイ戦ですが・・・

なんか、どこかで見たことのあるような試合運びで、
例によって、例のごとく、
南米勢との果てしない実力差を感じさせられる試合でした!?

内容やスコアを見れば、
惜敗なのでしょうけど、
そこには遥か高い越えられない壁を感じました!?

試合展開としてもいつも通り、
前半にガッと来られて失点、
その後はのらりくらりとかわされて、
なんとなく日本が優勢みたいなペースですが、
その隙をカウンターでつかれて、
二点目を献上、
終わってみれば、なんか知らんが負けていた・・・

まぁホント幾度となく、何度も見てきたこの風景、
さすがに最近はマスコミも、
惜敗とか互角に戦った、
なんて言葉は控えられているようで、
そこだけは進歩かな?
とも思います。

あ~っ、ホント、どうやったら勝てるのかなぁ?

未だ持って勝つ方策が見当たりません!?

それと今回の試合で最大の損失は、
小川の故障ですよね~

これは試合へのダメージと言うより、
若い才能への心配です。

この世代のエースであり、
引っ張ってきた選手で、
ここ最近は実績も残してきていて、
正にブレーク寸前だったと思うのですが・・・

ちょっと不用意でしたが、
それだけ、ここまで休みなしだったんで、
こういう事態になってしまったんでしょうね~残念です!?


クールビズのシーズンがやって参りました!?

年々、温暖化とともに導入が早くなっている気がしますが、
本州では暖かい地域の部類に入る自分としては、
この時期にクールビズが始まるのは非常のありがたいものです。

で、ここ何年かの間に、
ワイシャツの世界でも、
七分丈というものが売り出されているのでが・・・

あれって、どれくらいの認知度なんでしょうか?

これは批判ではなくて、
自分としては興味がアリアリなんですけど・・・

どうしても昔の政治家の羽田孜や大平総理が着ていた、
省エネルックを思い出してしまうのは自分だけでしょうか?

あれを考えると、どうしても二の足を踏んでしまいます。

この時期、七分丈に心揺り動かされるのですが・・・

う~ん・・・どうしたもんかなぁ~
などと毎年悩むのでありました!?


09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

+ アーカイブ
 

フローラン・カバディ

Author:フローラン・カバディ
性別:男
年代:40代
生息地:静岡県
趣味:サッカーネタ中心ですが、スポーツ全般からアニメ・コミック等のサブカルまで幅広く取り上げていきます
名前の由来はこちら

お勧めの本とかコミック載せてあります。レビュー見て気に入ったら貴方も読んでみてはいかがでしょう?
良かったらMy Yahoo!に追加してみませんか!?
My Yahoo!に追加
ランキング参加中です!! 気が向いたらポチっとお願いします(^_^;)

FC2Blog Ranking

QR