*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

先日お話しした日本人はビジョンよりも、
プロセス思考の方が向いているっていう件についての、
捕捉説明的に思いついたことがある。

それは式年遷宮と言う日本独特の儀式からも、
日本人のプロセス思考の片鱗が覗えるということである。

式年遷宮、
少し前まで話題になっていた、
伊勢神宮や出雲大社での式典。

物凄く簡単にここでは意味合いなどすっ飛ばして説明するならば、
神様の住んでる社を別の場所へ立て直すってことである。
伊勢神宮なら20年、出雲大社なら60年ってことらしい。

話はずれるが伊勢神宮にしても出雲大社にしても、
これだけ日本を代表する神の寝床にしては、
なぜ世界遺産的なものに登録されないかと言えば、
この遷宮という儀式によるところが大きいそうである。
つまり建物自体が何十年かごとに立て替わってしまうので、
建物と言うハコ自体に歴史的価値がないからだそうである。

何をか言わんか?である!?
そんな世界遺産なんていう西洋的価値基準に、
当てはめようとするなんてこっちから願い下げである。

とまぁ話は元に戻したいが・・・

つまりはここでいう遷宮というのは
儀式とか式典っていう形式を踏むことにより、
その奥にある・・・なんというか心とか大切なものを、
守っていく伝承していくという、
日本特有の型を重視した方法であり、
こんなところからもプロセス重視の姿勢が覗える。

つまりはプロセスを重視した方法の方が、
日本人には分かり易く取り組み易い、
そのことを改めて説明したかったのだが、
自分自身が式年遷宮自体を正確に理解していないせいか、
説明があやふやになってしまった感は拭えないのでありました!?

スポンサーサイト

Jリーグが再開した!!

だけど何処か気持ちが乗らない・・・

そんな感想なのは自分だけだろうか?
決してプレイの質が・・・とかの理由ではない。
それ以前に、つまり試合そのものを見るためにテレビを点けても、
すぐに他へ変えてしまう、ニュースも見ない・・・

やはりこれは燃え尽き症候群なのだろう!?

それもこれもW杯ブラジル大会が面白かったからだと思う!!

大会運営とか会場の不備なんかが指摘されていたが、
サッカーの試合そのものについて言うならば、
大成功の大会ではなかっただろうか?

ともかく好カード、好試合が多かった!!
多少のサプライズはあったが、いわゆる強豪国が勝ち進んだ。
決して守備一辺倒のつまらない試合ではなく、
点の取り合いが多かったのも要因の一つだろう。

簡単に言えば、至極まっとうなW杯であり、
「正統派W杯」そんなキャッチフレーズを付けたくなる!!

しかも時差のハマリ具合の関係で、
今回ほど多くの試合を生放送で見られたことはない!?
日韓の時の生放送に次ぐレベルか、
いや試合内容の面白さで言うならば、
日韓の時をはるかに凌ぐ満足度であった!!

そんな中でベストゲームを挙げるとすれば・・・
いやベストゲームという称号は相応しくないが、
このW杯の行く末を決定づけたと言っていいほど衝撃的だったのが、
予選リーグ序盤のオランダvsスペインである。

結果だけ見れば5対1の一方的な試合だが、
この一試合にはハイレベルなテクニックはもちろん、
両チームの駆け引きとかサッカーの恐ろしさみたいなものが詰まっていて、
このグループはどうなってしまうのだろうか?という、
期待とかワクワク感を感じさせてくれたゲームであった!!

だからでしょうか?
未だにあの興奮から冷めやらず、
頭の中がJに戻るまでにはもう少しかかりそうです。

日本サッカーを一言で表したのが今回のタイトルで、
「なんとなくサッカー」ってとても相応しい表現だと思うのだが、
いかがだろうか?

つまり・・・
なんとなくプレスして、
なんとなく挟み込んで、
なんとなくボール奪えたら良いなぁ~

なんとなくボール持っちゃったら、
なんとなくキープして、
なんとなくパス!?

なんとなくパス貰ったから、
なんとなくまたパスして、
なんとなくシュートして・・・

シュートしてみたら入って・・・みたいな!?

まぁこんな感じで90分過ぎていくんではないでしょうか?

何が言いたいかと言いますと、
プレイに意志がない、意図がないってことなんです!?

特に守備の時などその傾向が顕著で、
なんとなく皆がボールを持った相手選手の周りに集まって、
ただ見ているだけでどんどん相手選手がゴールに向かって行ってしまう、
そんな場面を幾度となく見られませんか?

攻撃の時も、
大体あの辺りへ出せば・・・みたいな?
ともかく明確な意思が感じられないのですよ!!

全てがなんとなく?
みたいな?
サッカーっぽくねぇ?

そんな感じです。

しかも個々の選手のテクニカル的な上手さは、
昔に比べたら隔世の感があります!?

だからなんとなくサッカーっぽいことを、
小手先で出来てしまうのですね~

実に勿体無いと言いましょうか?
これだけの技術がありながら、
なんとなくで済ませてしまっているのは実に勿体無い。
ここにゴールへ向かう気迫とか、
何としても勝つんだという気概が備われば、
結構いい線行くと思うんですけどね~
どうですかね?

日本式サッカーとは?を考えるうえで、
どうしても外せないのは日本人の特徴である。
体力的な面はもちろんだが、ここではメンタル面で探ってみたい。

メンタル面ってことならばサッカーに限って考える必要もない。
なので皆さんには日常の面白くもないビジネスシーンを思い浮かべて欲しい。

そんな中で良く思うのが冒頭のタイトル通り、
我々日本人はビジョンを語られるより、
プロセスを指示される方が動きやすいということである。

どういうことかもう少し詳しく述べると、
良く成功者とかカリスマ経営者を語った記事などを読むと、
明らかに明確なビジョンを掲げ、それに向かっていくだけの精神力があり
全く持って尊敬の念しか思い浮かばず、
とても自分には無理だわ~と思うのは自分だけだろうか?

でも日本人の多くはこういうカリスマになれない凡人ではなかろうか?

サッカー界だって本田圭祐は、よく小さい頃の夢が取り上げられたり、
怪我とかトラブルも糧にしてしまうような精神力の持ち主はマレである。

日本代表とはいえ一体何人が本田並の精神力でいられただろうか?

つまりこれがビジョン思考と言いましょうか。
大きな最終目標さえしっかり持っていれば、
日常のやるべきことは自ずと決まってくるっていう思考で、
欧米なんかだと結構自然に身についている考え方です。

でもどうですか?
貴方も私もみんな殆どの日本人は、分かっちゃいるけど、
そんなビジョンなんて持ち続けられないよ~
ってのが本音ではないでしょうか?

逆に日本人が得意なのはプロセスを完終させることなのです。
極端に言えば意味も分からずに言われたことをやるのが得意なのです。

決められたルールを特に疑問も持たずに、
ただただ黙って守っていく。
物凄く表現が悪いですがそういうことです。

この特性だって悪いことばっかりじゃありませんよ。
誰もが思考停止させて反逆とか考えないから、日本は平和なんですから。

この考え方を極めたのが「道」ってヤツですよ!!
柔道、剣道、茶道、華道もうなんでもありますよね~

ただ単に強くなりたいだけなら柔道なんて必要はないのです。
でも、あの型にはめて練習していくことにより、
ある程度まで誰でも強くなれるのです。

そう日本人は型から入る方がとっつきやすいのです。
先人が考えた効果的な教えを守ることにより自然と身に着けるのです。

それを心の底では知っているから、
何かしら型にハマりたい願望があるのですよ。

ちょっと例は違いますが・・・

メジャーリーグのイチローですが、
彼は打率や首位打者は追わないそうです。
彼はあくまで安打数を追うそうです。
その大きな理由は打率争いは他人との関係なので、
自分でどうにか出来るものではないけど、
安打数はあくまで自分だけの問題、
つまり自分で解決できる課題だから目標にするそうです。

これはつまり、
首位打者と言う結果はビジョンであり、
安打を重ねるというのはプロセスだと言えるのです。
確かに出てくる結果は同じかもしれませんが、
取り組み方が違うのでありまして、
ひたすら安打数だけを追うというプロセス重視の方が、
同じ日本人としてやりやすさを感じませんか?

そうプロセス重視の方がやりやすいのですよ!!

皆さんも仕事をされていてそうではないですか?
確かに面倒くさいけれども決まったことを、
ダラダラではありながらも続ける方が楽だと思いませんか?

もし自分でビジョンを決めて取り組め給料はそれに合わせていくらでもやる、などと言われても、
最初は調子よく興奮して取り組むかもしれませんが、
その内モチベーションが持たなくなるのが想像つかないでしょうか?
もちろんそんなことはない!!反論する方もいるでしょうが、
自分が見ている限り、それは少数派で、
そういう人は起業したり自営業などに向いていると思います。
多くのサラリーマンはなんだかんだ文句言いながらも、
会社もルールに従い今日も意味もない仕事に取り組んでいるのです。

以上の説明により、
日本人はやることを細かく決められ、
それをあんまり考えずにやるのが得意と分かって頂けましたか?
ただ一度やることが決められたらおそろしく真面目にやりますからね~
そのバカみたいな真面目さが一番の日本人の美点でしょう!!

だ・か・ら
この特性を活かすようなチーム作りをするべきなんです。

具体的にはサッカーとはこうだっていう決め事を事細かに指示してくるような、
(この事細かにってのは大事ですよ~)
サッカー先進国の指導者が必要なのです。
そんな指導者は・・・そうドイツ人しかいないでしょう。

結局ドイツ人監督説に行きつくんだよね~

次期日本代表監督はアギーレ氏!?
なんて半ばもう決まったかのような報道が頻繁にされている!?

本当にこのまま決まってしまうのだろうか?

だとしたら安易、
ただ単にブラジル大会の責任逃れ、
目先の誤魔化し、
そんな風に言われても仕方ないことである。

アギーレ氏の手腕がどうかというのはこの祭置いておこう。

ここ数回の大会におけるメキシコの戦いぶりは、
このブログでも何度か取り上げているように、
自分たちの特徴を存分に活かして強豪国と互角に戦うという、
素晴らしい内容で結果も残しているのは間違いない。

ただだからと言ってメキシコ人監督を招へいするというのは、
ちょっと話が安易すぎるのではないかと思うのだ。

あのメキシコの戦い方は、
長い間、年月を掛けてメキシコ自身が苦悩しながら、
自ら身に着けた戦法であり、
これこそがメキシコ流のサッカーOSなのである。
つまり監督一人で出来上がったものではなく、
プレイする選手やメキシコサッカー界が共通した認識を持ったからこそ、
生まれた正にメキシコ流のサッカーなのである。

それをいくら優秀な監督かもしれないが、
たった一人の監督に指導を任せれば、
メキシコのように強くなるっていうのは、
安易な発想と言わざるを得ないわけだ!!

自分が考える今現在の日本代表における監督に必要なのは、
監督を選ぶことではなく、
世界で勝つには何が必要なのかを真剣に考えることなのである。

だから当面日本人で仮の体制でも全然構わないのである。
こんな対策もハッキリしない状態で、
高い金払ってまで外国人監督を4年間も契約する意味などまるでない!?

それでももしどうしても4年間の契約で、
外国人監督を契約したいのなら、
何故ドイツ人監督という選択肢が浮かんで来ないのだろうか?

ドイツ人と日本人では体格が違うから?
体力任せのガツンガツンの守備なんて日本人には無理だから?
守備的で攻撃に魅力がないから?

そんな理由なのだろうか?

だとしたら京香委員長の目は節穴としか言いようがない!?

今回のドイツの戦い方を見て、
どこがカウンター主体の守備的チームと言えるだろうか?

ハッキリ言って大会一番の攻撃力を持ったチームであった。

ほら、日本サッカーさんの好きな攻撃的サッカーですよ?
そんな風にイヤミの一つも言いたくなってくる。

その他にもドイツ人監督をお勧めする理由はいくつかありますが、
ちょっと長くなってきましたので次回以降に説明します。

つくづく自分って見るだけの素人だなぁ~、
と思わされるのがミュラーの凄さが理解できない点である。

前回の南ア大会に引き続き今回のブラジル大会でも、
得点王争いに絡むほどの活躍を見せた、
ドイツ代表のミュラーなのですが・・・

恥ずかしながら、ハッキリ言って自分には、
なんでこの選手がこんなに点を取っているのか分からないのですよ!?

別段特にクローゼやファンベルシーみたいに体が大きいわけでもなく、
テクニック的にメッシやネイマールみたいに上手いわけでもなく、
ロッベンみたいにスピードがあるわけでもない、
スアレスみたいにずるがしこいわけでもないし・・・

なのに何で?
あるとしたらポジションの良さとか、
先読みの力でしょうか?

何故かポツンとフリーでいますもんね~

そういうことなんでしょうか?
誰か教えてください!?

圧倒的なチーム力、
そんな風に表現すれば今回のドイツの強さを言い表せるだろうか?

そこには単純に個の力だとか、体力任せだとか、
ましてや守備的なカウンター狙いなどという単一思考ではなく、
自分たちの長所を引出し相手の短所を消すという、
勝負事では極々当たり前の戦術を、
チーム全体で徹底して行った結果であり、
つくづくとサッカーとはチーム競技なのだと改めさせてもらった。

簡単に言うならばドイツのサッカーとは、
「勝つためのサッカーである」
そう言い切れるのではないだろうか?

そして実はドイツは毎回それを追い求めていて、
それが徹底された時、優勝に結びついているのである。
だから波がない、自分がW杯常勝国の一つに挙げる理由である。

よく言われるのがW杯が一つの節目になって、
次の時代のサッカーの潮流を作るという説。

そのため前回スペインが優勝した後には、
パスサッカー万歳、それに対抗するカウンターサッカーしかない、
みたいな説がまかり通っていましたが、
果たしてそんな単純なものだったのでしょうか?

攻撃的か守備的か?とか
個なのか組織なのか?
みたいな思考では世界に太刀打ち出来ないのではないでしょうか?

それを象徴したのが優勝したドイツであり、
3位入賞のオランダであり、
アルゼンチンも結構メッシ以外のポジションは流動的であり、
相手の弱点を突くような戦い方をしていました。

確かにドイツ人は体格的に恵まれているかもしれません。
でもその戦い方を見ると決して体力任せ一辺倒ではありません。

組織的なプレスをしたり、ショートパスで崩したり、
昔ながらの欧州サッカーのイメージとはかけ離れた、
柔もあり剛もありの多様性のある攻撃でした。

逆にワンパターンの攻撃しか持っていなかったスペインや、
ネイマールがいなければ全てが終わってしまうようなブラジルなどは、
調子が良ければ勝てますが、頂点を目指すには力不足でした。

そしてそのことはもっと低レベルになりますが、
日本代表にもあてはまるのです。

追いかける展開をひっくり返すような手立てがないまま、
試合を終えてW杯から去ることになったわけですから、
柔軟性のある戦い方ってのがいかに重要か?
散々掲げてきた「自分たちのサッカー」が出来ない時どうするか?
っていう課題を克服するには、
「攻撃しかない」っていう単一思考では行き詰るという証明です。

日本人的には試合に負けても、良いサッカーが出来れば結構満足してしまいます。

このこと自体は自分にも当てはまってしまうので、
だから負けても国内で暴動が起きることもなく、
帰国した選手にねぎらいの言葉も掛けられるのですね~
これはこれでそんなに嫌いな国民性ではありません。
良いじゃないですか?平和の象徴ですよ!!

ただ日本サッカー界とか協会的にはどうなんでしょうね?
これでヨシと満足しているんでしょうかね~?

ちょっととりとめがなくなってきました。
ホントは今回のW杯から見た次の日本代表の強化とか、
監督論につなげたかったのですが、
また次回以降に回したいと思います。

最後にはドイツが底力を示した格好で、
延長後半この試合唯一の得点を挙げ、
4度目のW杯王者に輝きましたね~

かといって試合そのものは戦前での予想、
つまりはドイツの楽勝というものでもなく、
アルゼンチンにも十分勝機はあったと思われました。

ただそのアルゼンチンのチャンスをことごとく潰していたのが、
ドイツのGK、今大会のゴールデングローブ賞のノイヤーでした。

彼は単純にセービングで止めたというよりは、
その存在感の大きさでアルゼンチン選手のシュートミスを誘い、
得点に結び付けさせなかったという表現が的確かと思います。

メッシにもイグアインにも決定的なチャンスは何度かありましたよ!!
でもノイヤーを意識したせいか最後の最後でミスキック、
もしくは狙いすぎて外してしまう場面が多く見られました!?

特にメッシなどいつもなら落ち着いて正確にゴールに吸い込ませるのに、
今日の試合ではどこか焦っているように感じたのは自分だけでしょうか?
裏を返せばそれだけノイヤーの存在感がそうさせたという証拠でもあります。

まぁなにはともあれレッドカード退場とかもめ事もなく、
決勝戦に相応しい白熱した戦いで良かったです!!

しかしドイツ強かったですね~
相変わらず憎たらしいほどに強いと言いますか、
もし南米で優勝する欧州チームがあるとすればドイツしかない、
と昔から思ってはいましたので、
今回の結果はそんなにサプライズではありませんでした!?

一か月に渡る宴は終わったわけですが、
時差が上手い具合に自分の朝活動と一致したおかげで、
約半分の試合を観られ、ここ最近の大会では最も充実度が高く、
しかも好試合、好カードも多かったので、
自分としては大満足な大会でした!?

これだけじっくり見れたのも久しぶりなんで、
この大会の総括、日本代表の総括は、
またじっくり日を改めて語りたいと思います。

次はロシア大会ですね~
隣国ですよ隣国、あんまり言いませんけど・・・
なんとか行けないかな?隣国だし!!

「伯」ブラジルを漢字一文字で表すと「伯」であり、
「全伯」とは即ち「ブラジル全土」とか「ブラジル全国民」ってことになる。

同じような表現で良く見るのが、
「全米が泣いた」っていう表現で、
こちらは新作の映画の皮切り時などに好んで使われる。

この二つの表現、似たようなものなのに、
何故か受ける印象が全く違ってしまう!?

「全米が泣いた」っていうと感動巨編なイメージ、
つまりプラスのイメージなのだが、
「全伯が泣いた」っていうと嘆き節というか、
悲壮感も漂い、ただの泣き虫にしか聞こえないのである。

まぁこれが国民性、民族性のイメージの違いなんでしょうね~
体力的、精神的にも力強さを求めるアングロサクソン社会と、
喜怒哀楽を素直に表現する感情的なラテン系社会の違いが良く表されます。

結局、今朝の3位決定戦も「全伯が泣いて」しまった!?
なんともブラジル国民にとっては嘆いたままのW杯になってしまった。

オランダにとって決して有利な試合ではなかったハズである。
日程的、体力的、精神的どれを取ってもブラジル有利ってのが、
試合前の風潮だったのだからホント勝負事は蓋を開けるまで分かりません。

ただ試合そのものを良く見れば、
やはりオランダの方が一枚上手、
ブラジルは負けるべくして負けたかな?という印象です。

それを示す一番の指標は、
ロッベンを止めることが出来なかった、
ということに尽きると思います。

ロッベンを止めたアルゼンチンは決勝へ進んだわけですし、
結果的に見るならば、ここが優勝争いが出来るかの分水嶺だったかもしれません。

ドイツが勝てば24年ぶり、
アルゼンチンが勝てば28年ぶり・・・ですか!?

そのいずれも覚えている自分ってものに対して、
つくづく歳を取ったものだなぁ~と思ってしまうのでありました。

この2チームに限らずにW杯での自分の記憶ということならば、
そのアルゼンチンが優勝したメキシコ大会の一年前、
そう木村和司の伝説のフリーキックからでしょうか?

ご存じの通り残念ながら日本は本戦には参加できなかったので、
代わりと言ってはなんですが日本が勝てない韓国がどれだけやれるんだ?
っていう視点で見たのがメキシコ大会でしたが、
結果的には全くと言っていいほど歯が立たず、
世界の広さを目の当たりにしたという結末でした。

さらにその大会でマラドーナの活躍を見た時には、
世界の頂とはなんと遥か彼方の一万光年くらい先に感じたことか・・・

そんな頃、正確な年月は覚えていませんが、
三浦知良がブラジルでプロサッカー選手として活躍していた時のインタビューで、
「夢は日本をW杯へ出場させることです」
な~んてな発言をしているのを見て、
「コイツ頭おかしいんじゃないの?」
と真剣に思っていた自分が今考えると、
自分こそが痛いヤツで恥ずかしいな~などと思うわけです。

さぁブラジル大会も大詰めです!!
決勝戦を前にふと感傷的に昔を思い出してしまいました、
自分も年を取ったものだと感じますねぇ~

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

+ アーカイブ
 

フローラン・カバディ

Author:フローラン・カバディ
性別:男
年代:40代
生息地:静岡県
趣味:サッカーネタ中心ですが、スポーツ全般からアニメ・コミック等のサブカルまで幅広く取り上げていきます
名前の由来はこちら

お勧めの本とかコミック載せてあります。レビュー見て気に入ったら貴方も読んでみてはいかがでしょう?
良かったらMy Yahoo!に追加してみませんか!?
My Yahoo!に追加
ランキング参加中です!! 気が向いたらポチっとお願いします(^_^;)

FC2Blog Ranking

QR