*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

最近、よく宣伝していた映画「植物図鑑」ですが、
あのタイトルと雰囲気から、
往年の新井素子の作品を思い出したのは自分だけでしょうか?

もちろん、この作品と新井素子は全く違うというのは、
世間の常識であり、自分の勘違いであるわけですが・・・

なんで、そんなこと考えたのか?

まず最初に言っておきたいのは、
「植物図鑑」に興味のある人にとっては、
ネタバレが含まれるかも?
しれないのでご注意を!?

まず「植物図鑑」に出てくる、
道に落ちてる男の子が植物系男子ってことでしたから、
その先を知らない自分としては、
それが植物の妖精みたいな、
人間ではない生き物だと思ってしまったのですね~

結局、ただの人間だったのですけどね~

で、新井素子のSF作品には、
人間には動物系から進化した種族と、
植物系から進化した種族と2種類あるっていう話だったんですよ!!

その植物系の人間ってのは穏やかだけど芯が強く、
したたかに人間社会に入り込んでいるのですよ!?
そんな感じだった気がします(違ってたらゴメンナサイ)

てなわけで、「植物図鑑」もその手のSFだと思ってしまったのでありました!?

こんな勘違い自分だけ?

新井素子を久しぶりに思い出したのは自分だけ?

スポンサーサイト

報道ステーションが4月にモデルチェンジしてから、
もう2か月も経ってから、こんなこと言うのもなんですが・・・

ニュースVTRのナレーターが、
沢城みゆきになってますね~

それだけじゃなくて、
いろんな番組やコマーシャルでの、
彼女の台頭が目立っておりまして、
果たして、どういう心境でそっち方面へ行っているのか?

もうアニメ声優はやらないのか?
非常に気になるところではあります!!

まぁいくら声優として優れていても、
キャリア的にはニュースやドキュメント読むほうが、
格的には別次元になるのでしょうし、
最近の声優仕事にはラブライブみたいに、
歌って踊ってっていうのも求められますから、
既に年齢的には厳しいところではありますから、
方向変換のお年頃かもしれません!?

声優的には峰不二子は続くでしょうけど、
その他の新しいキャラは増えないのかなぁ~

既に坂本真綾クラスになってしまっているのかもしれません、
そう考えると、彼女もすっかり大物になってしまったのですね~

いやぁ~昨日からずっと、
松原正樹の映像をYOUTUBUで見ております!?

最初は、そのまま流しながら、
他の作業をすれば良いやって感じで流したのですが、
なんというか、もう聞き入らずにはいられず、
結局、結局、夢中になって見ているだけです!?

そんな中、彼の凄さを、
一般の方々にも分かり易く伝えられるのがありましたので、
紹介しておこうと思います。

これらの曲のレコーディングで演奏をしていたのが、
松原正樹ですよ!?

彼の顔も名前も知らない人は数多いと思いますが、
この演奏を耳にしたことが無い人はいないハズです!!

凄い、改めて聞いても凄い!?
あの音作りに惚れてしまいます!?

それにしても相変わらずノブさんはノブさんですね~
やはりパーカッショニストはああいうラテンのノリになるのでしょうか?


ここの所、外国で大物アーチストの訃報が相次ぎました。

デビッド、ボウイ
ナタリー・コール
グレン・フライ
モーリス・ホワイト・・・

自分としてはデビッド・ボウイの時は、
大した感傷はなかったのですが、

徐々に自分の好みに近づいていて来ていたのは、
この前触れだったのでしょうか?

遂にと言うか、とうとうと言うか、
なんか、この表現だと待ち望んでたみたいに聞こえますが、
決して、そうではありません!?

あの松原正樹が逝ってしまいました!?

「あの」とか言っても、
まぁたぶん一般に知られているような人ではないので、
ニュース報道もないのですが・・・

いや、それでも知る人ぞ知る、
自分が認める日本人最高のギタリストですね。

若い頃は良く聞きました、
というか実は皆さんも確実に聞いているのですよ!?

一流のスタジオミュージシャンでしたから、
ありとあらゆる日本のアーチストのレコーディングに参加していましたから、
ハッキリ言って聞いていない人はいないのです。

同じパラシュート出身の今剛がどちらかというと、
ソロプレイに特徴がありましたが、
松原正樹はまさにサポートが際立ちます。

控え目ながら、確実な存在感、
正に玄人好み、渋いです。
これを機に、ネット上では、
少しばかり彼のプレイ映像へのアクセスが増えているようですね!?

そんなわけで私としても、
一つばかりリンクを載せておきましょう!!

貴重なパラシュートの六本木ピットインでのライブ映像です。

いや~みんな若い!?
相変わらずノブさんはチャラいなぁ~

リアルタイムでは見れなかったこの映像、
今はこんな風に簡単に見られるのだから、
技術の進歩って凄いな~


いやぁ~年明けからカゼを引いてしまいまして・・・
ブログの更新も久しぶりになってしまいました。

久々なんで気分を変えてテンプレートも
冬バージョンにしてみました!?

さてさて体調崩している間に色々ありましたが、
まずはSMAP問題で一言。

しかしまぁ~みなさん、
大好きなんですね?

ここまで騒ぐことなのかな?
しょせんはテレビの中の出来事ジャン?
って考えるのは自分だけですか?

解散しないで!?
5人そろってないと意味がない?
生まれた時からすっと好きです!?
あれこれあれこれ、
まぁ~出てくる出てくる・・・

他人が会社辞めるっていう話に、
みなさん勝手に言いたい放題ですよね~

自分の満足のために、
他人の人生に注文付けるって、
どうでしょうかねぇ~?

よくもまぁ、そんな他人の人生に口出しできるよな~
ってのが第一印象です!?

ただまぁ、こういう自分みたいな意見は、
完全に少数派であることは理解しています。

これってあれでしょ?
お気に入りのストリッパーが、
結婚して舞台から引退するのに対して、
「ローザちゃん辞めないで~」
「俺は君の裸体が生きがいだ~」
って言ってるのと基本的に同じでしょ?

てな例え話をしたところ、
周りから総スカンを食らったことは、
言うまでもありません!?

でもホント、自分の意見はこんなもんですよ!?

みんな、そんな辞めないでって言えるほど、
SMAPに対してお金出してます?

ローザちゃんのファンの方がよっぽどお金出してますよ!?

AKBの選挙権付CDを100万円とか200万円買うオタクの方が、
よっぽど発言権があると思うのですけどね~

まぁ結局、元のサヤみたいで、
どっちでも良いですわ!?

いやぁ~ついに来た!?
西尾維新の存在がメジャーになる時が来ましたよ!?

この秋の新作ドラマ、日テレの土9で、
「掟上今日子の備忘録」が実写ドラマ化ですよ!?

ラノベとかアニメの世界では、
既に誰も知らない人はいないと言っても過言ではない、
西尾維新の作品が世間一般に広まるわけですから、
もう従来からのファンとしては感無量です!!

今、人気の作家っていうとあれですか?
東のなんとかとか宮部とか、
挙句の果てには湊に有浩?

もうね、だいぶ前から言ってますが、
それらの作品って面白くないとは言いませんけど、
もうなんか旧態然としているんですよ!?

新鮮味に欠けるというか・・・

だから自分としては、
ラノベを押していたわけで、
西尾維新や川原礫の存在を知って欲しいわけです。

ただ単にマスコミ的に取り上げられている作家だけを読んでも詰まらないですよ。
本ぐらい自分の好きな趣味趣向で読んでみましょうよ!!

っていいながら西尾維新を押すのは、
ちょっと矛盾してますね、ハハハ・・・

それにしても最近は、
直虎が大河ドラマ化したり、
自分の注目作品が実写化されていきますから、
なんというか・・・
「やっと時代が俺に追いついてきたか?」
などとバカな妄想にふけるのでありました!?

2017のNHK大河ドラマは「井伊直虎」に決まりましたよ!!

やりました、遂に来ました!!
井伊谷が舞台ですよ!?

井伊谷って何?ですって?
井伊家の人々の住んでいた谷だから、
井伊谷なんですよ!?

そもそも井伊直虎って誰よ?

そうでしょう、そうでしょう。
全国的にはほぼ無名かもしれませんが、
あの井伊直政の母親ですよ(確か)

徳川軍の切り込み隊長、
赤揃えの井伊ですよ!!

徳川家の信頼は絶大で5家老、
桜田門外の変でお馴染み、大老、井伊直弼の先祖ですよ。

あの彦にゃんだって井伊家の人いや猫ですよ!?

そして主役は柴崎コウ!!

なんで虎なのに女性か?

そうなんですよ、
もう既にその辺りがドラマチックなんですね~

その秘密は是非みなさん大河ドラマを見てみましょう!!

こんなこと言うと、なんか取って付けたように聞こえるでしょうが、
前々から、彼女から始まる井伊家の系譜は、
大河ドラマ向きだと思っていたのですよ、自分は!?

まぁ、今のタイミングでそれを言っても、
後付の印象は拭えませんけどね!?

ただね、自分的に不満なのは、
これ相当凄いことなんだけど、
自分の周辺でもこの話は反応が薄いんですよね~

全国的には無名の直虎ですが、
地元でも結構な無名です!?

でも、その生い立ちは面白いですよ
お勧めできる一品です。

でも直虎だけで一年掛けるのかな~
あれは、せめて直政の活躍する、
関ヶ原まで続いて欲しいわけですけどね・・・

果たして、どうなるのか!!

なんか久々に一人で興奮しています、
背筋が凍りつくほどの感動を受けているのは、
自分だけみたいですけどね!?


以前、インターネットの可能性に感激していたころ、
ネットの可能性、特にネットで勉学できる時代になったのは、
どんな人にも可能性が広がったことであり、
そこからノーベル賞をとるような人物が出てきてもおかしくない!?
なんて持論を述べたのですが・・・

なんと、それと同じことを言っている有名学者がいたので紹介します。

それはテレビとかにも出てくる、
脳科学者の茂木健一郎なんですね~

その記事はこちら

こういうのがあると、
勝手に自分の意見が裏付けされたみたいで、
なんか嬉しいですね~

日テレ系の土曜のドラマで、
「ドS刑事」が始まって見ている人もいると思う。

実はこの原作については2011年にここでもちょっと取り上げたのだ!?
それがこちら

この時の感想としては、
あんまり気に入らないっていうものであり、
それは今でも変わらないのだが・・・

ただ自分として不思議なのは、
この作者がこの自分の地方の人なのに、
殆どと言っていいくらいに、
そのことを地元で取り上げていないのには驚いているのである。

確かに作品に関しての賛否は、
自分みたいに批判的な人物もいるとは思うが、
ただ賛否両論あるのは世の常なのだから、
それくらいで格好の宣伝ネタを見逃すのはどうかとも思うのだ!?

せっかく良い時間にテレビドラマ化して、
まぁまぁそれなりのキャストを配しているというのに、
あまりにこちらの地方での取り扱いが小さい。

もう少し、「この原作者は地元の人ですよ~」
っていうPRがあってもおかしくないのにな~

話題の少ない地方にとっては、
絶好のチャンスだと思うのですけどね~
なんで取り上げが少ないのかな~

ただ再度言いますが、
自分的には好きじゃありません。
でも何とか盛り上げたい方たちにとっては、
チャンスなんじゃないかな~ねぇ?


歳とると変わるなぁ~と実感したのが、
NHKの大河ドラマを見始めたころです。

以前は面白くもなんとも思わなかった大河ですが、
遂に「軍師官兵衛」に関しては、
最後まで見てしまいました!?

自分の歴史に対する認識が深まったからとか、
出てる役者についても認知度が増えた、
っていうこともあり、
見ていても飽きなくなりましたね~

やっぱ大河は幕末か戦国ですね~
歴史の2大ハイライトやっとけば、
間違いないって感じです。

たまに、そのハイライトを外すとイマイチかな?

だから来年も見ることになるのかな?

最近はバリバリに歴史の主役に光を当てるっていうよりも、
その取り巻きに注目するっていうパターンが多いですね~

そりゃ信長、秀吉、家康だけじゃ、
ネタも尽きますわね・・・

その3人を通して関わった人物からの、
歴史観ってのが最近のトレンドですかね~
山内一豊とか河とか官兵衛とかね!?

その方が長く歴史を見れて楽しいですね!?

さて、こういうの見るとやっぱりその土地に行きたくなりますね!?
だから各地域はやっきになって招致したいのでしょう。

自分も官兵衛が終わった今、
福岡や中津へ行きたくなるのでありました!?

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

+ アーカイブ
 

フローラン・カバディ

Author:フローラン・カバディ
性別:男
年代:40代
生息地:静岡県
趣味:サッカーネタ中心ですが、スポーツ全般からアニメ・コミック等のサブカルまで幅広く取り上げていきます
名前の由来はこちら

お勧めの本とかコミック載せてあります。レビュー見て気に入ったら貴方も読んでみてはいかがでしょう?
良かったらMy Yahoo!に追加してみませんか!?
My Yahoo!に追加
ランキング参加中です!! 気が向いたらポチっとお願いします(^_^;)

FC2Blog Ranking

QR