FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

しばらくラグビーW杯で盛り上がりましたが、
久しぶりにJリーグネタに戻りたいと思います!!

9月末に名古屋グランパスは、
風間八宏監督を解任しました。

3年契約もあと少し、というタイミングでしたが、
これ以上の伸びが望めないので、
解任となったと推察されます。

これは個人的、見解ですが、
名古屋グランパスというチームは、
結構、お金があると思うんですよね!?

そうなると、チーム作りも、
お金かけて短期的に成果を上げるっていうのが、
方針に見えるのです。

まぁ海外とか中東とか中国のチームに、
良く見られる傾向ですよね~

それで大概、上手くいっていないのが現状でして、
名古屋グランパスも同様に、
Jリーグにはいますけど、
決して常に優勝争いをしている、
とは言えない状態ですよね?

でまぁ、今回も我慢しきれず、
監督交代、となったと思われます。

そこでですよ、
自分の提案としては、
タイトル通り、

今こそ清水エスパルスは、
風間八宏を監督にすべきだと思うのですね~

まず最大の理由は、
風間監督が提唱する、
ボールを保持する攻撃的サッカー、
これは清水のファンが大好きなスタイルだからです。

清水のDNAからしたら、
守って守ってカウンターなんてサッカーは
サッカーじゃない、って思っていますから、

たとえ優勝したとしても、
カウンターサッカーをしていたら、
ブーイングものです。

極端に言えば、
攻撃的サッカーで、
ずーとボール保持して攻め続けていたならば、
負けても満足します。

負けたら元も子もない?
いやいや、
負けるより、じっと守っていることを良しとしないのが、
清水のサッカーだと思うのですよ!!

そういう意味でも、
風間八宏の提唱する、
攻撃的サッカーは清水にピッタリだと思います。

それに何と言っても、
彼は清水商業出身!!

さらに現在の清水エスパルスは、
下位で低迷して、
監督も篠田監督がリーグ途中に、
コーチから監督に昇格した、
いわば中途半端な体制であります。

そんな時に風間八宏がフリーになったのです
今こそ、千載一遇のタイミング、
こんなに両者の思惑が一致することは、
暫くの間、ないと思いますので、

是非とも風間八宏を、
清水エスパルスの監督にするべき!!

と強く提唱させていただきます!!

スポンサーサイト



W杯アジア予選、
モンゴルに大勝することが出来ました。

スタメンの右のMFは、
堂安ではなく伊東でして、

その伊東が大活躍したのは、
周知の通りだと思います。

二人の最大の違いは、
利き足の違いであります。

左利きの堂安は、
外から中央に切り込んでシュート、
というパターンですが、

右利きの伊東の場合、
右サイドをゴールライン近くまで切り込んで、
センタリングを上げる
っていうパターンになるわけですね~

どちらが良いか?

分かりません???

ただ相手によって、
攻め方を変えられるオプションが確立されたのは、
今後の戦いに大きな意義があると思います。

ラグビーW杯、
思ってた以上の盛り上がりですね~

最初は日本でやって成功するのか?
なぁ~んて思っていましたが、

まだ予選リーグの段階とはいえ、
十分、成功と言える盛り上がりでしょう!!

これには民放で唯一、
名乗りを挙げた日テレが、
ほくそ笑んでいるのが目に見えます!!

さてさて、そんな中、
日本VSアイルランドが、
エコパスタジアムで行われました!!

最初、このカードがエコパで行われると決まった時、
正直な気持ちとしては、
「なんで、エコパで決まった?」
というものでした!?

つまり、
この土地ってラグビーにあんまり馴染みが無いので、
盛り上がるのだろうか?とか。

よりによって日本代表なんていう大事な試合を、
この盛り上がっていない土地で、
やって良いものだろうか?

なんか他の地域の人に申し訳ないなぁ~

何故、このクジ引き当てた?

と考えたものです。

でまぁ結果としては、
皆さんご存じの通り、

観客は超満員、
日本がアイルランドを破って、
大盛り上がりですよ!?

いやぁ~凄かった
自分としてはまず、
あの満員ぶりに驚きましたよ!?

エコパがあそこまで人が入ったのは、
正直、見たことがありませんでした。

知ってる人は知ってると思うけど、
あのスタジアムの特徴の一つである、
観客シートの緑とオレンジのライン、
あれが全く見えません、
超満員、
これだけで結構、涙ウルウルもんでした!!

その上、
日本が所謂ジャイアントキリングを、
起こしたのですから、、
もういうことはありません!!

日本のトライは一つでしたが、
その一つが逆転のトライでしたから、
あの瞬間のスタジアムん盛り上がりは、
尋常でなかったと想像します。

そして勝利、
なんとエコパスタジアムは、
私の心配を稀有に、
大成功を収めて試合を終えました!!

今後、日本ラグビーを語る際、
必ずエコパの名前が出るでしょうから、
もう伝説の地になったと言って良いでしょう!!

でもなぁ~欲を言えばなぁ~

ここの地域としては、
同じような伝説の話は、
サッカーで作りたかったなぁ~

でもそれは贅沢っていうものか!?

なんとか頑張ってブログ更新していきます!!

さてさて、
W杯のアジア予選が始まりましたね

ミャンマー戦、
ベストメンバーで危なげなく勝ちました!!

そのベストメンバーの一人、中島、
期待通り点を決めてくれました!!

決めてくれてるのに言うのも何ですが・・・

なんで、あんなにミエミエなのに決まるんですかね~

左サイドでボールもって、
中へ切り込んで右足でシュート、

これ何回も見てますよね、
みんな知ってるパターンじゃないですか?

なのに何故決まる?

不思議です!!

もちろん細かいステップやフェイントを
織り交ぜてはいるんでしょうけど・・・

いつか、これが全く通じなくなる時が来る気がして、
恐いのですが、
それは自分だけでしょうか?

同じく、今回はベストメンバーですが、
いつか、このメンバーに対する対策も出来上がるでしょうし、
早く、中島に替わるメンバー、
またBプラン、Cプランのメンバー、システムの発掘を、
急がないといけないと思います!!

ジュビロ磐田がかなりヤバイ

全く勝てない!?

残留争いをするであろう相手にも勝てない、
一体誰に勝てるのだろうか?

そんな状態である。

監督も変わり、補強もした!!

果たしてそれで勝てるのだろうか?

特に補強の問題だが、
「点を取れる選手を獲る」
などと公言していたものの、

「点を取れる選手って何?」

というのが素直な感想である。

そんな都合の良い選手が、
いったい、どこにいると言うのか?

逆にそんな選手がいるなら、
シーズン前に獲得しろよ!?

って感じである。

いくら良い選手だとしても、
このシーズン途中から来て、
活躍できる可能性はかなり低い。

もし可能性があるなら、
過去にJリーグで実績を残していて、
たまたま韓国や中東のリーグに行っていた選手を、
再びJリーグに戻した場合であろう。

具体的に言うならば、
ドゥグラスやパトリックあたりが、
良い例である。

そうでなければ、
いきなりJリーグという、
気候も文化も違う国に来て、
いきなり活躍などできない!?

そう考えると、
いくら補強しても、
ジュビロ磐田が劇的に強くなるとは、
考えにくいのである!!

ただそれでは、
その辺の普通のサッカー」解説者と、
同じ意見になってしまうので、
ここでオリジナルの必殺マル秘の案を紹介しよう!!

方法は同じ補強であるが、
自分はこの現状を打開できる選手を一人だけ知っている。

それは・・・

本田圭祐である。

彼のスピリット、攻撃力をもってすれば、
チームは変えられる!!

ソッコーでチームを立て直すなら、
彼しかいない!!

と思うのだが、どうだろう?

ただ、もしこの意見に賛同してくれたとしても、
彼がJリーグに来る可能性は低いだろうな~

単純にお金の話ではなく、
かれのヤリガイに訴えかけるような、
壮大なプランでもない限り無理だと思うわ!?

例えば、どうだろう、
チームオーナー兼選手!?
とかいう待遇なら良いかもしれません!?

まぁそう考えると、
やっぱり無理な話でして、
ジュビロ磐田の立て直しは、
かなり厳しいままと言えるでしょう!!

グループリーグ、
2分1敗で予選敗退のコパアメリカでしたが、
やはり参加して良かった!!

それが素直な感想です!!!

昨今、日本代表が手も足も出ない大会に出る機会が減りました。

アジアではなんだかんだ言っても、
ワールドカップ予選は勝てるでしょうし、

アジア杯も優勝は難しいかもしれないけれど、
決勝トーナメントに進出するのは、
そこまで難しくない。

しかも、その難しさと言うのは、
強者として弱者を迎え撃つ難しさでありまして、

日本が弱者の立場で、
ジャイアントキリングを仕掛けるような、
試合と言うのは、
4年に1度のW杯本戦しかありません!?

そういう意味でコパアメリカは貴重です!!

日本が弱者であることはもちろん、
最も苦手な南米勢との戦い方に、
慣れるためにも必須です!!

コパアメリカへの日本参戦について現地では、
「フル代表じゃなくてなめてる」
などと言われているようですが・・・

何をおっしゃる、

まず欧州のクラブからの選手を招へいできない、
そんな規定があるのだから、
この代表は現時点でベストであることは間違いない。

それに自分が言いたいのは、
キリンチャレンジカップとかで、
日本に来る時のあんたらの手抜き加減も相当なもんだぜ!!
ってことです。

もちろん親善試合だからしょうがないのですが、
そんな彼らのスタンスよりは、
百万倍真面目に日本は参加しています。

それにどうでしょう?

日本を格下に見ているならば、
同じグループリーグに入ったチームは、
日本から勝ち点3を取るのが前提に考えられるのですから、
グループリーグ突破に関しては、
ラッキーじゃないですか?

それこそ、こちらからしたら上等であり、
一泡吹かせる甲斐があるってもんです!!

そんなこんなで、
コパアメリカ、
これは金を出しても参加すべき大会であると、
再認識した次第であります!!

コパアメリカで、
ウルグアイに引き分け!!

これは大したもんだと思います。

でもここで満足してしまっている自分ではダメかな?

などと最近、思うようにもなっています。

二度リードしながら、
勝ちきれない、
そこはやはりもったいないな、と。

コパアメリカという、
相手が本気の舞台で、
これなんだから、
良いじゃないかという思い、
これじゃあ今までと変わらん、
と言う思いが入り乱れる一戦でした!?

そんな中、確実に進歩してるなぁ~
と思うのが、森保監督の選手起用です。

具体的には、
1戦と2戦でメンバーを入れ替えている点です。

これは想像ですが、
チリ戦で大敗したから入れ替えたのではなく、
最初からある程度、予定通りなのではないでしょうか?

つまりグループリーグを終えて、
決勝ラウンドで勝ち進むことを考えたら、
こうやって体力温存してでも、
結果を残すことが、
世界大会で上位に食い込むための、
必要な作戦だと知っているのでしょう。

これまでのように、
ベストメンバーでグループリーグを突破しても、

その後のトーナメントで体力負けしては意味がない、
日本サッカーが次のステージに上がるため、
現状での最善策は、
体力負けしない、コンディションがベストで戦う、
これに尽きると判断したのだと思います。

だからウルグアイ戦を2軍とかセカンドチームという人もいますが、
そもそも日本人には良くも悪くも、
そこまで差がある人種ではありません。

それを活かして、チームを入れ替えても、
同じ戦力を保つ、
これがこれからの日本チームの戦い方の、
基準にして欲しいものです!!

トゥーロン国際大会で、
若い日本代表が善戦しました!!

確かに最後はPK負けでしたが、
決してブラジルに負けてなかった。

今回はそれが言えると思います。

どの世代でもそうですが、
過去の対ブラジル戦は、
一方的にやられるか、
点差が少なくても、
どこか歯が立たなかった、
という印象だけが残る試合ばかりでしたが、

今回は違いました。

確かにペースは握られる場面が多かった、

でも日本のペースも多くあり、

なんといっても同点で90分終えたのは、
評価するに値します。

間違いなく、
負けてなかった、
勝ってもいないけど、
最低限、負けていない。

いままでのブラジル戦のイメージは、

まず最初の15分、
ブラジルがフルスロットルで攻めてきて、
アップアップの状態になってしまい失点。

あとはペースダウンして、
体力を温存しているブラジルに、
ボール回しされて、
体力も気力も失われ、
追加点取られて終わり。

そんなパターンでした。

だから最初の15分は大事なのですが、
今回も同様にやられたので、
「これで終わってしまうのか?」
と思ったところの前半の内に、
同点に追いつけたのは、
今までと違ったところです。

そして同点で試合が進めば、
必ず、ブラジルは焦ってくる、
そこで勝機が見えてくるのですが、
今回はそこで仕留めることは出来ませんでした。

でもまぁ、ここまでこれたのは大収穫、
これがブラジルに勝つ一つのパターンだと、
改めて感じました。

そのためにはやはり、
コンディションが最高の選手を揃えて、
90分、決して体力負けだけはしないのが前提です!!

ただその辺りはどうでしょう?

最近の日本選手、
それはどの競技に於いても、
試合終盤に体力で負けているのを、
結構、見たことがありません。

これは日本と言う国の総合力だと思うのです。

効果的な科学トレーニングの研究はもちろん、
食品会社の栄養面でのサポート、
高温多湿の中でも快適に過ごせるスポーツウェアの開発、
そういう試合そのものに出てこない面での、
日本人全体の研究心とかが、
サポートしているからこそ、
ここのところに見る、
日本人の走り負けしない体質を作っていると思います。

だから、勝利と言う目に見える形で、
それが実証されると、
そこはやはり日本人全体の粘り強さとか、
しつこさが認められたような気がして嬉しいですね!!

女子W杯、
第1戦のアルゼンチン戦を、
引き分けで終えたなでしこジャパンにとっては、
第2戦のスコットランド戦は必勝が必須になってしまいました!?

なぜなら

ここで、もしスコットランドが勝ったなら、
次はアルゼンチン戦で、
たぶん勝つでしょうから、
2勝1敗の勝ち点6

日本としては最終戦勝っても、
勝ち点4
予選敗退です。

仮に引き分けても、
日本がイングランドに勝たなければ、
結果は一緒です。

イングランドってそんなに強いの?

確かにFIFAのランキングなんて、
あてにはならなくて、
それを覆すのが、
スポーツの醍醐味なのですが・・・

自分の考えるサッカーに限らず、
女子スポーツの強弱ってのは、

女性の社会進出の度合いだと思うのですね。

だから女性の立場が確立されている、
アメリカやドイツは強いわけで、
イングランドやスコットランドも同様だと思うのですよ!?

逆に中東やアフリカ諸国は、
まだまだ女性進出が進んでいない、
だから女子スポーツは発展しにくいわけです。

そういう意味でW杯を制したことのある日本というのは、
そこそこ男女平等ではないのかな?
と思うわけですよ!?

で、話は戻りますが、
今日の試合、
実はスコットランドとしては、
引き分けでも良い、
っていうマインドだってことを忘れないで欲しい。
負けてはならないのは日本の方だってことを、
グループ予選の戦い方で思い出すべきでしょう!!

日本代表VSトリニダードトバゴ戦

0-0のスコアレスドローでした!?

新システムの
3-6-1
で臨んだわけですが・・・

まず守備は相手が格下ってこともありまして、
評価するほどのピンチもなかったですね~

ならば、攻撃はどれだけ点が取れるのか?
ってことでしたが、
これがスコアレス、
物足りなさは否めません!?

問題は前の3人と見ました。

大迫1トップの下に
2シャドーが飛び出していくっていう狙いだったと思うのですが、
その二人が左右に開きすぎていて、
大迫との距離が遠すぎます!!

なので大迫が1トップでボールを保持して落としても、
拾う選手がいないってことになるわけです。

場面場面で、
中嶋や堂安の突破は目を見張りましたが、
それも単発の印象が強いのは、
1トップとの連携が無かったからでしょう。

今までは、
1トップの真下に、
南野を置く、
4-2-3-1のシステムだったから、
今回の攻撃3人の真ん中の空白を、
南野が埋めていたんですよね~

今回の問題を解決するには、
2シャドーがもっと真ん中に寄った方が良いわけで、
そうなると今度は逆に、
中嶋、堂安っていうキャラクターでなくても良いのかな?
となってきますので、
なんとも難しい選択になってしまいます!?

そうこうしてる内に、
得点を期待されている日本代表としては、
次々と選手交代したのですが、

これがまた攻撃の選手をどんどん入れるだけで、
誰がどこで何をするのか?
っていうのがあいまいな感じでして、
なんか前線で渋滞状態だったと思います。

でもまぁこの時期にこういう失敗を見つけられたのは、
今後には活かされると思います!!

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

+ アーカイブ
 

フローラン・カバディ

Author:フローラン・カバディ
性別:男
年代:40代
生息地:静岡県
趣味:サッカーネタ中心ですが、スポーツ全般からアニメ・コミック等のサブカルまで幅広く取り上げていきます
名前の由来はこちら

お勧めの本とかコミック載せてあります。レビュー見て気に入ったら貴方も読んでみてはいかがでしょう?
良かったらMy Yahoo!に追加してみませんか!?
My Yahoo!に追加
ランキング参加中です!! 気が向いたらポチっとお願いします(^_^;)

FC2Blog Ranking

QR