FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

サッカーU23日本代表が、
五輪予選で1勝もできず敗退!?

正直、ここまで勝てないとは思わなかった!?

やはり、これが、
本気で臨んできた相手との差、
であろうか?

チョットでも隙を見せれば、
突いてやる!!

相手はそうおもっていたのだろう。

そんなところで安易なパスミス。

気が抜けていると言われても、
仕方ない。

ああいう緊迫した場面での
ミスがいかに大きな公開になるのか?

改めて気づかされた大会であった。

3戦全部でそれが出るのだから、

いかに日本に本気度が欠けていたかは、
言うまでもない。

そりゃ五輪出場は決まってますからね~

調整期分の日本と相手では、
真剣度が違います。

つまり近年の日本の強さも、
本気度があってのことであり、

とても片手間で勝てるほどの、
強さは備えていないということでしょうね。

だから時々、
キリンチャレンジカップとかの親善試合で、
日本代表が世界の強豪に勝ったりして、
大騒ぎして喜びますが、

それがそっくりそのまま、
今回の結果に当てはまりますね。

本気でない相手に勝っただけ。

それだけに大喜びしても、
実力ではないと、
再認識しましょう!!

ただ、真の実力がつけば、
遊びでも勝てるでしょうね~

ブラジルがいくら親善試合だろうとなんだろうと、
日本に負けるのは想像できません。

それが実力だと思います。

スポンサーサイト



静岡学園が優勝した!!

これまで「サッカー王国」なんて、おこがましい」!?

などと散々毒を吐いていた自分でありますが・・・

いざ優勝してみると、
やっぱり嬉しいもんですね、
「サッカー王国、静岡、万歳!!」です!?

なんとも調子の良い話なのは、
お許しください!!

今、ここで話しても、
信憑性に欠けるのですが、

大会の組み合わせが決まった時点で、
「こりゃあ、結構イケるんじゃない?」
って思っていたのは事実です。

青森山田が決勝に残るのは、
確実だろうな~と思いましたし、

福岡代表も、
福岡東を破ったとはいえ、
こういう地域の強豪を破ったチームは、
そこまでの対策は出来ていても、
全国大会では壁に当たるのが常ですから、
そんなに心配はしていませんでした。

その中で要注意は、
矢板中央、
前回もベスト4ですから、
確実にステップアップしている感じで、
案の定、強かったです。

ひいき目もありますが、
青森山田と同等の強さがあったと思います。

まぁそんな感じで見ていましたから、
静岡学園もベスト4はイケるだろうと思っていました。

それでも決勝で2点先行されたときは、
もうダメかな~と思ったのも正直なところです。

たださっかーでよく言う、
2点差が危ない、
前半ロスタイムで1点返せばわからない。

そんな言葉が、そのまま再現されました!!

1点ビハインドで迎えた後半でしたが、
不思議と負ける気がしなかったですね~

なんかしら、いつでも逆転できるような、
少なくとも両校優勝には持っていけるよな、
そんな安心、安全な雰囲気がありました!

最終的には見事逆転、
単独優勝ですから、

もう文句のつけようがない優勝でしたね~

青森山田について語れば、
やはり連覇というのはむつかしい、
プレッシャーもあったでしょうね~

サッカーに限らず学生スポーツは、
毎年、生徒が入れ替わるのですから、
そんな中で常勝軍団を作るのは、
至難の業でしょう!?

そう考えると、
駅伝の青山学院は、
4連覇とかしてましたから、
もう異常としか言いようがありません!!

まぁ話がズレてしまいましたが、

ともかく、
静岡学園、優勝おめでとうございます!!

エスパルスのドゥグラスの、
ヴィッセル神戸への移籍が決まったそうです!?

これでエスパルスの得点力は、
半分以下になったと言って過言ではありません!?

どうするんだろうねぇ~

J1残留も彼が決めたようなものだし・・・

でもまぁ本人からすれば、
やっぱイニエスタからのパスは欲しいよねぇ~

エスパルスの貧弱なチーム力から、
あれだけの得点を稼いだのですから、
神戸に行ったらもっと得点できる、
得点王も狙えるって思うのは自然の流れでしょう!!

それに何と言っても、
お金も違うんだと思います。

そう考えると、
やっぱIT企業って凄いんだね~

当初、Jリーグが発足したころ、

プロ野球に比べても、
大企業がバックにいるってことが、
結構話題になりました。

トヨタ、松下電器、日産自動車、JR、三菱、住友・・・

名だたる企業ばかりでしたが・・・

今や、そんな旧タイプの日本企業よりも、
楽天とかソフトバンクの方がはるかにお金がある感じです。

サイゲームは鳥栖から撤退しましたが、
関連のサイバーエージェントは町田ですか?
神戸は勿論、
鹿島がメルカリってのは、
相当に時代の流れを感じました!!

ソフトバンクはJリーグに参加していませんが、
プロ野球では1番でしょうし、
DeNAもプロ野球ですしね~
楽天はJも野球もやってますね!?

そう考えると神戸に選手が集まるのが、
これからのステータスになるかもしれません!!

で、残されたエスパルスですが、

逆にこれで良いのではないでしょうか?

もう誰にも頼れない、
きれいさっぱり一からスタート、

若く無名で有能な選手を育て上げ、
選手を送り出して稼いでも、
魅力を維持できるチームに、
生まれ変われるチャンスですよ!!

ただねぇ~
それを実現するまで我慢できるか?
ですね~

もう2月末にはJリーグ開幕

チーム作りしている余裕はなさそうですね~

このまま行けば、
来年はまたまた降格争いです!!

とりあえず自分の意見としては、
ゴールキーパーなんとかせんと、
あかんのでは?と思います!!

負けて良かったなんてことがあるわけはない!?

エスパルスサポーターからは怒られそうだが、

天皇杯、準決勝、対神戸戦は、
負けて良かったと思う。

大体、J1残留争いしていたチームが、
天皇杯でも何でもタイトルに絡もうなんて、
そもそもおかしいのである!?

当然の結果、それが出ただけである。

リーグが終わって2週間、
チームが劇的に変わるハズもない。

相変わらずドゥグラス頼みの攻撃で、
彼が得点できなければチームも負ける。

まぁその通りでしたね。

それにもし仮に優勝でもしてしまったら、
来期はACL参加ですかね?

そうしたら、ただでさえ選手層が薄くて、
過密日程になるのですから、

チームはバラバラになるのは、
目に見えていますから、
やはり、ここいらで負けて良かったと思います。

あと世間的には、

やはり神戸が決勝へ行くのを望んでいたのではないでしょうか?

これで元旦決勝で、
ビジャのラストゲームを飾れるますしね~

さらに優勝でもすれば、

もう文句なしですね!!

それにしても
イニエスタはやhり凄いですね~

エスパルス戦でも、見せてくれました!!

特にDFが勝手に道を開けてしまうドリブル、
あれ凄いですよね、

一見すると普通にドリブルしてるだけなんですけど、
DFからすると目線とか、体の動きにつられて、
イニエスタと逆の方に動いてしまう。

結果的にイニエスタの前に道は開ける。

まるでモーゼの十戒のように!?

あれは、日本の子供はみんな見習ってください。

あれが日本代表みんな出来たら、
W杯優勝も夢ではないと思いますし、

モタモタしてたら、
逆に世界のサッカー界では、
それを会得してしまい、
日本だけがついて行けない。
という可能性がありますからね。

早くイニエスタがJリーグでプレイしている内に、
盗んで身に着けて欲しいスキルです!!

横浜FマリノスがJリーグを制しました!!

詳細は忘れましたが、
前回優勝したのは10年以上前だそうで、

もう、そんなになるかなぁ~

それだけ、この10年以上は、
別のチームが優勝していたわけですから、

ある意味、リーグ全体が活性していた、
ということでありまして、
それはそれで素晴らしいことだと思います。

さて今期のJリーグ、
FC東京の優勝も可能性はあったのですが、

個人的にはマリノスのサッカーの方が、
見ていて面白かったので、
この最終結果に納得しています。

そして成長著しい仲川は、
得点王にMVPですか?

さらに得点王の1位と2位が同チームにいる?

そりゃ優勝するわな~

そんな肩書引っさげたら、
日本代表にも呼ばれて当然、

逆にこれで呼ばれなかったら、
誰もが納得できないでしょうね~

日本代表で活躍するかどうかは別問題ですが、

とりあえず召集するに値する成績です!!

さて自分がマリノスにこの先期待するのは、

ACLでどうなのか?
ってことであります。

ここ最近の日本勢といえば・・・

堅い守りで試合巧者の鹿島

攻撃的サッカーの川崎

パス主体の広島、浦和

そんな感じでしょうか?

ここに新たに、
人ももボールも動かすマリノスのサッカー

というのはアジアで通用するのか?

はたまた、その先のクラブワールドカップで通用するのか?

仲川は世界で通用するのか?

非常に楽しみにしています!!

ところで、今朝のこちらの地元新聞によりますと、
このマリノスを作ったスタッフの一人である、
ヘッドコーチのクラモフスキーが、
清水エスパルスの次期監督候補だそうでして、

彼が今回のマリノス作りに、
どこまで影響力があったのか分かりませんが、

ああいうサッカーを清水で見られるのなら、
それはそれで楽しみであります!!

まぁこれは、これからの動向に注視ですね!!

ジュビロ磐田、
二度目のJ2降格です。

昨日、何とか名古屋には勝ちましたが、

降格争い相手の湘南が、
広島に勝ったため、
17位以下決定で、
降格です。

だけど湘南もオウンゴールで勝利かい?

なんともスッキリはしないなぁ~

でもまぁ、5月以来のホーム勝利、
今シーズン初めての連勝?

そりゃ降格に値する成績ですよね!?

そもそも昨年の同時期に、
入れ替え戦を戦っていたのですから、

最初から弱いのは分かっていたハズ。

なのに大した手も打たずに、
新たなシーズン迎えて、

開幕戦で、
昇格組の大分にアッサリ負けたのですから、

こうなることは、
もう決まっていたも同然かもしれません。

それでもなぁ~

あと1勝、
どこかでしていれば・・・

そう思うのは自分だけではないと思います。

敗因は?

若手が育っていない、
に尽きると思います。

ここ数年ベテラン頼みで、
何とか勝って来ましたが、

そのベテランも、
どうしても怪我や故障でいなくなります。

その時にその穴を埋めるだけの、
若手の台頭がない。

そこでしょう、
だからズルズル順位は下がる。

もう、この際だから、
今までの実績も、
過去の栄光もなしとし、

フラットな条件で、
選手、監督、コーチを見直し、
新たなチームを作るくらいの、
気持ちじゃないと、
再生、J1定着は難しいのでは、
ないでしょうか?

今一度思い出したいのは、
かつて黄金時代と呼ばれたメンバーだって、

最初は二流扱いだったということ、
最初はJリーグに入れないチームだったということ、

そこから死に物狂いで、
あの時代を築いたわけで、

決して最初から順風満帆だったわけではない
と言うことです。

そこは思い出して欲しいですね!!

しばらくラグビーW杯で盛り上がりましたが、
久しぶりにJリーグネタに戻りたいと思います!!

9月末に名古屋グランパスは、
風間八宏監督を解任しました。

3年契約もあと少し、というタイミングでしたが、
これ以上の伸びが望めないので、
解任となったと推察されます。

これは個人的、見解ですが、
名古屋グランパスというチームは、
結構、お金があると思うんですよね!?

そうなると、チーム作りも、
お金かけて短期的に成果を上げるっていうのが、
方針に見えるのです。

まぁ海外とか中東とか中国のチームに、
良く見られる傾向ですよね~

それで大概、上手くいっていないのが現状でして、
名古屋グランパスも同様に、
Jリーグにはいますけど、
決して常に優勝争いをしている、
とは言えない状態ですよね?

でまぁ、今回も我慢しきれず、
監督交代、となったと思われます。

そこでですよ、
自分の提案としては、
タイトル通り、

今こそ清水エスパルスは、
風間八宏を監督にすべきだと思うのですね~

まず最大の理由は、
風間監督が提唱する、
ボールを保持する攻撃的サッカー、
これは清水のファンが大好きなスタイルだからです。

清水のDNAからしたら、
守って守ってカウンターなんてサッカーは
サッカーじゃない、って思っていますから、

たとえ優勝したとしても、
カウンターサッカーをしていたら、
ブーイングものです。

極端に言えば、
攻撃的サッカーで、
ずーとボール保持して攻め続けていたならば、
負けても満足します。

負けたら元も子もない?
いやいや、
負けるより、じっと守っていることを良しとしないのが、
清水のサッカーだと思うのですよ!!

そういう意味でも、
風間八宏の提唱する、
攻撃的サッカーは清水にピッタリだと思います。

それに何と言っても、
彼は清水商業出身!!

さらに現在の清水エスパルスは、
下位で低迷して、
監督も篠田監督がリーグ途中に、
コーチから監督に昇格した、
いわば中途半端な体制であります。

そんな時に風間八宏がフリーになったのです
今こそ、千載一遇のタイミング、
こんなに両者の思惑が一致することは、
暫くの間、ないと思いますので、

是非とも風間八宏を、
清水エスパルスの監督にするべき!!

と強く提唱させていただきます!!

W杯アジア予選、
モンゴルに大勝することが出来ました。

スタメンの右のMFは、
堂安ではなく伊東でして、

その伊東が大活躍したのは、
周知の通りだと思います。

二人の最大の違いは、
利き足の違いであります。

左利きの堂安は、
外から中央に切り込んでシュート、
というパターンですが、

右利きの伊東の場合、
右サイドをゴールライン近くまで切り込んで、
センタリングを上げる
っていうパターンになるわけですね~

どちらが良いか?

分かりません???

ただ相手によって、
攻め方を変えられるオプションが確立されたのは、
今後の戦いに大きな意義があると思います。

ラグビーW杯、
思ってた以上の盛り上がりですね~

最初は日本でやって成功するのか?
なぁ~んて思っていましたが、

まだ予選リーグの段階とはいえ、
十分、成功と言える盛り上がりでしょう!!

これには民放で唯一、
名乗りを挙げた日テレが、
ほくそ笑んでいるのが目に見えます!!

さてさて、そんな中、
日本VSアイルランドが、
エコパスタジアムで行われました!!

最初、このカードがエコパで行われると決まった時、
正直な気持ちとしては、
「なんで、エコパで決まった?」
というものでした!?

つまり、
この土地ってラグビーにあんまり馴染みが無いので、
盛り上がるのだろうか?とか。

よりによって日本代表なんていう大事な試合を、
この盛り上がっていない土地で、
やって良いものだろうか?

なんか他の地域の人に申し訳ないなぁ~

何故、このクジ引き当てた?

と考えたものです。

でまぁ結果としては、
皆さんご存じの通り、

観客は超満員、
日本がアイルランドを破って、
大盛り上がりですよ!?

いやぁ~凄かった
自分としてはまず、
あの満員ぶりに驚きましたよ!?

エコパがあそこまで人が入ったのは、
正直、見たことがありませんでした。

知ってる人は知ってると思うけど、
あのスタジアムの特徴の一つである、
観客シートの緑とオレンジのライン、
あれが全く見えません、
超満員、
これだけで結構、涙ウルウルもんでした!!

その上、
日本が所謂ジャイアントキリングを、
起こしたのですから、、
もういうことはありません!!

日本のトライは一つでしたが、
その一つが逆転のトライでしたから、
あの瞬間のスタジアムん盛り上がりは、
尋常でなかったと想像します。

そして勝利、
なんとエコパスタジアムは、
私の心配を稀有に、
大成功を収めて試合を終えました!!

今後、日本ラグビーを語る際、
必ずエコパの名前が出るでしょうから、
もう伝説の地になったと言って良いでしょう!!

でもなぁ~欲を言えばなぁ~

ここの地域としては、
同じような伝説の話は、
サッカーで作りたかったなぁ~

でもそれは贅沢っていうものか!?

なんとか頑張ってブログ更新していきます!!

さてさて、
W杯のアジア予選が始まりましたね

ミャンマー戦、
ベストメンバーで危なげなく勝ちました!!

そのベストメンバーの一人、中島、
期待通り点を決めてくれました!!

決めてくれてるのに言うのも何ですが・・・

なんで、あんなにミエミエなのに決まるんですかね~

左サイドでボールもって、
中へ切り込んで右足でシュート、

これ何回も見てますよね、
みんな知ってるパターンじゃないですか?

なのに何故決まる?

不思議です!!

もちろん細かいステップやフェイントを
織り交ぜてはいるんでしょうけど・・・

いつか、これが全く通じなくなる時が来る気がして、
恐いのですが、
それは自分だけでしょうか?

同じく、今回はベストメンバーですが、
いつか、このメンバーに対する対策も出来上がるでしょうし、
早く、中島に替わるメンバー、
またBプラン、Cプランのメンバー、システムの発掘を、
急がないといけないと思います!!

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

+ アーカイブ
 

フローラン・カバディ

Author:フローラン・カバディ
性別:男
年代:50代
生息地:静岡県
趣味:サッカーネタ中心ですが、スポーツ全般からアニメ・コミック等のサブカルまで幅広く取り上げていきます
名前の由来はこちら

お勧めの本とかコミック載せてあります。レビュー見て気に入ったら貴方も読んでみてはいかがでしょう?
良かったらMy Yahoo!に追加してみませんか!?
My Yahoo!に追加
ランキング参加中です!! 気が向いたらポチっとお願いします(^_^;)

FC2Blog Ranking

QR