*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

いやぁ~すっかり更新が滞ってしまいました!?
なのでここからまとめて最近気になった話題を、
少しばかり遅れてしまいますが綴ってみたいと思います。

まずはNHKクローズアップ現代での話題から…

皆さんはMOOCって知ってます?
自分は正直今回初めて知ったのですが、
要するに世界の名門大学…ハーバードとかMITですね…
そういう大学が無料で世界中に講義を発信しているということなんです。

それでもって番組で紹介されていたのは、
パキスタンの12歳の少女が学校の内容では物足りなくて、
そういったMOOCを利用して既に大学、大学院並の知識を得ているという話題でありました!?

そう世界、特に新興国の勉強したい子供、若者にとってインターネットは画期的です、
という話を以前したことがあると思うのですが、
ついにここまで来たか~ってのが正直な感想でして、
自分としては、その内こうなるだろうとは予想していましたが、
現実は予想を上回るスピードのようです。

この世界の現状に危機感を覚えるのは自分だけでしょうか?

これから先、ノーベル賞を取るような日本人は生まれるのでしょうか?

以前は東大や京大に行っていれば世界のトップランクというのは間違いなく、
下手すれば自分の隣の机で勉強していたヤツが世界一って可能性もあったのが、
日本という国だったのですが、既にそれは望むべくもありません。

そう日本人は日本の有名大学に入れさせさえすれば全てが大成功みたいな風潮がありますが、
今の世界では向上心が高く、自ら学びとっていく人材が地域や国を問わず出てきます。

さながらそれは開国した当時の日本人のように、
先進国からすべてを吸い取り吸収していった様に良く似ています。

そういう人間たちを相手に有名大学に入っただけでのほほんとしている、
現代の日本人が太刀打ちできるとは思えません。

子供たちはもちろん、自分みたいな大人の世代を含め、
日本人の危機感をどう高めていけば良いのかが、
自分としても悩ましい課題であります。

みんなでもっと勉強しましょう!!

クローズアップ現代

スポンサーサイト

自分って全然公平じゃないよな~
と実感したのである。

先日、自動車免許証の更新に行った時のことである。

こちらの地方は工場関係が多いため日系ブラジル人などの外国人が多く、
いきおい免許の更新などもそういった人たちが結構な数いるのである。

そこでの受付では空港などの入国審査とは違うので、
当然日本人も外国人も同じ列に並ぶことになるのだが、
多くの日本人、そしてもちろん自分自身も、
どの列に並ぶかを選ぶ時になるべく日本人が多い列を選んでしまうのである!!

明らかに外国人の列の方が短いと分かっていても、
なんとなくそこを避けてしまう。

何故だろう?

たぶん外国人の列は受付に時間がかかるだろうと、
勝手に思ってしまっているのである。

題名が定かではないが映画「マイレージ・マイライフ」とかいうのの中で、
空港の発券カウンターで主演のジョージ・クルーニーが列を選ぶ時、
「こっちの列の方が東洋人だから早い」ってなことを言って、
同僚に「人種差別だ」と批判されていたが、
まさに自分自身も無意識にそれと同じことをしているのである。

人種差別までの意識があるかはたぶんに疑問が残るが、
なんとなく避けているのは事実であり、
見る人がみれば小さい人間だなぁ~と思われても仕方がない。

事実、その後で外国人の列を注意深くみていたが、
特別遅いということもなく…
というか人数が少ない分かえって早く人が消化されており、
日本人列よりもよっぽど早く進んでいるのだから、
自分自身が招いた種でイラついてしまっているのだから、
全く持って自業自得である!?

そんなこんなな考えをしながら無事に免許の更新を済ませたのだが、
ここで一つどうでも良いネタをお伝えいたしましょう!!

免許証の発行番号って見たことあります?
普段あんまり見ないと思うのですが、
ここの番号の下3桁ってその日に発行された人の順番だそうです。

つまり「011」とかになってたらその日11番目に発行されたということです。

「別にそんなのどうでも良いじゃん?」

って思いますよね、
でもある企業での人事考課とか採用担当の話によると、
この番号であるていどその人のいい加減さが分かるらしいのです。

この免許更新という作業、
多くの企業において必要な作業として認められており、
仕事中に行ったり公務として扱われることが多いそうです。

まぁ働く側としたら公に仕事さぼって出かけられる数少ないチャンスかと思います。

ただこのチャンスを最大限活かして、
最大限サボってやろうという人間は少なくないらしく、
公務にかこつけて、やたらと外出時間が長い人間も結構いるらしいのです。

確かに公に認められているとはいえ、
このように権利の行使をあまり大っぴらに行うような人間は、
その分の給与を払う会社としては好ましくないようでして、
できれば最小限の短い時間で済ませて通常業務に戻って欲しいところでしょう。

その一つの目安となるのが、この順番だそうで、
つまり早く行って早く済ませているかどうかが判断基準になるそうです。

もちろん人にはそれぞれ都合もあるでしょうし、
「午後の終わりごろの方が空いてて一瞬で終わる」、
などなどの異論もあるでしょうから、
絶対的な判断基準ではないのですが、
あくまで参考ということだそうです。

ただ実力、実績など全く同じ評価の人間が並び立った時に、
こういったところで差をつけるのも無意味とは思えません。

実際、やらなければいけないことを、
ズルズルと後回しにするような性癖は、
決して好ましくはないでしょう!!

では果たしてどのくらいの順番だと合格点なのか?
というのが気になるのですが、
目安としては「100番以内」だそうです!!

で今回自分はどうだったのか?と言いますと…
ジャジャーン「073」の73番でした!?
ギリセーフっていうところでしょうか?

もしブラジル人に偏見持たずにあっちの列に並んでいたら、
もうちょっと若い番号がゲットできたか?
などとまたまた自業自得だなと思うのでありました!?

今日は一向に収拾がつかない様子の尖閣問題について考えてみたい。

ここのところの尖閣諸島周辺での騒ぎについては、
今までにないくらいに政府やマスコミが取り上げてくれたおかげで、
まるで全国民が「悪行には力をもって制裁するべし」というような雰囲気が出来ているが、
果たしてそれは本当に得策なのか考えてみるべきだと思うのだ!?

本ブログのいつもの調子から、「断固、屈するべきではない」
との方針を期待されていた方には申し訳ないのだが、
今回ばかり「少しやり方があるのでは?」と思って仕方がない。

つまり具体的には、
中国が振り上げた手を落とすところを作ってやれば、案外簡単に納まるのでは?
と考えているのである。

そもそも中国は本気で尖閣を取りにきているのか?という点については、
現時点では本気ではないと考えるのが妥当である。
その根拠としては、もし本気ならば、さっさと本体(軍隊)を派遣して、
かつて、韓国が竹島に乗り込んだように、とっくに攻め込んできているだろう。

だが実際に周辺海域に来ているのは、到底本陣とは呼べないような連中である。
もちろんこの先どうなるかってのは分からないが、
今回の騒ぎだけみればパフォーマンス的なものであることは間違いない。

ただ、ちょっと中国としても思惑が外れたのが、
日本政府がこのタイミングで正々堂々と反抗してきたことだろう。
しかも最悪なのは、なんの策略も持たずにっていう点である。

その点、台湾の方がまだ良心的である。
彼らの目的は漁業権に関する話を進めろ、
というメッセージを発してくれている。
こちらはその交渉を再開すれば納まる話である。

同じように中国にも何か与えてやれば?となるのだが、
それでは脅してきたヤクザ同然の連中に屈することになるのではないか?
と言われればその通りである。
ただ単純に金銭を与えてもミツグ君になってしまうので、
中国が何を欲しているのかを見極めるのが大事である、しかも安上がりにだ!!

その辺が国の諜報活動いわゆるスパイ活動の大事なところであり、
今回、一番問題なのは中国側の面子だと思われる。

そもそも中国人は見栄っ張りで面子を重んじる性格なのだ、
だから上に立つ者がヨソからなめられたとあっては立つ瀬がないのである。

だから、実質的な領土とか金銭よりも、
「貴方のことを大事に思ってますよ」
というメッセージが公けにされれば向こうも面子が立つのである。

それを勢いだけで、その後の対策も持たずに正面から「それは違う」、
などとやってしまったものだから、向こうも面食らって引っ込みが付かなくなってしまっているのだ!?

普段の本ブログの論調からすれば、
正々堂々と主権を主張すれば良い、
カバディよ何を弱腰なことを言っているのか?
お前も大国の圧力に屈したか?
という感想を持たれた方は多いと思うが、
いかんせん国vs国はスポーツと違うのである。

もし正々堂々とぶつかって敗れたら、
もうそこで終わりなのである。

現在の軍事力で不用意な長期戦になれば、
日本は絶対に力負けしてしまうだろう。

もしやるならば綿密な調査と裏活動で、
短期決戦で幕引きに持っていかなければ、
単純に体力負けしてしまうことは間違いない。

かつて戦前には絶対不利とされていた日露戦争も、
ロシアの慢心と日本の用意周到な準備があったからこそ、
世界を驚かす結末を迎えることができたのである。

少なくとも国民の命を預かる政府は勢いとか、その場の感情だけで、
国民を危険に晒すことは絶対に避けなければならないだろう。

石原東京都知事が尖閣諸島を都で買い上げる、とぶち上げた。

中国のエスカレートする行動に業を煮やした石原都知事らしい発言で、
自分としては概ね賛成というか、
こんなの一都知事が行動するより、
さっさと国が動くべきだったと思うのだ。

大体において、こういう発言があった後でも、
一部の議員どもにおいては「中国を刺激しないように」などと発言しているのだから、
「お前ら一体どこの国の議員だ?」と問いたくなってしまう。

このまま放っておいて、もし万が一にも中国人が尖閣諸島を買ってしまったら、
どうするつもりだったのだろう?
もちろん現在の所有者には、そんなつもりはないだろうが、
目的のためには、ありとあらゆる手を使ってくる中国であるから、
それとて未来永劫安心していられるものではない。

まぁ、あのイロ、モノ、金、暴力武力でも何でも使って成し遂げる様は、
ある意味で勉強にしなければならないとも思っているが・・・

ともかく平和ボケした日本の議員に託すよりも、
東京都政に任した方が何かと安心できる。

上手くすれば、あそこに一度は石原都知事が諦めたカジノ構想なども再考してもらい、
誰もいない島が、一気に極東の一大観光拠点になるやも知れんのだ!!

こんなにいいことづくめなのだから、日本の国会議員が反対する理由が分からない。

もし反対する者がいるとするならば、それは都民しかあり得ない。
現実にこの案を実現しようとするならば、
都の予算のどれくらいをつぎ込むのだろうか?相当額に昇るだろう。
都民からすれば、自分たちのお金を都政ではなく国政に使われるのだから、
おいおいちょっと待てよ、と言うのは自然である。
逆に言えば、お金を出してる都民、都にある企業それだけが石原都知事に反対できる。
他のやつらは黙っていなさい、と言っておきたい。

そこで、そういった都民の納得を得るためにも、
ただ買い取るだけではなく、カジノ構想はさておいて総合的な開発案によって、
賛同を得れば、より力強い動きとなるのではないかと思う。

兎にも角にも、今回の石原案には賛成である。


これは何も日本人が美味いマグロのように脂がノリきったトロのように、
極上な国民であるという意味ではない。

ここのところ連日のように指摘させてもらったように、
最近の日本人の何も考えない傾向はヒドい、と感じており、
その姿がまるでマグロのようだと言いたいわけである。

つまりここで言うマグロとは食用の鮪ではなく、
いわゆる「マグロ女」のマグロであるといえばお分かりいただけるだろうか?

自分では何もせずに、で~んってな具合でまな板の上に横たわり、
ただひたすら気持ち良くしてもらうのを待つだけの状態を指している。

そう自分では何もしない、考えない、他人任せ、
その内、どっかの誰かが何とかしてくれると思っている・・・

ハッキリ言いましょう、
誰もあなたのために何かしてくれる、なんてありえません!?
自分の道は自分で切り開くしか無いのです!?

いつからなんでしょうか?
こんなにも日本人が考えなくなってしまったのは?

誰かが「これが良い」って言えば無条件に信じて群がり、
自分で試して判断することを放棄してしまっている。
義務も責任も他人任せ、丸投げのくせに権利の主張だけは忘れない。

他人任せが染み付いたから、ミシュランガイドや食べログが大流行。
自分の価値基準さえ他人任せである。

ともかく楽して「誰か気持ち良くしてくれ」と言わんばかりに、
自分では何もせず、怠惰を貪り続けている。

ちょっと考えれば分かるでしょ?
世の中そんな美味い話ばかりないってことくらい。

自分の人生、良くするのも悪くするのも自分次第。
自己責任が望むと望まざるを得ず求められているのです。

どうせ悪い方に傾くなら、せめて自分の意思で決めた結果で悪くなる方が納得いくじゃないですか?
それを他人任せの判断基準で悪くなってしまっても、文句の持って行きようがないわけです、
でも今の日本はみんな誰かに文句を押し付けようとしている気がします。

こんなに考えないでいると何が怖いのか?
それはこのままでは日本はヨソの国に侵略されてしまうのではないか?ってことなんです。

こういうと大抵の方は、
「何をバカな?今時、侵略とかあり得ないっつーの」
と一笑されますが、自分は結構本気で心配しています。
極論かもしれませんが、本当です。

もちろん今時ですから軍事勢力で乗り込んでくるっていう可能性は低いです。
でももっとソフトな面での攻撃を仕掛けられたら?
例えば甘~い儲け話を上手い具合に持ちかけられたら安易に乗ってしまいませんか個人も法人も?
そうやって徐々に弱みを握られ飼い慣らされて主導権も渡してしまい、
ある日、突然ゲームの盤をひっくり返すかのように政治やトップが変わったら?
気が付いたら日本人の人権など剥奪され、単なる奴隷と化す可能性があるのです。
一度そうなったら、もう元へは戻せませんよ。

そうならないためにはどうすれば良いのか?
それはやはり我々一人一人が考えて意思を持って行動することを、
常日頃から続けていかなければいけないでしょう。

更に聞くなら、洗剤・柔軟剤はどのように投入しているだろうか?

何故こんなことを聞くのかと言いますと・・・
少し前に朝の報道バラエティでやっていたのだが、
「衣類と一緒に放り込む」というのが大多数の答えであった。

番組の主旨としては、
「最近の洗濯機は洗剤や柔軟剤の投入口があって、そこに入れれば自動的により泡立ちやすく、
汚れが落ちやすいタイミングで水と混ぜてくれたり、効果的に柔軟にしたり、
それを使った方が効果的ですよっていうお役立ち情報を教えてくれたものだった。

まぁ往々にしてこういうことはありそうだ、とも思うわけです。
日本の家電を始め製造メーカーって痒いところに手が届く設計に走り過ぎる傾向があるので、
もうどうでも良い所に心血を注いでしまっているのかもしれません。

なんと言いましょうか、開発のための開発っていう感じでして、
その代表例がガラパゴス化していると言われた携帯電話だったのでしょう。

ただせっかくある機能なんだから使わなきゃ勿体無いと考える人は少ないらしく
現実に自分の周りでも自分以外は、ほぼ誰一人として投入口を使用していなかったのである。

う~ん結構みんなマニュアルって見ないみたいですね。

つい先日も職場での出来事なんですが、電子レンジがあるわけですよ。
それを使ってお昼時など各々がお弁当なり、調理パンなどを温めるわけですが、
これまた、みんな食材入れてボタンを押すだけ、
出力も時間も調整しないのです!?

なんというか自分に言わせてもらうと、何とも勿体無い話でして、
ただボタンを押して機械任せにしただけでは、時間も掛かるし十分に温まらないのに、
それについては誰も疑問を持たないらしいのです。

「こうやって目的に合わせてセッティングすれば短時間で効果的に温められるよ」
っていう話をしても、面倒臭いらしいのです。

まぁ面倒臭いのは分かりますが、自分が納得できないのは、
そういう人間に限って、食にうるさいといいますか、妙にこだわるんですよね~
何か美味いものがあると聞けば遠くまで出かけて、行列に並んだりして・・・
とてもその行動とレンジのセッティングをしない行動が結びつかないと言いますか、
その一貫性の無さに唖然としてしまうわけです。

またまた同様な例として、
ある人のカーナビは地デジのみの放送に切り替わる前に購入したものだから、
地デジには対応していないと思ったらしいのです。
だけども最近、何か「地デジ」ボタンがあるのに気が付き、
「押してみたら視聴できた!!これで買い替えしなくて済んだ」
などと喜んでいるわけです。

これなども私に言わせれば、そんなの良く見りゃ分かるだろう・・・ってことなんですが、
いかに購入の時から今まで何も考えていないのか、という証拠だと思うのです。

そんなものなんでしょうかねぇ~
こういうと自分が何か凄くキッチリなんでも考えてるみたいに思われるかもしれませんが、
自分なんて基本的には考えるのはそんなに好きではないのですよ。
それなのに世間から比べると考えてる部類に当てはめられているようで、
その辺りに非常に違和感を覚えます。

自分はただ貧乏根性で「あるものは使い倒してやろう」くらいの気持ちなんですけどね・・・

テレ朝系の人気番組の「Mステ」は割とよく見る方なのだが、
その中に「Birth your song」というコーナーがある。

内容はその年に生まれた人たちに、生まれた年に流行っていた曲を聞かせて、
感想を述べてもらう、という趣向である。

取材のしやすさや、番組の歴史上の問題から来るアーチスト画像のストック状況の都合によるせいか、
どうしても取材対象が小中高校生といった学生というか子供が対象の中心になる。

コーナーの主旨や取材自体には別段何の問題も無いのだが、
自分がどうしても感じてしまう違和感の一つに、
どの年代にインタビューしてもSMAPの人気の高さに驚かされる。

もちろん、そのように老若男女全ての世代に人気があるから、
国民的アイドル(タレント?歌手?)ということになるのだろうけど、
それにしても異常である。

小学生ぐらいの子供たちが、SMAPの画像を見てキャーキャー騒ぐわけですよ、
「カッコイイ」
「結婚したい」
などなど、男子も女子も関係無しですよ!?

確かにね、格好悪いとは言えません、そりゃ格好良いですよ。
でもね彼ら彼女たちから見たら、親とそんなに変わらない世代ですよSMAPって!?

いくら最近は若い男性より40代男性に人気があるなんていう、
オジサン世代が都合良く勘違いするデータがあるとはいえ、
小学生が40オトコを見て、ワーキャー騒ぐのはおかしいでしょ?

この現象見てて思うのです、つまり、今の世の中って、みんな、
「みんなが好きなものを好きって言わないとおかしい」
っていう風潮がまかり通ってしまっているんではなかろうかと?

特に子供社会の方がそういう傾向って強いのかもしれません。
他人と違う行動、趣味趣向は隠しておいた方が得策なのではないでしょうか?
変に個性を出すと、集団社会から弾き飛ばされる恐れがあるのかもしれません。

まぁそういう状況に追い込まれたら、自分も同じ行動をとらないという保障はありません。

しかし、あんまりにもそういう風に自分の独自性を出さずに、
大衆の価値基準に合わせることばかり続いてしまうと、
見事に考えない人間に育ってしまう気がします。
「みんなが良いって言ってるものなら間違いないだろう」ってね。

そしてそういう傾向は今や子供たちに限らず大人の世界でも蔓延していないでしょうか?
その結果、人気が人気を呼ぶという集中現象が起きてしまっています。

例えば「美味い」という評判が立った飲食店は、その実力はともかく、
その評判だけを信じて並び、「美味かった」と評するのが当たり前のように発言し、
それを聞いてまた何も考えないで並んで食べて「美味い」と発する・・・
エンドレスに続いていくわけです!?
そこで「不味い」とは言えなくなってしまうわけですね~
そして自分を騙してる内に、本当にそれが「美味い」と勘違いしてしまうのです。
恐ろしい現象だと思いませんか?

だから冒頭に述べたSMAP大人気現象についても、
子供たちに「本当に心から好きなのですか?」と問うてみたいのです。
「好きって言わないと変だから合わせている内に、好きっていうのが刷り込まれてないですか?」と。

もっとみんな好き嫌いの部分は本音で生きてみたら良いのではないでしょうか?
何もワガママを言ってルールを乱せと言っているのではありません、
あくまで趣味趣向の部分は自由に個性を出すべきだと思うのです。

今夏はスーパークールビズを推奨とのことで、
官庁が率先してアロハシャツの職員を取材したり、
もてはやしたりしている報道がやたらと目に付く。

もともと高温多湿のこの日本の夏において、
暑苦しいネクタイにスーツを身にまとい、
エアコンガンガン掛けている従来の姿の方が異常ではあるから、
アロハの是非は別として、今回のスーパークールビズの導入には賛成である。

そもそも自分は個人的にもスーツ姿で仕事をする、というのが嫌いである。

これは何も暑苦しい、堅苦しいっていうことではなく、それなりにポリシーがあるからだ。

大体、スーツ姿から得られる印象というのはどうだろう?
「真面目」とか「信用」といったところではないだろうか?

つまり早い話が、スーツを着なければ「信用」を得られないような仕事はするな!?
って考えが自分には根強くあるのだ。

スーツを着ている職場といえば・・・
官庁、銀行、金融などなど
真面目さを売りに人のお金を扱うところほどスーツは必須である。

至極、悪い言い方で申し訳ないが、
銀行なんて一流企業・優良企業でございって顔をしているが、
やってることは他人に金を貸し、利子で儲けているわけで、
マチ金やサラ金と比べても、金貸しという行為だけ見れば同じようなものである。

そういった会社に何故人は入社したがり、入社した子供を称えるのか?
その要因の一つにあのスーツ姿があるのは間違いない。
もちろんスーツ姿の銀行及び銀行員が全員悪者だなどと言う気はないが、
少なくとも我々庶民はあのスーツ姿だけで、全てを信用してはならないと思うのだ。

極端な話、スーツを着ている人間と対峙したら、
人は勝手に真面目で信用できる人と思い込んでしまうのが怖いところで、
それが詐欺師であったとしても同じように信じてしまう!!

考えてみて欲しい、
もし貴方が人のお金を騙し取ろうとしたならば、
もし上手い儲け話を元に弱者のなけなしの貯金を奪おうとしたら・・・
Tシャツにジーンズといった格好で話を持ちかけるだろうか?
自ずとスーツ姿になるであろう。
つまりスーツには悪事を覆い隠す効果があることを肝に銘じて欲しい。

その効果を騙しとは逆に有効に使えるのが、謝罪とかクレーム受付時である。
スーツ姿で頭を下げられたら、なんとなく真摯に謝罪してるんだな、
などと勝手に感謝し、相手の思う壺にはまってしまうのである。

で話があっちこっち飛んで悪いのだが・・・ともかく言いたいのは、
外観で判断してはいけないし、外観を抜きにしても評価される仕事や人物であれ、ということなのだ。

だって、ど田舎の村役場の役人が開襟シャツでノーネクタイでも、
多分、村民誰もが不信には思わないだろう。
それは確かにだらしないから、とかファッションなんて、
という理由もあるかもしれないが、
村民みんながその人物の人となりを小さい頃から知っていて、
悪人ではない、ってことを理解しているから許されるのだ。

同じように日本全体、官庁もメガバンクもノーネクタイでも、
あそこは悪いことはしないよ、って思える社会になれば、
きっと住みやすい日本になると思うのですが・・・かなり甘いかな?

北朝鮮と言えば、核兵器の開発の話がどうなったのかが常に注目の的である。
このことが6カ国協議も進まなくもあり、彼らの交渉のカードの1枚であることも確かだ。
しかしあえて言わせていただくならば、
今こそ核開発は純粋に原発開発に絞り込んだ方が良い時期ではなかろうか?と思うのだ。

要は核というものを切り札にして対外的な交渉を有利に進めたいのだろうが、
現在の、つまり東日本大震災以降の原発問題以降の、
各国が原発の開発に二の足を踏んでいる状態の中では、
原発を主席の一声で進められる国家はそうそうないのである。

もし北朝鮮が原発を完璧に稼動し、電力の輸出が出来るようになれば、
電力不足に悩む中国や、原発開発がこれ以上進められそうもない韓国・日本、
はてはロシアの極東地区に対しても、電力的イニシアティブが取れるのではないだろうか?

ソ連崩壊後、どうなるかと思ったロシアがここまで力を取り戻した大きな要因は、
とりもなおさず石油と天然ガスというエネルギー政策が実ったからとも言える。

つまり今や世界を牛耳るのにエネルギー争奪戦は欠かせないのであるから、
原発で極東地域のダイナモとして電力供給するのは有効な外交手段になり得ると思うのだ。
そうなれば核という危険な切り札(危険だから切り札の価値があるともいえるが)を振りかざさなくても、
十分に周辺各国と渡り合えるような気がするのだが・・・そう思いません?

関東地方でスーパーから物が売り切れるなど、多くの人が買占めに走っているらしい。

気持ちは分からないでもないが、ここで改めて自分たちの余りある購買力を見直して欲しいのだ!?

ここで簡単な質問ですが、関東地区って日本の人口の何割くらいが住んでると思います?

答えは4割なんです、約半分が関東地区なんですよ!?

関西地区に3割ですから、日本の7割つまりは日本の大部分がこの2地区に住んでいます。

地方の時代などと調子良く言うマスコミや政治家もいますが、

現実には関東地区の意見だけで日本の方向が決まると言っても過言ではないのです。

特にその関東の中でも国道16号に沿った都市は都心にも程よく近く、

都心ほど混み合ってないということで人気のベッドタウンが並ぶわけです。

横浜から始まって町田、相模原、八王子地区、さいたま、春日部、柏、千葉というそうそうたるメンバーです。

地方から東京を目指したとき、この環16号を境に都会入りする感覚がするものです。

そして注目すべきは、この人気の16号沿いに住む方々の飽くなき購買力です!!

もともと住みやすそうなこれらの土地にマイホームを構えようって人はそこそこ収入がある方たちなんです。

日本の主だったチェーン店がもの16号沿いに出店することにより、その競争力に凌ぎを削っています。

それだけ激戦区、つまりは人が多く、新しい物好きでお金もある人達なんで、

まさにブームの火付け役がここの地域に集約していると言っても過言ではありません。

ただ私が今回問題にしたいのは、その強力な購買力を自分たちが自覚されているのか?ということです!?

わかりますか?

皆さんが一方向に突っ走って買占めなどを始めたら、日本全国に買占めブームが広がってしまうのですよ!?

そうなったら被災地へ物不足が起きてしまう恐れがあるのです!?

ですので非常時に備えて買いたい気持ちは分かりますが、

せめて平時の時から徐々に備えるようにしてもらえませんか?

今は流行り物を買う感覚で、非常時物資を買う時ではないのです。

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

+ アーカイブ
 

フローラン・カバディ

Author:フローラン・カバディ
性別:男
年代:40代
生息地:静岡県
趣味:サッカーネタ中心ですが、スポーツ全般からアニメ・コミック等のサブカルまで幅広く取り上げていきます
名前の由来はこちら

お勧めの本とかコミック載せてあります。レビュー見て気に入ったら貴方も読んでみてはいかがでしょう?
良かったらMy Yahoo!に追加してみませんか!?
My Yahoo!に追加
ランキング参加中です!! 気が向いたらポチっとお願いします(^_^;)

FC2Blog Ranking

QR