*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

ルーカス・ポドルスキ

昨日のJリーグデビュー戦、
1点目のゴールでは、
とりあえず物が違うな~
とは感じさせてくれました!?

あの密集の中で、
振り向きざまに、
左足一閃、目の覚めるような一発
ちゃんとゴールに繋げたあたりは、
正にワールドクラスの言葉が相応しい、
そんなシーンでした!?

流石に高い金出して買っただけはあるわ!?

昔来たトルコの王子とは違うぜ、
って感じただけでも十分です。

こんなシーンをもっともっと見せて欲しいですね~


スポンサーサイト

既に先週の話でありますが、
J1、第1節を振り返ってみましょう!?

まずはエスパルス!?

しょぼい、大前がいなくなった影響は計り知れません!?
これじゃあ、ただのJ2チームに逆戻りです!?

全く点が取れる気がしません!?
残留争いは必死です!?

次に鹿島対FC東京ですが、
大型補強のFC東京が勝利、
悲願のタイトル獲得へ・・・ってのが大方の報道ですが、
本当にFC東京ってタイトル狙ってますかね?

どうも自分の受ける感覚としては、
まぁJ1の上位にいて、
降格さえしなきゃ、
客も入るからいいやっていう雰囲気が見えてきて、
どうにも好きではないのですが、
本当にマスコミ報道通りなら少し見直しますが、
どうでしょうね~

あとジュビロ対セレッソでしたが、
注目の中村俊輔は不発と言っても過言ではないほどの、
特に目立たない存在でしたが、
まぁこれからに期待しましょう!?

それより対戦相手のセレッソですよ!?
これが昇格したばかりのチームですか?
物凄いポテンシャルを秘めていますよね~

ここに清武も加わるのですから、
上位を苦しめる、というか上位進出は全くフロックで無い気がします!?

海外から返ってきた選手がマッチするかが問題ですが、
いずれも古巣ですから全く問題なし!?

どうでしょう?
ここへいっそのこと出場機会がなくなっている香川も戻してみては?

その方が本人も日本代表的にもよいのではないでしょうか?

清武が日本に帰ってきたのは日本代表的にはプラスですね!?
柴崎がスペインに行ってしまって、
なんか出場なんか出来そうもない雰囲気ですから、
ベストコンディションを保てる選手が日本国内にいなくなりそうでしたから、
そういう意味で清武帰国は大賛成でした!?

てなわけで、もう第2節が始まります。
まだまだ注目は続けたいですね!?


もうJリーグ開幕なんですね!?

早いなぁ~

さてさて、今年は一気に注目度が高まったジュビロ磐田。
中村俊輔が入っただけでこれですから、
いや何と言うか、広告塔としての役割はもう十分ですね~

とはいえ、いる以上は使わないと勿体ない選手ではあります!?

そこで、どういうポジション、フォーメーションで使うのか?

地元メディアの情報を元に見てみますと・・・

どうやら4-4-1-1のトップ下になるようです。

ワントップ川又の下ですね~

自分が期待したN-BOXの再来はなかったようで、
ちょっと残念です!?

でもこのシステムで思い出すのは、
ピクシーことストイコビッチがいた頃の、
(もちろん、選手としてですよ)
名古屋グランパスを彷彿させます!?

守備をしっかりして、
ともかく中村俊輔に自由を与えるというのが、
共通したコンセプトですね!?

方向としては全く間違っていないと思います。

何と言ってもプレッシャーの無い状態でボールを蹴ったら、
日本一上手という座は今も健在ですから!?

まぁプレッシャーがかかるとダメだから、
日本代表ではこき下ろしたのですけどね~

これでケガなく一年を過ごしてくれれば、
昨年のような残留争いはないでしょう!?


このタイトル、
コロプラのサッカーゲームアプリのCMで、
松木安太郎のセリフなんだけど・・・

CMで見てる内は、
「またバカなこと言ってるな~」
程度の感想でしたが、
昨日の日本代表の試合を見ながら、
何度も、同じセリフを自分も言っていました!?

それくらい、もっと点が入っても良かったですよね~

特に本田の調子がイマイチでしたか?

今まで、日本代表の中では無類の決定力だった彼ですが、
ちょっと昨日のプレイは彼らしくなかったですね!?

それでも彼に替わる選手はいなかったようで、
結構な時間まで引っ張りましたね~

そう考えると、
今の日本代表って、
故障以外でメンバーを変えるポイントが少なすぎる気がします。

具体的には前線の左サイドを、
誰にするか?

そのオプションしかありませんよね~

あとはかろうじて、
ボランチの長谷部の相手を誰にするか?
それだけですよね~

あとはもう前のザッケローニ時代、
いやもっと前の南アフリカの時の日本代表と、
そう大差ないメンバーの気がします!?

もちろん細かく言えば遠藤はいないし、
香川はいるしってことで違うのですが、
イメージとしては変わり映えしません!?

若手の台頭?
敢えて言えば、遠藤航くらいでしょうか?

その辺の新陳代謝が進んで無いので、
対戦国も読みやすいですよね~

それが課題ではないでしょうか?

すいません久しぶりの更新です!?

この間にオリンピックは終わってしまい、
あの男子400mリレーの興奮を書き込むことなく、
気が付けば、W杯最終予選が始まっていました!?

ちょっと忙しかったものですから
書き込みが滞っていたのもそうですが、
このUAE戦も見てないのですよ~

だからですかね、
そんなに悔しさとか実感がないのですね~
ははは・・・

なので、あくまでVTRとかでの評価になりますが・・・

自分の印象では、
GK西川はこのチームにはフィットしないのかな?
って感じです。

あのフリーキックの対応は、
明らかに動きが早すぎます!?

西川の前線へのフィードバックは魅力的ですが、
この絶対に負けられない戦い、では、
川島の安定感の方を重要視した方が良いのではないでしょうか?

あとは長友の不在とかボランチの問題とかありますが、
これらは総合的にバックアップメンバーがいないということなので、
日本の層の薄さ、実力なのですから、
仕方ないことです。
必ずしもベストメンバーで戦えるわけではないのですから、
その場合にどうするのかが、
監督の手腕であるわけで、
それが準備できていないのは、
監督含めて、今の日本の実力かな?

サッカー男子、五輪代表のコロンビア戦!?
2対2のドローで、
かろうじて予選突破に望みを繋いだっていう、
厳しい結果に終わっています。

ただ今まで、
こういうスコアだけで言えば、
惜しいけれど雲泥の差ってのを感じていましたが、
今日の試合は確実に勝ってもおかしくない試合であり、
決して負けていなかったと思います。

これまでの南米勢との試合では、
先制点取られて、
後はのらりくらりとかわされるっていうパターンでしたが、
今回は確実に相手を脅かしていました!?

それもこれも体力勝ちだと思うんですよね~

やはりコンディション整えて、
速いパス回しをすれば、
確実に世界で通用すると思いますよ!?

だから引き分けでしたが、
この方向性は間違ってないと思います。

このままだと決勝リーグ進出は厳しいので、
負けて帰ってきてしまうことになってしまいそうですが、
それでも、この方向性は維持して欲しいものです!!

リオ五輪のサッカーが一日早く開幕したわけですが・・・

結果はまさかの5対4、
まさかというのは敗戦ではなく、
5失点の方です!?

日本のチームって、
たった一人にやられるってことが良くあるんですよ!?

それはサッカーに限ったことではなく、
全競技に言えるのですが・・・

どうしても試合中に捕まえきれない、
リズムが合わないっていう相手が、
時々いるんですね、
そういう相手に最後までペースを握られてしまう、
そんなパターンでしたね。

サッカーで例を挙げるなら、
男子の場合、オーストラリアのケーヒルとか、
女子ならアメリカのロイドなんかが、
典型です。

試合前に最大限に注意していた選手はなんとか抑えても、
伏兵っていうんですかね~
そういう選手で捕まえられなかった場合、
ハットトリックとか許してしまうのですよ!?

う~ん、それにしても厳しいスタートだなぁ~

一応、早起きして見ましたよ、
U23日本代表対U23ブラジル代表!?

ネイマールもちゃんと出てたしね!?

だからかな、練習試合とはいえ、
会場は結構、ブラジルカラーで一杯でしたね~

肝心の結果は予想通りでしたね・・・

予想していた展開は、
前半にブラジルが2~3点取って、
後は流して終わり・・・

練習にも何もならず、
手応えも得られず、
なす術なく終わる・・・

まぁそんな感じの予想でしたが、
全く、その通りの展開でした。

救いと言えるのは、
あの世代にとっては、
世界の壁を感じられたことでしょうか?

ホント、ブラジルとやると、
何も出来ませんよね~
いつもながら・・・

ちょっとだけ通用するかな?
って思えるシーンも、
試合中に修正されて、
あっと言う間になす術なし、
選手交代も実らず、
手も足も出ない・・・

虚しさが残ります!?

とりあえず本戦で当たらないのは、
組合せとしては良かったですね!?
それくらいかな?

ユーロ2016
イタリア対ドイツ
朝から頑張って見ましたよ~

流石にどっちも譲りませんね~

で、感じたのは、
いくらドイツがポセッションで勝っていても、
あのクラスになると、
最後のパスって簡単には通らないですね!?

エジルの先制点も、
結局はギリギリの危なっかしい局面でのパスを繋いで、
やっとこそゴールに繋がったって感じでした!?

その後、何度となくペナルティエリアの外側までは、
簡単に持って行けましたけど、
最後のラストパスは通らない、
横にパスを回すだけでした!?

あのドイツでさえ、
まるで日本代表のようでしたから、
いかにキレイなパスだけではゴールに繋がらないか、
というのを改めて実感させられました!?

まぁ結果的にはドイツがPK戦を制したわけですが、
ギリギリの局面ではギリギリのプレイが求められるっていう教訓でしたね!!

リオ五輪に向けての、
サッカー日本代表のメンバーが決まりました!!

手倉森監督が重視していたコンディションっていう点が、
最重要視された選考結果だったと思います。

本当にコンディションが良いかは別として、
この考え方に自分は諸手を挙げて賛成であります!!

W杯ブラジル大会の反省を踏まえれば、
コンディションが上がらない選手に固執し過ぎたのは、
失敗だったというのは明らかでありますから、
今回、同じ地球の裏側で行われる大会に於いて、
コンディション最重視ってのは至極当然であります!!

ここ数年、とくに南アフリカW杯辺りから自分が感じていたのは、
日本は体調さえベストなら、
世界のベスト16は固い、という考え方であります!!

戦術とか個の力っていうのは、
そこから上にいくために必要ではありますが、
まずはその前の段階のステージに登らなければいけないわけで、
そのためにはコンディションが必須条件だと思われます。

それがあってこそ初めて、
スター選手やスター監督が活きてくるわけですから、
日本人がどんな地域に行われる大会に於いても、
ベストなコンディションを保たれるノウハウを確立するべきではないでしょうか?

その場合、確かに地味なチームになるかもしれません、
でもコンディションという因子を無視したまま、
やれ戦術が、やれ監督がっていう話をしても意味がないと言いますか、
コンディションが同じというベースがないまま、
結果を論じても論点がずれていくような気がします。

何と言いますか実験用語でいうならば、
まずはブランクデータを取る必要があるわけで、
そこから比較が始まるのではないでしょうか?

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

+ アーカイブ
 

フローラン・カバディ

Author:フローラン・カバディ
性別:男
年代:40代
生息地:静岡県
趣味:サッカーネタ中心ですが、スポーツ全般からアニメ・コミック等のサブカルまで幅広く取り上げていきます
名前の由来はこちら

お勧めの本とかコミック載せてあります。レビュー見て気に入ったら貴方も読んでみてはいかがでしょう?
良かったらMy Yahoo!に追加してみませんか!?
My Yahoo!に追加
ランキング参加中です!! 気が向いたらポチっとお願いします(^_^;)

FC2Blog Ranking

QR