*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

先日の本ブログで、
静岡の高校のJリーグへの進出が、
昔ほどではないなぁ~
と書き込みましたが、
それを裏付ける記事がありましたので紹介します。

それによると、
ここ10年で最もJリーガーを輩出しているのは、
千葉の流通経済大学柏校、
2位には市立船橋と、
千葉県勢がワンツーフィニッシュを飾っています。

翻って静岡県勢に注目しても、
静岡学園が9位ですから、
この成績がそのまんま、
高校選手権の冴えない成績に繋がっていますね。

サッカー王国静岡なんて言っているのが、
いかに虚しいことか、
データで見ることによって、
より明らかになってしまいました!?

その記事はこちら


スポンサーサイト

正月恒例の全国高校サッカーが開幕しました!?

ですが、県勢代表である清水桜ヶ丘は1回戦敗退です!?

初出場とはいいますが、
統合してこの名前になっただけなんで、

前身としては清水市立商業なのですよ!?

そうなると、どうしても上位進出を期待してしまいますが・・・
現実はそんなに甘くなかったですね~

もう最近では県勢が年明けまで持たないってのは、
結構普通のことなのが、やっぱりさびしいですね~

昔は年越しとか特に意識せず、
大会自体が年明けから始まっていると、
本気で思っていました!?

すぐベスト8になってましたから、
イヤミでなく本気で、
「他の県代表は大会出てないのかな?」
などとふざけたことを真剣に考えていました!?

そのツケでしょうか?
今や年越しまで持ちこたえるのが、
一つの課題にまでなっています!?

弱いからメンバーが集まらないのか、
メンバーが集まらないから弱いのか?

所謂、優勝候補の試合を観ていると、
必ずアナウンサーの解説に、
「〇〇選手は卒業後、鹿島アントラーズへの内定が決まっています!?」
とかつくんですよね~

これが、今の静岡県代表チームの場合、
「〇〇選手はJ2の○○に決まっています」
となるわけですよ。

そりゃJ2だって立派ですけど、
どうしてもJ1トップの鹿島アントラーズに内定してるのと、
比べてしまうと、
やっぱそんなもんかなぁ~
と思ってしまうのは自分だけでしょうか?

今年も寂しいお正月となってしまいました!?

決して石井監督の手腕が問われるものではない、
ということを強く前提にして言いたいのだが・・・

昨年の今頃、
鹿島アントラーズを率いて、
クラブW杯の決勝で、
レアルマドリードと互角に渡り合い、
あわや世界一ってところまで行った監督が、

今シーズンは大宮アルディージャで
J1残留争いに巻き込まれ、
そしてJ2降格になってしまったわけだから、
僅か1年の間で天と地との差があるとは、
このことであろう。

特に大宮については、
シーズン途中から、
立て直しを期待されて、
途中から率いたわけだから、

決して石井監督のチーム作りが、
悪いとか良いとかの評価以前の問題であり、
どうしても擁護したくなるものである。

とはいえ、もしJ1残留を決めていれば、
やっぱり石井監督はスゲーな、
ってなったわけだから、
やりがいがあった仕事なのは確かだろう!?

ただ結果的には、
J2降格となってしまったのだから、
監督とはなんと因果なお仕事だろう、
と思わされた残留争いでしたね!?


クラブW杯、浦和レッズ惜しくも敗退でしたね!?

一個、勝っていれば、
レアルマドリッドと対戦できたのですが・・・

というか実は皆さん、
もう戦えるって信じていたのではないでしょうか?

この心理状態がヤバい、
こうなった時の日本人は弱いのですよ!?

所謂、強豪とかスター軍団みたいなのには、
結構、普段以上のパフォーマンスが出来るのですが、
その一歩手前の試合を軽視してしまう傾向があります!?

今回も皆さんも、マスコミも、
そして選手本人たちも、
既に直近の試合よりも、
レアル戦にしか目が行って無かったのだと思います。

だから普通で行けば、
勝てる相手だったのですが、
どこかに油断、慢心が出てしまったのでしょう。

これってサッカーに限らず、
どんな競技でも、
目の前の相手がそんなに強くなく、
その先にスター軍団みたいのがいると、
すぐに足元をすくわれてしまいます、
そんな日本人の心理は肝に銘じておくべきだと、
強く言いたいクラブW杯でした!?


遅まきながらってことになりますが、
東アジア選手権での韓国戦を振り返りたいと思います。

結果は既にみなさんご存じの通り、
1-4の大敗でしたね~

確かに急造の国内組でしたが・・・

それを差し引いても、
酷かったですね~

何が一番いけなかったか?

自分が感じたのは、
パススピードの遅さです!?

なんかおっかなびっくり、
恐れおそれ出すパスは、
ことごとく読まれて、
インターセプトされて、
ピンチを招きっぱなしでした!?

結果的に攻められる場面が多かったため、
4失点はしましたが、
GKの中村だけは、
もう一度、代表で使って良いのでは?
と思わされました!?

数少ない収穫はそこだけでしょうかねぇ~


W杯ロシア大会本戦の組合せが決まりました!!

どうでしょう?
この組み合わせを見て、
「悪くない」
と思った方も多いのでは?

かくいう私も、そう思いました!?

ただ、どうでしょう?

前回のブラジル大会の、
組合せが決まった時も、
「そんなに悪くない、なんとかなりそう」
と思ったのではないでしょうか?

その結果、期待外れの惨敗でしたから、
とても楽観視はできないってところでしょうか?

でもねぇ~
最初にコロンビアってのは、
いい意味で緊張感があって良いですよね~

前回、あれだけやられてると、
油断もなにもないでしょう、
リベンジに燃えることが出来ます。

その結果こそが、
この4年間での日本の進化具合を測るのに、
うってつけとなりますので、
もし勝ち点を取れれば、
大いなる自信となり、
その後の戦いにも期待が持てます!!

まぁ、これがとりあえずの第一印象ですね!?

それにしても、最後までJAPANが出てこないから、
ヤキモキしましたよ!?

しかも、下手をしたら、
グループFに入るところでした!?

ここへは韓国が入りましたが、
韓国にとっては悲劇ですね~

でもまぁ、ここに入ったら、
正にワールドカップって感じの面々ですから、
やりがいはあったかもしれません!?

詳しくは、またこれから徐々にってことで、
今日はこれくらいですね!?


W杯ロシア大会、
イタリアの予選敗退が決まりましたね~

いやぁ~出れば必ず優勝候補に名を挙げるのに、
ここ数年の世代交代が進まない現状を表すように、
出場も逃しました!?

他にもオランダが出れないとか、
欧州は厳しいですね~

となると本戦では、
もうドイツ1強決定の気がしてきました!?

対抗馬はブラジルとアルゼンチンですかね?

なんか既に本戦の見どころが一つ減った気がします。

これで次の大会からは、
出場国が増えますから、
日本も楽勝なんでしょうけど、
出られるかどうかのギリギリ感がなくなるのは、
W杯の価値そのものに疑問符がついてしまいますね~


Jリーグももう終盤ってことで、
自分的に今年、目についたフレッシュなJリーガーを
取り上げてみたいと思います。

まず一人目は、
横浜Fマリノスの天野純です!?

背番号14のレフティ、
さすが球団が中村俊輔がいなくても大丈夫、
って思っただけのことはあります!?

まだ安定したプレイは出来ていませんが、
そのイマジネーション溢れるセンスは、
正に次世代のファンタジスタ!?
言いすぎかな?

そして、もう一人挙げるのは、
清水エスパルスのチアゴ・アウベス
日本人ばかりが注目ではありません!?

この選手、シーズン途中からの加入ですが、
ともかく目立ちます!?

個の力が凄い1?

一人でドリブルして持ち込んで、
フィニッシュしてしまいます!?

ハッキリ言ってチーム戦術とかあんまり関係ありません!?

だから降格争いくらいのチームにピッタリです!?

エスパルスも降格争い真っただ中ですが、
まだチームとして割り切っていないので、
イマイチ、チアゴを活かせていません!?

彼を活かすのは甲府みたいなチームでしょうか?

もう日本人全員で守って、
強力な助っ人外人でなんとかしてい貰う!?

そんなチームが合っているので、
覚えのあるチームは、
このオフには彼の獲得に動くべきだと思います!?

まっ、残り少ないJ1リーグ、
私のお勧め選手も見てみて下さい!?


AFC準決勝、第1戦、
浦和レッズが何とか1ー1の引き分け、
しかもアウェイゴールを挙げて終えました‼

でも、相手の上海の助っ人外国人は強力でしたねぇ、

フッキとオスカル、
二人だけで楽々と浦和DF陣を切り裂いてました!?

やはりアジアレベルでは、
外国人選手の質だけで結構決まってしまいますね。

それでも、浦和としては、
日本のチームらしく、
コンビネーションで1点を取ったのは、
十分に自慢出来る内容だったと思います。

第2戦のホーム戦では、相手も更に全開で来るでしょうから、
大変なことになりそうですが、
何とかモノにしてほしい所です‼

もうJリーグより、そちら優先でお願いします‼

日本代表の親善試合のメンバーが発表されました!?

世間的には本田が外されたことが話題となっておりますが、
自分としては残っている香川に注目です。

本田をスッパリ外したのは、ある意味で、
コンディションさえ戻れば、
いつでも使うよっていうサインだと思うからです。

でも香川はどうでしょう?

今や日本代表にとって必要かどうか?
非常に微妙なラインにいると思われます。

今度の親善試合から欧州遠征にかけて、
彼が著しいパフォーマンスを発揮できなければ、
W杯本戦でのメンバー入りは無い、
と断言しても良いと思います!?

さて、そうなると日本代表の10番はどうなるか?

それについては、またいつか!?


01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

+ アーカイブ
 

フローラン・カバディ

Author:フローラン・カバディ
性別:男
年代:40代
生息地:静岡県
趣味:サッカーネタ中心ですが、スポーツ全般からアニメ・コミック等のサブカルまで幅広く取り上げていきます
名前の由来はこちら

お勧めの本とかコミック載せてあります。レビュー見て気に入ったら貴方も読んでみてはいかがでしょう?
良かったらMy Yahoo!に追加してみませんか!?
My Yahoo!に追加
ランキング参加中です!! 気が向いたらポチっとお願いします(^_^;)

FC2Blog Ranking

QR