*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

昨日の書き込みでは、
自分の希望の代表スタメンを記載しましたが、
当然代表メンバーは23人ってことで、
今日は控えまで含めて23人をどう選ぶか?
ってテーマで進めます!?

代表23人の内スタメン11人は昨日の通りですから、
残りは12人になります!!

まずGK、
これは具体的な名前は別として、
2人は決定ということにします。

残り9人

DF
サイドバック要員として
両サイド可能な酒井豪徳は決まりです。
その他、昨日スタメンにした槇野、今野もサイド実績ありなんで、
もう一人センターバック候補にしますので、
自分は森重が好みですね~
ただずっと呼ばれてませんからどうでしょうか?
実際には昌子が妥当でしょうかね?
でもとりあえず一人は必要と「いうことで、
DF2人決定。

残り7人

次はMFとFWですが、
ここは流動的にどっちも出来るってのが含まれますので、
まずセンターFW候補として、
川又を推します。
杉本も考えましたが、
代表ではイマイチなのと前線でのタメを買って、
川又をセンターFW控え候補一番手とします。

次に攻撃に変化を付けられるドリブラーとして、
久保健英を推薦しましょう!?

これ3階級飛び級になるのかな?
でも、この際これくらい思い切りましょう!!
将来の日本代表を見据える意味でも推薦です!!

あとボランチ専門として、
山口蛍と長谷部、
長谷部はスタメンから外しましたが、
チームの精神的支柱としては必要ですから、
控え組へのフォローも含めて必要と判断しました。

これで残り3人

ここからはMFなのかFWなのかはっきりしない人選ですが、
正直、誰でも良いかなって感じです。

もう好みの問題、コンディションの問題ですね。

まっ一応候補としては、
中島、香川、清武、井手口、大島あたりでしょうか?
この中から3人若しくは、
久保を外して4人全員ってことになりますか?

あと代表からは遠ざかっていますが、
自分の好みとしては、
川崎フロンターレから、
中村、大久保、谷口なんかも選んでほしいです!!

特に中村憲剛、
最後のW杯チャンスが、
監督が代わってめぐってきたと言えるのではないでしょうか?
出来れば選んで欲しいなぁ~

スポンサーサイト

とりあえず代表監督が変わったということですので、
この先、どんなメンバーが収集されて、
どんな戦術でいくのかも分かりませんが、
わからないからこそ、
ここは勝手に自分の希望でメンバー選考しました!!



特徴としては長谷部を外したことでしょうかね?

攻撃的なMF二人置きましたから、
より守備の安定と言う意味で今野を置きました。
井手口も考えましたが、
とりあえず安定感で今野をチョイス。

あと迷ったのは右のFWですね~

候補としては久保や清武もありますが、
現時点での調子と言うことで小林悠にしました。

当然、新監督からみたら選ばれない選手も出てくると思いますので、
まずは現時点での自分の希望ということで、
好き勝手させてもらいましたよ!!

新しい日本代表監督は西野に決まったそうですね!?

自分が推していた手倉森は無かったですか、残念です!?

さてこうなると、
どうしても西野監督はどういうサッカーを目指すのか?
ってのが注目されます。

マスコミで取り上げられるのは、
やはり「マイアミの奇跡」
と呼ばれている、
アトランタ五輪での戦術でしょうか?

速い話、守備的に守って守って、
カウンターってことですね!?

でも自分としては印象に残っているのは、
ガンバ大阪時代の、
遠藤を中心とした攻撃的パスサッカーですよ!?

特に印象深いのは、
クラブワールドカップでのマンチェスターユナイテッド戦!!

全く引かずに真っ向勝負して、
あと一歩というところまで追いつめましたが、
最後はルーニーの本気に敗れました!?

あの時の遠藤は実に楽しそうで、
パスしてダッシュ、
神出鬼没、自由奔放、
まさにバルセロナのパスサッカー風でした!?

個人的にはあれが好きだな~

ただあれはクラブチームと言う、
長期間かけて熟成されたから出来るのかな?
とも思うわけでして、
短期集中型の代表戦では難しいか?
それともあれだけ実力のある選手ならば可能か?

まぁどっちの西野スタイルかは、
今後の注目ポイントです!?

今朝は地震に、大谷、ハリルとニュースが目白押しですね~

でまぁ、ここで取り上げるのは、
もちろんハリルホジッチの解任ですね!?

まぁまぁ、しょうがないでしょ?

先日もここで書きましたが、
チームとしてバラバラ、
見るべきところがまるでなかったですから、
これで大丈夫か?
っていう答えが解任でしたね!!

そうなると、どうしても次は?
ってことですが・・・

このタイミングでは日本人しかないですよね・・・

となると噂としては、
西野か手倉森かってことですが、
個人的には手倉森ですね。

リオ五輪代表としての結果は惨敗でしたが、
それでも彼のコンディション優先、
固定メンバーは決めないっていう方針は、
短期決戦のW杯みたいな舞台では有効だと思いますし、
リオでの屈辱はかえってリベンジが期待できるところです!!

まぁ動向に注視ですね!?

とはいえ先日、
ハリルジャパンの確定メンバーだろうという選手を
4名ほど挙げさせてもらいましたが・・・

すっかり無駄になってしまいましたね、トホホ!?

昨日のJリーグでは、
ジュビロ対エスパルスという、
静岡ダービーが行われました!?

昨年の対戦ではジュビロの一方的成績で、
盛り上がりに欠けましたが、
今年は既にエスパルスがカップ戦で勝利してたハズなので、
勝負的には伯仲の予想通り、
引き分けに終わりました!?

ただ、どうですかね~?

これエスパルスが去年より良くなったのは確かですが、
ジュビロに関しては前期より弱くなってますよね~

まずエスパルス、
これはセンターバックを補強したのが、
もう圧倒的に正解でした。
昨年のザルのような守備がなくなり、
まぁそこそこJ1の対戦相手にも、
何とかなるようになりましたから、
とりあえず今年は残留争いには、
巻き込まれないでしょう!!

対してジュビロ・・・
補強したからって強くなるわけではないですね~
ホント、サッカーっていうかチームプレイって難しいですね。

今年、補強した主だったところでは、
田口、ギレルメ、
あと去年の途中からですが、
山田が戻ってきたわけですが・・・

この人たちの個々の能力は別として、
チームにマッチングはしていませんよね~

個々の能力が高いのが邪魔してるんでしょうか?
肝心の中村俊輔をすっ飛ばしての、
ゲーム展開が多い気がします。

昨年のジュビロは、
良くも悪くも中村俊輔に頼りっぱなし、
みんなが中村の言うとおり、
中村のために動いたから、
彼の類稀なる天才的センスが活きたのですが、
今年はそれが薄まっています。

もちろん現代サッカー、
一人の天才に頼るのは時代遅れだとは思いますが・・・
これがチーム作りの難しいところですね~

今年のジュビロの目標は、
TOP5以上と掲げていましたが・・・
ちょっと現状では厳しいでしょうね~

日本代表、欧州遠征2連戦

1分け1敗

結果が全てではありませんが・・・

内容も無かった気がします

新戦力を試す意味もあった?のかな
チームとしてバラバラでしたね~

守備も安定しないし、
点が取れる雰囲気もない
どうしたもんでしょう?

選考するにも出来ないような、
内容だったのではないでしょうか?

それを踏まえた上で、
現時点での代表入りがほぼ決定したのでは?
っていうメンバーを探してみますと・・・

まず長谷部
年齢は気になりますが、
やはり信用は絶大か?

次に原口
もうハリルジャパンの申し子と言えるでしょう。

大迫
日本のワントップとして欠かせません、
彼がいるといないでは、
前線でのタメが違います。

あと今回呼ばれていませんが、
吉田
今回出ていないことにより、
より彼の必要性が高まったと思います。

以上、そんなとこですかね。

もう少し、可能性がある選手もいますが、
あくまで現時点での確定、
ということでご了承願います!?

先日の本ブログで、
静岡の高校のJリーグへの進出が、
昔ほどではないなぁ~
と書き込みましたが、
それを裏付ける記事がありましたので紹介します。

それによると、
ここ10年で最もJリーガーを輩出しているのは、
千葉の流通経済大学柏校、
2位には市立船橋と、
千葉県勢がワンツーフィニッシュを飾っています。

翻って静岡県勢に注目しても、
静岡学園が9位ですから、
この成績がそのまんま、
高校選手権の冴えない成績に繋がっていますね。

サッカー王国静岡なんて言っているのが、
いかに虚しいことか、
データで見ることによって、
より明らかになってしまいました!?

その記事はこちら


正月恒例の全国高校サッカーが開幕しました!?

ですが、県勢代表である清水桜ヶ丘は1回戦敗退です!?

初出場とはいいますが、
統合してこの名前になっただけなんで、

前身としては清水市立商業なのですよ!?

そうなると、どうしても上位進出を期待してしまいますが・・・
現実はそんなに甘くなかったですね~

もう最近では県勢が年明けまで持たないってのは、
結構普通のことなのが、やっぱりさびしいですね~

昔は年越しとか特に意識せず、
大会自体が年明けから始まっていると、
本気で思っていました!?

すぐベスト8になってましたから、
イヤミでなく本気で、
「他の県代表は大会出てないのかな?」
などとふざけたことを真剣に考えていました!?

そのツケでしょうか?
今や年越しまで持ちこたえるのが、
一つの課題にまでなっています!?

弱いからメンバーが集まらないのか、
メンバーが集まらないから弱いのか?

所謂、優勝候補の試合を観ていると、
必ずアナウンサーの解説に、
「〇〇選手は卒業後、鹿島アントラーズへの内定が決まっています!?」
とかつくんですよね~

これが、今の静岡県代表チームの場合、
「〇〇選手はJ2の○○に決まっています」
となるわけですよ。

そりゃJ2だって立派ですけど、
どうしてもJ1トップの鹿島アントラーズに内定してるのと、
比べてしまうと、
やっぱそんなもんかなぁ~
と思ってしまうのは自分だけでしょうか?

今年も寂しいお正月となってしまいました!?

決して石井監督の手腕が問われるものではない、
ということを強く前提にして言いたいのだが・・・

昨年の今頃、
鹿島アントラーズを率いて、
クラブW杯の決勝で、
レアルマドリードと互角に渡り合い、
あわや世界一ってところまで行った監督が、

今シーズンは大宮アルディージャで
J1残留争いに巻き込まれ、
そしてJ2降格になってしまったわけだから、
僅か1年の間で天と地との差があるとは、
このことであろう。

特に大宮については、
シーズン途中から、
立て直しを期待されて、
途中から率いたわけだから、

決して石井監督のチーム作りが、
悪いとか良いとかの評価以前の問題であり、
どうしても擁護したくなるものである。

とはいえ、もしJ1残留を決めていれば、
やっぱり石井監督はスゲーな、
ってなったわけだから、
やりがいがあった仕事なのは確かだろう!?

ただ結果的には、
J2降格となってしまったのだから、
監督とはなんと因果なお仕事だろう、
と思わされた残留争いでしたね!?


クラブW杯、浦和レッズ惜しくも敗退でしたね!?

一個、勝っていれば、
レアルマドリッドと対戦できたのですが・・・

というか実は皆さん、
もう戦えるって信じていたのではないでしょうか?

この心理状態がヤバい、
こうなった時の日本人は弱いのですよ!?

所謂、強豪とかスター軍団みたいなのには、
結構、普段以上のパフォーマンスが出来るのですが、
その一歩手前の試合を軽視してしまう傾向があります!?

今回も皆さんも、マスコミも、
そして選手本人たちも、
既に直近の試合よりも、
レアル戦にしか目が行って無かったのだと思います。

だから普通で行けば、
勝てる相手だったのですが、
どこかに油断、慢心が出てしまったのでしょう。

これってサッカーに限らず、
どんな競技でも、
目の前の相手がそんなに強くなく、
その先にスター軍団みたいのがいると、
すぐに足元をすくわれてしまいます、
そんな日本人の心理は肝に銘じておくべきだと、
強く言いたいクラブW杯でした!?


03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

+ アーカイブ
 

フローラン・カバディ

Author:フローラン・カバディ
性別:男
年代:40代
生息地:静岡県
趣味:サッカーネタ中心ですが、スポーツ全般からアニメ・コミック等のサブカルまで幅広く取り上げていきます
名前の由来はこちら

お勧めの本とかコミック載せてあります。レビュー見て気に入ったら貴方も読んでみてはいかがでしょう?
良かったらMy Yahoo!に追加してみませんか!?
My Yahoo!に追加
ランキング参加中です!! 気が向いたらポチっとお願いします(^_^;)

FC2Blog Ranking

QR