FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

J1入れ替え戦、
ジュビロVSヴェルディ

ジュビロ磐田がJ1とJ2の違いを見せて、
なんとか残留を決めました!?

やはりJ2の6位はチョっと厳しいですかね~

それにしてもこの対戦カード、
一応、名門対決といわれましたが、
それも過去ですね~

ヤマハVS読売ってことですよね~

思い出すのは、
Jリーグ2年目、

オリジナル10に入れなかったヤマハことジュビロ磐田は、
満を持して参入したJリーグ、

だけどたった1年ではあるけれど、
Jリーグは大きく進化しており、
昇格後は苦戦が続いていました。

そこで迎えた大物外人が、
サルバトーレ・スキラッチ、
もとイタリア代表、
イタリアW杯の得点王ですよ!?

とはいえもうピークは過ぎた選手、
そんなのが役に立つのか?

と思いながら、臨んだのが、
当時、人気実力ともトップのヴェルディ川崎(当時は川崎)

いざ蓋を開けてみたら、
凄かった、
もう誰も止められない、
重戦車のごとき、
前への推進力、
たまらず柱谷哲司がファール、
レッドカード退場!?
そして当時の王者から勝利!!

盛り上がりは今でも忘れられません。

あんな熱い日もあったなぁ~
と思い出した昨日の1戦でした!?

スポンサーサイト

ジュビロ磐田、
リーグ最終戦に敗れたことで、
J1、J2入れ替え戦に臨みます!?

今年はトップ5を目指していたハズが、
何故こうなってしまったのでしょうか?

一つは一人の監督による長期政権がもたらす、
負の一面が出てしまったということです。

長期にわたってチーム作りをすれば、
連携も深まり、まとまりがよくなり、
当然チームは強くなります。

ただ、それと同時に選手も年をとるわけで、
早い話、高齢化が進むわけです。

その良い面が結実したのが昨シーズンで、
今年は長年、同じメンバーでやってきた歪みが、
ここへ来て噴出したというわけです。

具体的には故障者続出で、
代わりがいないというツケです!?

そして更に今年は猛暑が襲ってきました。

これによりベテラン勢は疲労が蓄積、
故障者も戻らない。
急遽入れた新メンバーとの、
連携は当然合わず・・・

といった負の連鎖が進んだと思います。

出来得るならば、
若手の育成を同時に進めるべきだったのですが、
それが出来なかったのも大きかったですね~

同じ県内の清水エスパルスは、
苦しい時期はありましたが、
それでも我慢して若手を使ったことにより、
ここへ来て、北側、金子、石毛がモノになってきました!!

それによって、シーズン途中までは、
ジュビロとどっこいどっこいの成績でしたが、
最終的には大きく水を空けられました!?

それにしても名古屋は良く頑張ったと思います。

絶対的に不利な状況に追い込まれたにも拘わらず、
最後まで諦めず、
同点に追いついて、
それでも他会場の結果待ち!?

でもその頑張りに神様がご褒美をあげたのでしょう!?

最後まで諦めないのは大事だと、
改めて教えられたので、
気持ちを切り替えて、
入れ替え戦に臨んで欲しいと思います!!


先日のJ1リーグ、
神戸VS広島の1戦!?

イニエスタが別次元のプレイを見せてくれました!?

ゴールしたシュートそのものも確かにすばらしかったですが、

特筆すべきは、その前のシュートに持って行くまでのフェイント

ちょっとした動作だけで、
広島のDF二人が吊られてしまい、

ハタから見ていると、
まるでDFが自分から逃げて行ってしまっているような、

そんな錯覚を起こさせるようなフェイントでした!?

そうこれは巫術の達人の、
空気投げのようにも見えました!?

相手が勝手に道を開けてくれるのですよ。

これは凄い、
これは日本のサッカー少年は見るべきである。

このワールドクラスの技をみれば、
日本のサッカーのレベルも上がるでしょう!?

正直、今まで自分としては、
イニエスタ?
まぁガンバの遠藤よりちょっと上手い位だろ?
ってな印象でしたが、
天と地ほどとは言わないけれど、
違いがあることは確かです!?

久々にJリーグに来た本物!?

しばらくは見る価値がありそうです!!

W杯もあるってことで、
なんとなくJ1の試合でも見ようと思いまして、
先日の土曜にヤマハスタジアムまで行ってきましたよ!!

対戦カードは
ジュビロ磐田vsセレッソ大阪!!

天気にも恵まれまして、
試合前までにチケット完売でした!!

それに今セレッソは代表候補いっぱいいますからね~

日本に残っている代表候補の宝庫ですね、
これは見ておかないと!?
そう考える人は多かったのではないでしょうか?

試合自体は1-1のドローでパッとしませんでしたが、

それでもお目当ての選手が見れて満足でした!?

まず清武、先発してくれましたね~

うん、やはりモノの違いは随所に感じましたし、
一種のオーラがありました。
視野の広さは流石でした!!

次に杉本ですが、
特に良いって感じはしませんでしたね~

これでは代表は厳しいかな?
っていう印象です!?

あとは山口蛍ですが、
まぁあんなもんかな?
守備の人なんで派手さは無かったですが、
目立たないのが良かった証拠ですかね!?

あと自分が見たかったのは、
柿谷ですね~

彼のトリッキーなトラップは、
見る価値があると思っています。
パスを受けた一瞬で相手を振り切る様は、
まさに国際級でありまして、
彼にボールが渡る寸前にはワクワクするのですが、
正直、この試合ではそんなことは無かったですね。

だから代表にも選ばれないんですね~

是非、もう一度、あの輝きを取り戻してほしい!!」

とまぁ、セレッソの選手ばかりになりましたが、
それが目的で行ったのですから、
仕様がありませんよね!?

昨日のJリーグでは、
ジュビロ対エスパルスという、
静岡ダービーが行われました!?

昨年の対戦ではジュビロの一方的成績で、
盛り上がりに欠けましたが、
今年は既にエスパルスがカップ戦で勝利してたハズなので、
勝負的には伯仲の予想通り、
引き分けに終わりました!?

ただ、どうですかね~?

これエスパルスが去年より良くなったのは確かですが、
ジュビロに関しては前期より弱くなってますよね~

まずエスパルス、
これはセンターバックを補強したのが、
もう圧倒的に正解でした。
昨年のザルのような守備がなくなり、
まぁそこそこJ1の対戦相手にも、
何とかなるようになりましたから、
とりあえず今年は残留争いには、
巻き込まれないでしょう!!

対してジュビロ・・・
補強したからって強くなるわけではないですね~
ホント、サッカーっていうかチームプレイって難しいですね。

今年、補強した主だったところでは、
田口、ギレルメ、
あと去年の途中からですが、
山田が戻ってきたわけですが・・・

この人たちの個々の能力は別として、
チームにマッチングはしていませんよね~

個々の能力が高いのが邪魔してるんでしょうか?
肝心の中村俊輔をすっ飛ばしての、
ゲーム展開が多い気がします。

昨年のジュビロは、
良くも悪くも中村俊輔に頼りっぱなし、
みんなが中村の言うとおり、
中村のために動いたから、
彼の類稀なる天才的センスが活きたのですが、
今年はそれが薄まっています。

もちろん現代サッカー、
一人の天才に頼るのは時代遅れだとは思いますが・・・
これがチーム作りの難しいところですね~

今年のジュビロの目標は、
TOP5以上と掲げていましたが・・・
ちょっと現状では厳しいでしょうね~

先日の本ブログで、
静岡の高校のJリーグへの進出が、
昔ほどではないなぁ~
と書き込みましたが、
それを裏付ける記事がありましたので紹介します。

それによると、
ここ10年で最もJリーガーを輩出しているのは、
千葉の流通経済大学柏校、
2位には市立船橋と、
千葉県勢がワンツーフィニッシュを飾っています。

翻って静岡県勢に注目しても、
静岡学園が9位ですから、
この成績がそのまんま、
高校選手権の冴えない成績に繋がっていますね。

サッカー王国静岡なんて言っているのが、
いかに虚しいことか、
データで見ることによって、
より明らかになってしまいました!?

その記事はこちら


決して石井監督の手腕が問われるものではない、
ということを強く前提にして言いたいのだが・・・

昨年の今頃、
鹿島アントラーズを率いて、
クラブW杯の決勝で、
レアルマドリードと互角に渡り合い、
あわや世界一ってところまで行った監督が、

今シーズンは大宮アルディージャで
J1残留争いに巻き込まれ、
そしてJ2降格になってしまったわけだから、
僅か1年の間で天と地との差があるとは、
このことであろう。

特に大宮については、
シーズン途中から、
立て直しを期待されて、
途中から率いたわけだから、

決して石井監督のチーム作りが、
悪いとか良いとかの評価以前の問題であり、
どうしても擁護したくなるものである。

とはいえ、もしJ1残留を決めていれば、
やっぱり石井監督はスゲーな、
ってなったわけだから、
やりがいがあった仕事なのは確かだろう!?

ただ結果的には、
J2降格となってしまったのだから、
監督とはなんと因果なお仕事だろう、
と思わされた残留争いでしたね!?


Jリーグももう終盤ってことで、
自分的に今年、目についたフレッシュなJリーガーを
取り上げてみたいと思います。

まず一人目は、
横浜Fマリノスの天野純です!?

背番号14のレフティ、
さすが球団が中村俊輔がいなくても大丈夫、
って思っただけのことはあります!?

まだ安定したプレイは出来ていませんが、
そのイマジネーション溢れるセンスは、
正に次世代のファンタジスタ!?
言いすぎかな?

そして、もう一人挙げるのは、
清水エスパルスのチアゴ・アウベス
日本人ばかりが注目ではありません!?

この選手、シーズン途中からの加入ですが、
ともかく目立ちます!?

個の力が凄い1?

一人でドリブルして持ち込んで、
フィニッシュしてしまいます!?

ハッキリ言ってチーム戦術とかあんまり関係ありません!?

だから降格争いくらいのチームにピッタリです!?

エスパルスも降格争い真っただ中ですが、
まだチームとして割り切っていないので、
イマイチ、チアゴを活かせていません!?

彼を活かすのは甲府みたいなチームでしょうか?

もう日本人全員で守って、
強力な助っ人外人でなんとかしてい貰う!?

そんなチームが合っているので、
覚えのあるチームは、
このオフには彼の獲得に動くべきだと思います!?

まっ、残り少ないJ1リーグ、
私のお勧め選手も見てみて下さい!?


AFC準決勝、第1戦、
浦和レッズが何とか1ー1の引き分け、
しかもアウェイゴールを挙げて終えました‼

でも、相手の上海の助っ人外国人は強力でしたねぇ、

フッキとオスカル、
二人だけで楽々と浦和DF陣を切り裂いてました!?

やはりアジアレベルでは、
外国人選手の質だけで結構決まってしまいますね。

それでも、浦和としては、
日本のチームらしく、
コンビネーションで1点を取ったのは、
十分に自慢出来る内容だったと思います。

第2戦のホーム戦では、相手も更に全開で来るでしょうから、
大変なことになりそうですが、
何とかモノにしてほしい所です‼

もうJリーグより、そちら優先でお願いします‼

ルーカス・ポドルスキ

昨日のJリーグデビュー戦、
1点目のゴールでは、
とりあえず物が違うな~
とは感じさせてくれました!?

あの密集の中で、
振り向きざまに、
左足一閃、目の覚めるような一発
ちゃんとゴールに繋げたあたりは、
正にワールドクラスの言葉が相応しい、
そんなシーンでした!?

流石に高い金出して買っただけはあるわ!?

昔来たトルコの王子とは違うぜ、
って感じただけでも十分です。

こんなシーンをもっともっと見せて欲しいですね~


11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

+ アーカイブ
 

フローラン・カバディ

Author:フローラン・カバディ
性別:男
年代:40代
生息地:静岡県
趣味:サッカーネタ中心ですが、スポーツ全般からアニメ・コミック等のサブカルまで幅広く取り上げていきます
名前の由来はこちら

お勧めの本とかコミック載せてあります。レビュー見て気に入ったら貴方も読んでみてはいかがでしょう?
良かったらMy Yahoo!に追加してみませんか!?
My Yahoo!に追加
ランキング参加中です!! 気が向いたらポチっとお願いします(^_^;)

FC2Blog Ranking

QR