*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

昨日のJリーグでは、
ジュビロ対エスパルスという、
静岡ダービーが行われました!?

昨年の対戦ではジュビロの一方的成績で、
盛り上がりに欠けましたが、
今年は既にエスパルスがカップ戦で勝利してたハズなので、
勝負的には伯仲の予想通り、
引き分けに終わりました!?

ただ、どうですかね~?

これエスパルスが去年より良くなったのは確かですが、
ジュビロに関しては前期より弱くなってますよね~

まずエスパルス、
これはセンターバックを補強したのが、
もう圧倒的に正解でした。
昨年のザルのような守備がなくなり、
まぁそこそこJ1の対戦相手にも、
何とかなるようになりましたから、
とりあえず今年は残留争いには、
巻き込まれないでしょう!!

対してジュビロ・・・
補強したからって強くなるわけではないですね~
ホント、サッカーっていうかチームプレイって難しいですね。

今年、補強した主だったところでは、
田口、ギレルメ、
あと去年の途中からですが、
山田が戻ってきたわけですが・・・

この人たちの個々の能力は別として、
チームにマッチングはしていませんよね~

個々の能力が高いのが邪魔してるんでしょうか?
肝心の中村俊輔をすっ飛ばしての、
ゲーム展開が多い気がします。

昨年のジュビロは、
良くも悪くも中村俊輔に頼りっぱなし、
みんなが中村の言うとおり、
中村のために動いたから、
彼の類稀なる天才的センスが活きたのですが、
今年はそれが薄まっています。

もちろん現代サッカー、
一人の天才に頼るのは時代遅れだとは思いますが・・・
これがチーム作りの難しいところですね~

今年のジュビロの目標は、
TOP5以上と掲げていましたが・・・
ちょっと現状では厳しいでしょうね~

スポンサーサイト

先日の本ブログで、
静岡の高校のJリーグへの進出が、
昔ほどではないなぁ~
と書き込みましたが、
それを裏付ける記事がありましたので紹介します。

それによると、
ここ10年で最もJリーガーを輩出しているのは、
千葉の流通経済大学柏校、
2位には市立船橋と、
千葉県勢がワンツーフィニッシュを飾っています。

翻って静岡県勢に注目しても、
静岡学園が9位ですから、
この成績がそのまんま、
高校選手権の冴えない成績に繋がっていますね。

サッカー王国静岡なんて言っているのが、
いかに虚しいことか、
データで見ることによって、
より明らかになってしまいました!?

その記事はこちら


決して石井監督の手腕が問われるものではない、
ということを強く前提にして言いたいのだが・・・

昨年の今頃、
鹿島アントラーズを率いて、
クラブW杯の決勝で、
レアルマドリードと互角に渡り合い、
あわや世界一ってところまで行った監督が、

今シーズンは大宮アルディージャで
J1残留争いに巻き込まれ、
そしてJ2降格になってしまったわけだから、
僅か1年の間で天と地との差があるとは、
このことであろう。

特に大宮については、
シーズン途中から、
立て直しを期待されて、
途中から率いたわけだから、

決して石井監督のチーム作りが、
悪いとか良いとかの評価以前の問題であり、
どうしても擁護したくなるものである。

とはいえ、もしJ1残留を決めていれば、
やっぱり石井監督はスゲーな、
ってなったわけだから、
やりがいがあった仕事なのは確かだろう!?

ただ結果的には、
J2降格となってしまったのだから、
監督とはなんと因果なお仕事だろう、
と思わされた残留争いでしたね!?


Jリーグももう終盤ってことで、
自分的に今年、目についたフレッシュなJリーガーを
取り上げてみたいと思います。

まず一人目は、
横浜Fマリノスの天野純です!?

背番号14のレフティ、
さすが球団が中村俊輔がいなくても大丈夫、
って思っただけのことはあります!?

まだ安定したプレイは出来ていませんが、
そのイマジネーション溢れるセンスは、
正に次世代のファンタジスタ!?
言いすぎかな?

そして、もう一人挙げるのは、
清水エスパルスのチアゴ・アウベス
日本人ばかりが注目ではありません!?

この選手、シーズン途中からの加入ですが、
ともかく目立ちます!?

個の力が凄い1?

一人でドリブルして持ち込んで、
フィニッシュしてしまいます!?

ハッキリ言ってチーム戦術とかあんまり関係ありません!?

だから降格争いくらいのチームにピッタリです!?

エスパルスも降格争い真っただ中ですが、
まだチームとして割り切っていないので、
イマイチ、チアゴを活かせていません!?

彼を活かすのは甲府みたいなチームでしょうか?

もう日本人全員で守って、
強力な助っ人外人でなんとかしてい貰う!?

そんなチームが合っているので、
覚えのあるチームは、
このオフには彼の獲得に動くべきだと思います!?

まっ、残り少ないJ1リーグ、
私のお勧め選手も見てみて下さい!?


AFC準決勝、第1戦、
浦和レッズが何とか1ー1の引き分け、
しかもアウェイゴールを挙げて終えました‼

でも、相手の上海の助っ人外国人は強力でしたねぇ、

フッキとオスカル、
二人だけで楽々と浦和DF陣を切り裂いてました!?

やはりアジアレベルでは、
外国人選手の質だけで結構決まってしまいますね。

それでも、浦和としては、
日本のチームらしく、
コンビネーションで1点を取ったのは、
十分に自慢出来る内容だったと思います。

第2戦のホーム戦では、相手も更に全開で来るでしょうから、
大変なことになりそうですが、
何とかモノにしてほしい所です‼

もうJリーグより、そちら優先でお願いします‼

ルーカス・ポドルスキ

昨日のJリーグデビュー戦、
1点目のゴールでは、
とりあえず物が違うな~
とは感じさせてくれました!?

あの密集の中で、
振り向きざまに、
左足一閃、目の覚めるような一発
ちゃんとゴールに繋げたあたりは、
正にワールドクラスの言葉が相応しい、
そんなシーンでした!?

流石に高い金出して買っただけはあるわ!?

昔来たトルコの王子とは違うぜ、
って感じただけでも十分です。

こんなシーンをもっともっと見せて欲しいですね~


既に先週の話でありますが、
J1、第1節を振り返ってみましょう!?

まずはエスパルス!?

しょぼい、大前がいなくなった影響は計り知れません!?
これじゃあ、ただのJ2チームに逆戻りです!?

全く点が取れる気がしません!?
残留争いは必死です!?

次に鹿島対FC東京ですが、
大型補強のFC東京が勝利、
悲願のタイトル獲得へ・・・ってのが大方の報道ですが、
本当にFC東京ってタイトル狙ってますかね?

どうも自分の受ける感覚としては、
まぁJ1の上位にいて、
降格さえしなきゃ、
客も入るからいいやっていう雰囲気が見えてきて、
どうにも好きではないのですが、
本当にマスコミ報道通りなら少し見直しますが、
どうでしょうね~

あとジュビロ対セレッソでしたが、
注目の中村俊輔は不発と言っても過言ではないほどの、
特に目立たない存在でしたが、
まぁこれからに期待しましょう!?

それより対戦相手のセレッソですよ!?
これが昇格したばかりのチームですか?
物凄いポテンシャルを秘めていますよね~

ここに清武も加わるのですから、
上位を苦しめる、というか上位進出は全くフロックで無い気がします!?

海外から返ってきた選手がマッチするかが問題ですが、
いずれも古巣ですから全く問題なし!?

どうでしょう?
ここへいっそのこと出場機会がなくなっている香川も戻してみては?

その方が本人も日本代表的にもよいのではないでしょうか?

清武が日本に帰ってきたのは日本代表的にはプラスですね!?
柴崎がスペインに行ってしまって、
なんか出場なんか出来そうもない雰囲気ですから、
ベストコンディションを保てる選手が日本国内にいなくなりそうでしたから、
そういう意味で清武帰国は大賛成でした!?

てなわけで、もう第2節が始まります。
まだまだ注目は続けたいですね!?


もうJリーグ開幕なんですね!?

早いなぁ~

さてさて、今年は一気に注目度が高まったジュビロ磐田。
中村俊輔が入っただけでこれですから、
いや何と言うか、広告塔としての役割はもう十分ですね~

とはいえ、いる以上は使わないと勿体ない選手ではあります!?

そこで、どういうポジション、フォーメーションで使うのか?

地元メディアの情報を元に見てみますと・・・

どうやら4-4-1-1のトップ下になるようです。

ワントップ川又の下ですね~

自分が期待したN-BOXの再来はなかったようで、
ちょっと残念です!?

でもこのシステムで思い出すのは、
ピクシーことストイコビッチがいた頃の、
(もちろん、選手としてですよ)
名古屋グランパスを彷彿させます!?

守備をしっかりして、
ともかく中村俊輔に自由を与えるというのが、
共通したコンセプトですね!?

方向としては全く間違っていないと思います。

何と言ってもプレッシャーの無い状態でボールを蹴ったら、
日本一上手という座は今も健在ですから!?

まぁプレッシャーがかかるとダメだから、
日本代表ではこき下ろしたのですけどね~

これでケガなく一年を過ごしてくれれば、
昨年のような残留争いはないでしょう!?


今節のJ1リーグ、
アビスパ福岡VSジュビロ磐田の、
J2昇格組対決なわけですが・・・

この二チームの監督は、
アビスパ・・・井原
ジュビロ・・・名波
ってことでありまして、
フランスW杯の中心メンバーとして、
活躍した二人がJ1の舞台で会いまみえるのですね~

いやぁ~日本にもこんな時代が来たのですね~

もちろん、この二人というか二チームが、
対戦してきたことは散々あったわけですが、
J1の舞台で昇格組として、
注目されながら戦うという点が、
感慨深いわけですね~

少し前の韓国では、
五輪代表の監督がホン・ミョンボだったりして、
W杯出場の先輩国では既にそういう時代なのですから、
この流れは必然と言うか、当然です!?

こういうの見ると、
今まで常識だった代表監督は外国人
っていう考え方も、転換期に来てるのかも?と思います。

実際、この間のリオ五輪予選での、
手倉森のチーム作りや、
女子の佐々木監督なんかの手法を見てると、
日本人に適した戦い方って言うのを、
もう考え出せる時代に来た気がします!!

だからこそ世界で戦ったことのある、
もっと多くのW杯出場選手が、
監督になって欲しいですね!!

2016のJリーグの前哨戦とも言える、
ゼロックススーパーカップが昨日行われた!!

結果としてはサンフレッチェ広島が勝利して、
まぁまぁ、こんなものかな?
ってな感じの試合でありました!?

今年も広島は強いのか?とは思いましたが、
心配なのは昨年からずっと休みなしですから、
AFCまで含めて、今シーズンを乗り切れるのかが鍵ですね~

さてさて自分が昨日の試合で注目と言うか驚いたのは、
新加入のピーター・ウタカの活躍です!?

当初、広島がウタカを獲得した時は、
あんなの獲ったって役に立つのかよ?
と完全に疑問符付きだったのですが・・・

蓋を開けてみれば、
非常に役に立っていました!?

前線で良いポイントにはなるは、
得点までするわ・・・

一体、先シーズンのエスパルスでの動きはなんだったのか?

ただまあ、見方を変えれば、
あれだけの選手を上手く使えなかったエスパルスに問題があったのでしょう!?

だから2部落ちしたんだと、
改めて納得した一試合でした!?

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

+ アーカイブ
 

フローラン・カバディ

Author:フローラン・カバディ
性別:男
年代:40代
生息地:静岡県
趣味:サッカーネタ中心ですが、スポーツ全般からアニメ・コミック等のサブカルまで幅広く取り上げていきます
名前の由来はこちら

お勧めの本とかコミック載せてあります。レビュー見て気に入ったら貴方も読んでみてはいかがでしょう?
良かったらMy Yahoo!に追加してみませんか!?
My Yahoo!に追加
ランキング参加中です!! 気が向いたらポチっとお願いします(^_^;)

FC2Blog Ranking

QR