FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

これは凄い、

改めて驚いた!?

何が?ってモチロン

新生日本代表の攻撃力はホンモノだ!?

親善試合という前提はあるとしても、
それでもウルグアイから4点と言うのは、
驚きである!?

主役はやhり、
2列目の若い3人である!?

これまでの代表組の、
長友も柴崎も、
存在が埋もれてしまうほどの出来!?

いや~凄かった!?

3失点は確かに課題だろう、
でも日本人のメンタルからすると、
4点取って勝ってたら、
もう失点のことなど、
忘れてしまうのですよ!?

そんな、お祭り騒ぎのなかで、
あえて問題を挙げるなら・・・

その2列目の3人がいないときにどうなるのか?
ってことであります!?

この先、故障やスランプもあるでしょう、

その時にどうするのか?

代わりのメンバーで、
あの攻撃力とは行かないまでも、
それなりの強さを維持出来るのか?
それが出来て初めて底上げではないかと、
思うのです!?

まぁそれはこれからの課題として、

とりあえず、アジア杯、

そして来年にはコパアメリカへの参戦が決まっているとか?

これは楽しみです。

当たるかどうかは分かりませんが、
ウルグアイもコロンビアも、
このまま黙ってはいないでしょう!?

それを返り討ちすることが出来たなら、
それこそ真に強くなった証拠だと思いますし、

コパアメリカは惨敗しても価値のある大会なので、
ともかく楽しみです!?

スポンサーサイト

日本代表vsパナマ

日本が3-0で勝ったわけですが、

正直、前回のコスタリカ戦のような、
驚きはなかったですね~

あの時は、試合中何度も、
「お~」
「すげぇ~」
などと口にしたのですが、

今回は普通に見ていました!?

その違いは何なのか?

やはり前回の中島と堂安の存在が大きかったですかね?

彼らがドリブルでドンドン仕掛けたから、
他でスペースが生まれ、
そこへまた多くの選手が入ってくる、
(例えば遠藤だったりね)

そんな流動性が見られなかったから、
流動性を生み出す仕掛けが見られなかったから、

だから迫力を感じられなかったのだと分析します。

まぁそんな中でも、
右サイドの伊東と室谷の、
スピードに乗ったパス交換というのは、
見ていて気持ちが良かったのは確かでしたけどね~

あのスピード感なら、
世界に通用すると思いますよ!?

まぁ、ここ2戦は、
北中米チームでしたから、
なんというか相手のレベルも低いというか、
スピードやテクニックが無いわけではないですが、

ズルさとかしつこさみたいのは無い相手なので、
日本がやりやすい相手でしたから、

次のウルグアイ戦で、
どこまでやれるのか?

それが一番の楽しみです!?

いやぁ~新生サムライブルーのコスタリカ戦、
お見事でしたね!?

とても新チームとは思えないほどの、
連携を見せてくれました!?

親善試合だし、
相手のコンディションや、
モチベーションを差し引かねば、
ってのは勿論承知なのですが・・・

それにしても、
チームとしての完成度は目を見張りましたね~

信じられないです。

急に集めたメンバーで、
これだけのサッカーが出来るとは?
いやはやホント、たまげました!?

攻撃は相手のプレッシャーがそんなに無かったので、
良いところばかりでしたが、
これが守備面ではどうなのか?

ハッキリ言って、
この試合では評価できませんね~

来月にはウルグアイ戦があるそうで?

そこにはスアレス、カバーニのコンビは出るのでしょうか?

その試合が森保ジャパンにとって、
最初の試金石となるでしょう!!
楽しみです!?

いよいよ森保一監督による、
日本代表が発表されました!?

ガラッと替わったのは当然であり必然、
ここからどうなるかが見ものです!?

さて自分が注目したのは、
広島の青山が選出されたことです。

実力的には代表クラスで間違いないのですが、
この先の4年後を考えると、
年齢的に、その時レギュラーを張れるのか?
という疑問符はつきます。

なので今回召集されてのは、
もしかして森保監督の意志を、
ピッチ上で伝えるフィールド内監督?
みたいな位置づけではないでしょうか?

だとした場合、
もしピッチ上で監督の意志を伝える必要がなくなれば・・・

青山のいる場所はなくなるわけで・・・

青山にしたら役目を全うすればするほど、
チームで不要になるという、
なんとも悲劇的な役割であります!?

ただ、どうでしょう、
そんな段階になったとしても、
他に代替えが効かない選手になるかどうかは、
彼次第でありまして、
そんなところも注目です。

自分の予想では、
森保ジャパンの最初の試合では、
キャプテンマークを付けた青山がいると思います!?

正月恒例の全国高校サッカーが開幕しました!?

ですが、県勢代表である清水桜ヶ丘は1回戦敗退です!?

初出場とはいいますが、
統合してこの名前になっただけなんで、

前身としては清水市立商業なのですよ!?

そうなると、どうしても上位進出を期待してしまいますが・・・
現実はそんなに甘くなかったですね~

もう最近では県勢が年明けまで持たないってのは、
結構普通のことなのが、やっぱりさびしいですね~

昔は年越しとか特に意識せず、
大会自体が年明けから始まっていると、
本気で思っていました!?

すぐベスト8になってましたから、
イヤミでなく本気で、
「他の県代表は大会出てないのかな?」
などとふざけたことを真剣に考えていました!?

そのツケでしょうか?
今や年越しまで持ちこたえるのが、
一つの課題にまでなっています!?

弱いからメンバーが集まらないのか、
メンバーが集まらないから弱いのか?

所謂、優勝候補の試合を観ていると、
必ずアナウンサーの解説に、
「〇〇選手は卒業後、鹿島アントラーズへの内定が決まっています!?」
とかつくんですよね~

これが、今の静岡県代表チームの場合、
「〇〇選手はJ2の○○に決まっています」
となるわけですよ。

そりゃJ2だって立派ですけど、
どうしてもJ1トップの鹿島アントラーズに内定してるのと、
比べてしまうと、
やっぱそんなもんかなぁ~
と思ってしまうのは自分だけでしょうか?

今年も寂しいお正月となってしまいました!?

このタイトル、
コロプラのサッカーゲームアプリのCMで、
松木安太郎のセリフなんだけど・・・

CMで見てる内は、
「またバカなこと言ってるな~」
程度の感想でしたが、
昨日の日本代表の試合を見ながら、
何度も、同じセリフを自分も言っていました!?

それくらい、もっと点が入っても良かったですよね~

特に本田の調子がイマイチでしたか?

今まで、日本代表の中では無類の決定力だった彼ですが、
ちょっと昨日のプレイは彼らしくなかったですね!?

それでも彼に替わる選手はいなかったようで、
結構な時間まで引っ張りましたね~

そう考えると、
今の日本代表って、
故障以外でメンバーを変えるポイントが少なすぎる気がします。

具体的には前線の左サイドを、
誰にするか?

そのオプションしかありませんよね~

あとはかろうじて、
ボランチの長谷部の相手を誰にするか?
それだけですよね~

あとはもう前のザッケローニ時代、
いやもっと前の南アフリカの時の日本代表と、
そう大差ないメンバーの気がします!?

もちろん細かく言えば遠藤はいないし、
香川はいるしってことで違うのですが、
イメージとしては変わり映えしません!?

若手の台頭?
敢えて言えば、遠藤航くらいでしょうか?

その辺の新陳代謝が進んで無いので、
対戦国も読みやすいですよね~

それが課題ではないでしょうか?

サッカー男子、五輪代表のコロンビア戦!?
2対2のドローで、
かろうじて予選突破に望みを繋いだっていう、
厳しい結果に終わっています。

ただ今まで、
こういうスコアだけで言えば、
惜しいけれど雲泥の差ってのを感じていましたが、
今日の試合は確実に勝ってもおかしくない試合であり、
決して負けていなかったと思います。

これまでの南米勢との試合では、
先制点取られて、
後はのらりくらりとかわされるっていうパターンでしたが、
今回は確実に相手を脅かしていました!?

それもこれも体力勝ちだと思うんですよね~

やはりコンディション整えて、
速いパス回しをすれば、
確実に世界で通用すると思いますよ!?

だから引き分けでしたが、
この方向性は間違ってないと思います。

このままだと決勝リーグ進出は厳しいので、
負けて帰ってきてしまうことになってしまいそうですが、
それでも、この方向性は維持して欲しいものです!!

リオ五輪のサッカーが一日早く開幕したわけですが・・・

結果はまさかの5対4、
まさかというのは敗戦ではなく、
5失点の方です!?

日本のチームって、
たった一人にやられるってことが良くあるんですよ!?

それはサッカーに限ったことではなく、
全競技に言えるのですが・・・

どうしても試合中に捕まえきれない、
リズムが合わないっていう相手が、
時々いるんですね、
そういう相手に最後までペースを握られてしまう、
そんなパターンでしたね。

サッカーで例を挙げるなら、
男子の場合、オーストラリアのケーヒルとか、
女子ならアメリカのロイドなんかが、
典型です。

試合前に最大限に注意していた選手はなんとか抑えても、
伏兵っていうんですかね~
そういう選手で捕まえられなかった場合、
ハットトリックとか許してしまうのですよ!?

う~ん、それにしても厳しいスタートだなぁ~

一応、早起きして見ましたよ、
U23日本代表対U23ブラジル代表!?

ネイマールもちゃんと出てたしね!?

だからかな、練習試合とはいえ、
会場は結構、ブラジルカラーで一杯でしたね~

肝心の結果は予想通りでしたね・・・

予想していた展開は、
前半にブラジルが2~3点取って、
後は流して終わり・・・

練習にも何もならず、
手応えも得られず、
なす術なく終わる・・・

まぁそんな感じの予想でしたが、
全く、その通りの展開でした。

救いと言えるのは、
あの世代にとっては、
世界の壁を感じられたことでしょうか?

ホント、ブラジルとやると、
何も出来ませんよね~
いつもながら・・・

ちょっとだけ通用するかな?
って思えるシーンも、
試合中に修正されて、
あっと言う間になす術なし、
選手交代も実らず、
手も足も出ない・・・

虚しさが残ります!?

とりあえず本戦で当たらないのは、
組合せとしては良かったですね!?
それくらいかな?

ユーロ2016
イタリア対ドイツ
朝から頑張って見ましたよ~

流石にどっちも譲りませんね~

で、感じたのは、
いくらドイツがポセッションで勝っていても、
あのクラスになると、
最後のパスって簡単には通らないですね!?

エジルの先制点も、
結局はギリギリの危なっかしい局面でのパスを繋いで、
やっとこそゴールに繋がったって感じでした!?

その後、何度となくペナルティエリアの外側までは、
簡単に持って行けましたけど、
最後のラストパスは通らない、
横にパスを回すだけでした!?

あのドイツでさえ、
まるで日本代表のようでしたから、
いかにキレイなパスだけではゴールに繋がらないか、
というのを改めて実感させられました!?

まぁ結果的にはドイツがPK戦を制したわけですが、
ギリギリの局面ではギリギリのプレイが求められるっていう教訓でしたね!!

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

+ アーカイブ
 

フローラン・カバディ

Author:フローラン・カバディ
性別:男
年代:40代
生息地:静岡県
趣味:サッカーネタ中心ですが、スポーツ全般からアニメ・コミック等のサブカルまで幅広く取り上げていきます
名前の由来はこちら

お勧めの本とかコミック載せてあります。レビュー見て気に入ったら貴方も読んでみてはいかがでしょう?
良かったらMy Yahoo!に追加してみませんか!?
My Yahoo!に追加
ランキング参加中です!! 気が向いたらポチっとお願いします(^_^;)

FC2Blog Ranking

QR