FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

今回の南ア大会での日本代表は一つの壁を破ったと言えるのかもしれませんが、

果たして、ここから次へどう繋げていくのか?ってのを考えた場合、

同じ方向性でってのを前提とした場合に有効な策が思いつかないってのが正直な感想です。

良くも悪くも岡田監督の採用したゼロトップの守備的な布陣ってのは、

ある意味常識外れで、しかも怪我人の出現による功名と言いますか、色んな意味で苦し紛れの偶然の産物だったんですよ。

狙いを持って南アに乗り込み、完成させた布陣・戦術っていうなら、まだ引き継ぎようもあるのですが、基がたまたまですから・・・

その偶然の産物を形ある再現性のあるものとして確立できるとしたら、それは岡田監督が続投するしかないと思うのですね。

しかしながら現実にはそれはないと思われますので、

誰が監督をやろうとも、南ア大会からの上積みってのは期待できないのではないか?と思っています。

つまり私の考えでは、多分またこれからの4年間は日本サッカーが迷走していくと予想されます。

まぁ世界のどこの国でも同じように迷走して試行錯誤してオリジナルの強さを築いていくわけですよ、

逆に絶対の法則みたいのがあったら、イタリアやフランスの予選敗退なんて番狂わせも起きなくなって見ててつまらなくなってしまいますから!?

みんな悩んでるんですよ!!日本もやっとその入り口に立ったのではないでしょうか?


スポンサーサイト



06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

+ アーカイブ
 

フローラン・カバディ

Author:フローラン・カバディ
性別:男
年代:40代
生息地:静岡県
趣味:サッカーネタ中心ですが、スポーツ全般からアニメ・コミック等のサブカルまで幅広く取り上げていきます
名前の由来はこちら

お勧めの本とかコミック載せてあります。レビュー見て気に入ったら貴方も読んでみてはいかがでしょう?
良かったらMy Yahoo!に追加してみませんか!?
My Yahoo!に追加
ランキング参加中です!! 気が向いたらポチっとお願いします(^_^;)

FC2Blog Ranking

QR