*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

まさかラグビーW杯で日本が南アに勝つとは・・・

別に応援しないわけではないのですが、
いや、ホント、まさかですよ!?

朝の内、ニュースで「日本が南アに歴史的勝利」
なんて言っているのを見まして、
正直「うそ?どうやって?」
などと考えていたら、
結構な点の取り合いを制したみたいで、
守って守ってなんとかっていうより、
正々堂々と勝ったみたいでしたので、
俄然興味が湧いて、
その後の再放送をチェックしたのでありました!!

持論として以前にも言ったのですが、
ボール競技の場合、
扱うボールが選手の体に近い方、
ボールを道具とか足じゃなくて手で扱う方が、
ジャイアントキリングが起きにくく、
ある意味で見ていてつまらない競技になるんですよ。

その一番の代表格がハンドボールであり、
その次辺りがラグビーなんですよ。

もちろんW杯クラスでの戦いとなれば、
実力はある程度伯仲してますから、
ランキング下位のチームが上位を破ることは、
無いわけではないのですが・・・

そう思いながら再放送を見たのですけど、
結果、自分としては珍しく、
つまり試合の再放送なんて普段は見ない自分が、
前後半合わせて80分全部を見てしまいました!!
それだけ良い戦いをしていたということなんですね~

もう何度も言いますが、
本来スポーツの試合の再放送なんて、
結果も分かっているし、つまらないんですよ。
でもそれを打ち破るほどのインパクトがあったのですね~

さて日本の勝因は?と聞かれれば、
一言で言えば「しつこさ」でしょうかね?
倒されても愚直に何度も何度も、
すぐに立ち上がり向かっていく・・・

「根負け」という言葉がありますが、
日本の場合はその逆の「根勝ち」とでも言えば良いでしょうか?
もちろん根性論ではない、それを成し遂げるだけの、
練習があったのでしょうけれどね!!

逆に南アは正に「根負け」でした。
最後の方はトライを狙わず、
ペナルティキックで得点を稼いでいましたから、
スタジアム全体でブーイングを浴びて、
やり難かったでしょう。

そうスタジアムも味方につけましたね~
従来より日本の選手の不思議なところは、
ホームで弱い相手とやる時より、
アウェイでスター軍団とやる時の方が、
力を発揮するのですよね~
これはどの競技でも当てはまります。
だから失礼ですがさほど期待されていなかった、
今回の南ア戦の方が、
選手たちは気楽に「やってやる」と、
臨めたのではないかと想像します。

これで逆に2戦目以降、
変な期待感が高まってしまうと逆に、
以前のように戻ってしまう恐れがありますから、
あまりこの期待感を伝わらない方が良い気がします。
異国の地っていうのはそういう意味でも、
浮足立たなくて良いとはおもうのですけど・・・
ただ、何と言ってもラグビー発祥の地での快挙ですから、
あちらでの盛り上がりが伝わらないわけもないのか?
と思うと少々心配なのでありました!!

スポンサーサイト
08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

+ アーカイブ
 

フローラン・カバディ

Author:フローラン・カバディ
性別:男
年代:40代
生息地:静岡県
趣味:サッカーネタ中心ですが、スポーツ全般からアニメ・コミック等のサブカルまで幅広く取り上げていきます
名前の由来はこちら

お勧めの本とかコミック載せてあります。レビュー見て気に入ったら貴方も読んでみてはいかがでしょう?
良かったらMy Yahoo!に追加してみませんか!?
My Yahoo!に追加
ランキング参加中です!! 気が向いたらポチっとお願いします(^_^;)

FC2Blog Ranking

QR