FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上原浩次が引退ですか。

その引退会見を見ていると、
こういう形が一番自然な引退かな?
と思えてきます。

それは必ずしも格好良いものではないのですよ!?

確かに言葉の上では、
悔いなしっていうことになるのでしょうが・・・

実際のところ、
やはり悔しいと思いますよ。

だって「お前はもう、この世界では役に立たない」
っていう現実を突きつけられた訳ですから、
そりゃあ悲しいですよ!?

それが、あの会見だったのだと思いますし、
悲しいけど、これが正しい引退かな?
と思います。

よく引き際を考えるのが美学、
みたいな話が好きな人も多いですが、
自分はその考えは好きではありません。

人生とは足掻くこと、
もがき苦しみ続けること、
だと思っていますので、
まだまだ、やれる選手が引退することには、
非常に違和感を感じるのです。

だから上原のように、
やりたいけど、やらせてもらえない、
その気持ちが、
痛いほど分かる、

おつかれさん

そんな言葉しか出てきませんけど、
君の気持ちはよく分かるよ、
って言いたいです。

それとは別に、
上原の好きなところと言えば、
やはり雑草魂ですかね~

特に真骨頂だと思いましたのは、
WBCでの活躍です!!

第1回のWBCでは、
松坂がエースという扱いでしたが、

自分としては、
裏のエース、影のエース、
であった上原がいたからこそ、
チームが優勝できたと思います。

あの大会、決して松坂が絶好調、
というわけではなかったと思うのですね。

まぁ体の調子は良かったかもしれませんが、
初めてのWBC、
そのエース、
プレッシャーは半端ないと思います。

案の定、
成績としては万全ではなかった。

でも上原は、
そんな中、
持ち前の雑草魂とでも言いましょうか?

相手が強ければ強いほど、
ステージがデカければデカいほど、
やったるぞ、ってな感じで、
いつも通りのピッチング、
それは表情一つ変えず、
落ち着いて、
チームの連敗の危機や、
ピンチを救っていました。

まさに連敗ストッパーに相応しい、
二番手ピッチャーとしての役割を全うしていました。

たぶんみんな忘れていますが、
あのWBC、
上原がいなかったら、
連敗して終わりですよ!!

そういう意味で言うならば、
第2回のWBCの
影のエースは岩隈でして、
彼が連敗ストッパーとして、
落ち着いたピッチングをしたからこそ、
優勝できたと思います。
でも最後の美味しいところは、
松坂やダルビッシュでしたから、
もうちょっと岩隈を評価してあげたいな、
と思うわけです。

で、話は上原に戻りますが・・・

彼も、決して華々しい道ばかり歩んできたわけではないですが、
その軌跡は素晴らしいものだと思います。

改めて、
お疲れ様、
と言いたいですね。

最後の最後まで、


スポンサーサイト
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

+ アーカイブ
 

フローラン・カバディ

Author:フローラン・カバディ
性別:男
年代:40代
生息地:静岡県
趣味:サッカーネタ中心ですが、スポーツ全般からアニメ・コミック等のサブカルまで幅広く取り上げていきます
名前の由来はこちら

お勧めの本とかコミック載せてあります。レビュー見て気に入ったら貴方も読んでみてはいかがでしょう?
良かったらMy Yahoo!に追加してみませんか!?
My Yahoo!に追加
ランキング参加中です!! 気が向いたらポチっとお願いします(^_^;)

FC2Blog Ranking

QR