*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

「熊野の長藤」が見ごろである!?

それは何?

まぁ当然の疑問でしょうね~

てっとり早く言えば、
磐田にある藤の木が見事に花を咲かす頃ですよ、
っていう話である!?

でまぁそれなりに人は集まって、
藤を見ながらの花見って感じで、
賑わっているのですが・・・

自分としては、
この「熊野の長藤」伝説を知れば知るほど、
このまま放っておくには惜しい素材だと、
思わざるを得ないわけですよ!?

その話の内容としては、
既に能の演目の「熊野」になっていますから、
知ってる人は知ってるのでしょうけど・・・
一般の認知度はイマイチかな?
と思うのですよ!?

簡単にストーリーをおさらいしますと・・・

昔々、平安の時代、
この地域の才色兼備美女がおりまして、
この女性が平清盛の次男に見初められて、
平家に嫁ぐわけですね~

その後、この美女の母君が病に倒れ、
見舞うために磐田まで戻りたいけど戻れない、
そんな思いを唄にしたら夫が感動して、
実家に帰しました。

そうしてる間に、
平家は源氏に倒されてしまい、
戻るところのなくなった美女は、
磐田で余生を終えるわけですが、
その時、藤の花を植えまして、
それが現在まで800年続いてる、
っていうお話です!?

その美女の名前が「熊野御前」
彼女が植えたのが「熊野の長藤」です!?

あっここまで来て言うのもなんですが、
「熊野」って書いて「ゆや」って読みます!?

でもって、ここで何が注目かと言いますと・・・

平家に嫁に行って帰ってきてるところです。
史実に寄れば子供はいないのですが・・・

ここはちょっと大げさにSF的、ストーリー性を持たせるために、
実は子供がいたってことにすると、
俄然、面白くなるわけですよ~

つまり根絶やしにされたとする平家に実は子孫がいた!?
っていう話しになるわけですね~

これってダヴィンチコードでキリストに子孫がいたとか、
プリンセストヨトミで秀吉の子孫がいたってのと、
同様の前提が出来るわけですから、
壮大な歴史ロマンだと思うんですよね~

これだけの素材がありながら、
誰もSF小説やライトノベルなんかで取り上げないのは、
実に勿体無いと思うのですよ!?

純粋に歴史的事実だけでも結構な逸材なのに、
大した説明もしないまま、
ただの花見会場にしてしまっているっていうのは・・・
観光協会的にはどうなんでしょうかね?
毎年そう思わざるを得ないのですよ!?
スポンサーサイト


この記事へコメントする















10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

+ アーカイブ
 

フローラン・カバディ

Author:フローラン・カバディ
性別:男
年代:40代
生息地:静岡県
趣味:サッカーネタ中心ですが、スポーツ全般からアニメ・コミック等のサブカルまで幅広く取り上げていきます
名前の由来はこちら

お勧めの本とかコミック載せてあります。レビュー見て気に入ったら貴方も読んでみてはいかがでしょう?
良かったらMy Yahoo!に追加してみませんか!?
My Yahoo!に追加
ランキング参加中です!! 気が向いたらポチっとお願いします(^_^;)

FC2Blog Ranking

QR