*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

最近、よく宣伝していた映画「植物図鑑」ですが、
あのタイトルと雰囲気から、
往年の新井素子の作品を思い出したのは自分だけでしょうか?

もちろん、この作品と新井素子は全く違うというのは、
世間の常識であり、自分の勘違いであるわけですが・・・

なんで、そんなこと考えたのか?

まず最初に言っておきたいのは、
「植物図鑑」に興味のある人にとっては、
ネタバレが含まれるかも?
しれないのでご注意を!?

まず「植物図鑑」に出てくる、
道に落ちてる男の子が植物系男子ってことでしたから、
その先を知らない自分としては、
それが植物の妖精みたいな、
人間ではない生き物だと思ってしまったのですね~

結局、ただの人間だったのですけどね~

で、新井素子のSF作品には、
人間には動物系から進化した種族と、
植物系から進化した種族と2種類あるっていう話だったんですよ!!

その植物系の人間ってのは穏やかだけど芯が強く、
したたかに人間社会に入り込んでいるのですよ!?
そんな感じだった気がします(違ってたらゴメンナサイ)

てなわけで、「植物図鑑」もその手のSFだと思ってしまったのでありました!?

こんな勘違い自分だけ?

新井素子を久しぶりに思い出したのは自分だけ?
スポンサーサイト


この記事へコメントする















10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

+ アーカイブ
 

フローラン・カバディ

Author:フローラン・カバディ
性別:男
年代:40代
生息地:静岡県
趣味:サッカーネタ中心ですが、スポーツ全般からアニメ・コミック等のサブカルまで幅広く取り上げていきます
名前の由来はこちら

お勧めの本とかコミック載せてあります。レビュー見て気に入ったら貴方も読んでみてはいかがでしょう?
良かったらMy Yahoo!に追加してみませんか!?
My Yahoo!に追加
ランキング参加中です!! 気が向いたらポチっとお願いします(^_^;)

FC2Blog Ranking

QR