FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

前回、新国立競技場を題材にしましたので、
ついでに今回は来年の五輪本番での、
聖火の最終ランナー予測をしたいと思います。

ここ何回かの大会での、
最終聖火ランナーは、
大体、サプライズが前提、
走りだすまでベールに包んでおく、
というのが定番ですね~

なので東京大会も事前に明かされることはないと思います。

また発表されるにしても、
大きな関心ごとですので、
勝手に予測させてもらいましょう!!

さて早速、結論から先に、
3人の候補を挙げたいと思います。

1.吉田沙保里
2.澤穂稀
3.北島康介

が妥当ではないでしょうか?

何故、この
三人が候補なのか?

自分が考える最終ランナーの条件とは・・・

「オリンピックで実績を残した人」
「現役ではないこと」
「国民的イメージの良い人」
「世界的知名度の高い人」

だと思うのですよ。

当然、実績を残した現役引退選手自体はいっぱいいます。
例えば、柔道の野村とかヤワラちゃんとかね。
でもクリーンなイメージと言う点で上記三名に勝てません。

また伊調馨も4連覇ですが、
一応、現役、まだわずかではありますが、
五輪出場の可能性はあります。

同じ現役っていう理由から、
世界的知名度で現在たぶん日本一なのが、
大阪なおみですが、
何度もいいますが、現役選手は外します。

同じ柔道では山下泰弘ならば、
実績、貢献度とも文句はないですが、
現役の実行側の人間ですから、
そういう人事はありえないでしょう。

まぁ、そんなわけで上記三人に絞られます。

では三人のなかで誰が最有力候補か?

それは候補に挙げた順番そのままです。

まず下から、
北島康介ですが、
彼自身に何も問題はありませんが、
最近の日本の傾向として、
同じ条件なら女性を登用するのが暗黙の了解ですから、
そういう理由で不利であります。

次に澤穂稀、
彼女の世界的、知名度は抜群です、
ただネックなのが、オリンピックでの実績は、
銀メダルだということです。
W杯優勝で、オリンピック銀メダルですから、
十分なのですが、
やはり次の吉田沙保里が強敵すぎます。

てなわけで、
やっぱり吉田沙保里かな~
実績よし、イメージよし、女性だし、
三拍子そろって決まりです。

と、ここまでは現実的な話なのですが、

自分としては、
もし、この人がいたなら、
この人に任せたいという人がいます。

それは
フジヤマのトビウオこと、
古橋廣之進です。

元、JOC会長、
数々の世界記録を樹立した、
戦後の日本の水泳界のヒーローです。

ただ残念ながら、
参加が予定されていた、
大戦後のロンドンオリンピックでは、
日本が戦争責任という理由から大会に参加できず、
金メダル確実と言われた古橋も出れませんでした、

次のヘルシンキ大会で、
やっと出れましたが、
既に選手生命としては、ピークを過ぎており惨敗、
正に戦争の被害にあったスポーツ選手です。

なのに、長い間、
日本の水泳界をひっぱり、
JOC会長として日本のスポーツを支えてきた功績には、
最終ランナーという勲章くらいあげても、
十分おつりがくるくらいだと思います。

正に平和の象徴として称えられる人物でしょう。

既に他界していますが、
彼こそが最終ランナーとして最も相応しいと思いますね。

ちなみに、現在のNHK大河「いだてん」で、
その古橋を演じるのも北島康介ですから、
自分的には何か最終ランナー候補を示唆している気もします。

さぁ、この答、一年後しか分かりませんが、
楽しみに待ちたいと思います。
スポンサーサイト





09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

+ アーカイブ
 

フローラン・カバディ

Author:フローラン・カバディ
性別:男
年代:40代
生息地:静岡県
趣味:サッカーネタ中心ですが、スポーツ全般からアニメ・コミック等のサブカルまで幅広く取り上げていきます
名前の由来はこちら

お勧めの本とかコミック載せてあります。レビュー見て気に入ったら貴方も読んでみてはいかがでしょう?
良かったらMy Yahoo!に追加してみませんか!?
My Yahoo!に追加
ランキング参加中です!! 気が向いたらポチっとお願いします(^_^;)

FC2Blog Ranking

QR