FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

流石にここまで盛り上がると、
取り上げざるを得ないラグビーW杯。

スコットランドを一蹴し、4連勝で1位通過、
ホームアドバンテージがあるにせよ、
これは凄いことでしょう!!

予てから自分の考えとして、

スポーツ競技の中で、
扱う対象物が体の中心に近い競技ほど、
実力差が出やすい、
という持論を持っています。

つまり体から遠いところで道具を使って行う野球などは
もっとも不確実性が高く、番狂わせが起きやすい。

サッカーなども足でボールを扱いますから、
それに準じるわけです。

これらの競技は時々、
学生がプロに勝ったりするを見ると思います。

それに比べて、
ボールを手で持って運ぶ、
ラグビーや、バスケットボールは、
番狂わせが起きにくいのです、
ただそれでは面白くないので、
ラグビーの場合、ボールの形が丸くなかったり、
得点方法法によって獲得点数が変わるので、
逆転の可能性があります。

バスケットボールも然りですね!?

そんな中でハンドボールという競技は、
手で扱う上に、1点づつしか入りませんから、
球技の中では最も番狂わせが起きにくく、
言い方は悪いですが、
見ていてつまらない競技とも言えます。

もっと幅を広げると、
球技はボールを扱いますから、
ボールを扱わない競技の方が、
より番狂わせが少ないです。

具体的には相撲や柔道、レスリングは、
相手と密着しますから、
もう実力差はいかんともしがたいです。

最初の例で言うと、
学生相撲のチャンピオンが、
角界の横綱に勝つことはほぼないでしょう。
ということです。

更にいいますと、
対象物が動かない大地だったりしますと、
すまり陸上競技などは、
もうどうやっても実力差は、
ひっくり返りません!!

てな前置きは長くなりましたが、
ラグビーW杯に話を戻しますと、

ここまでの成績は、
胸を張って良いものだと思います。

ただ次です、
次は問題です。

なんといっても相手は南アフリカ、

ただの強豪ではありません。

前回、日本に苦汁を飲まされたチームです。

もう前回のような油断はないでしょう。

万全の準備をしてくるでしょう。

真の実力差が出ると思います。

だからこそ、
これに勝てれば、
それこそ本物の実力です。

決勝進出だって夢ではないでしょう。

優勝?それはちょっと、どうでしょう?
理由はニュージーランドが強すぎます。
それだけです。

ただもしかしたら、
イングランドならニュージーに勝つかもしれません。

そうなると、ここからは理想論ですが、
日本が南アフリカを破って、
次にウェールズを破って、
決勝でイングランドを破って優勝したら、
イギリスの4チームを全部破ることになりますから、
これは痛快ですよね~

あの偉そうな王国に一泡吹かせられたら、
世界から賞賛されるのは間違いありません!!

まぁホントこれは難しいです。
それほどラグビーは番狂わせが起きにくい、
だからこそ、もし勝ったなら、
それは実力だと言えるでしょう!!
スポンサーサイト





10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

+ アーカイブ
 

フローラン・カバディ

Author:フローラン・カバディ
性別:男
年代:40代
生息地:静岡県
趣味:サッカーネタ中心ですが、スポーツ全般からアニメ・コミック等のサブカルまで幅広く取り上げていきます
名前の由来はこちら

お勧めの本とかコミック載せてあります。レビュー見て気に入ったら貴方も読んでみてはいかがでしょう?
良かったらMy Yahoo!に追加してみませんか!?
My Yahoo!に追加
ランキング参加中です!! 気が向いたらポチっとお願いします(^_^;)

FC2Blog Ranking

QR