*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

JリーグもWBCも盛り上がっていますが、
今日はこの話題!?

ヤマト運輸が受け入れ仕事量を制限するそうで!?

前々から自分も言っていましたが、
最近のサービス過剰現象から、
長時間労働などが強いられるのはどうなのよ?
と言っていましたが、
いよいよそれが表面化してきたようですね!?

自分としては、
やっと正常化が受け入れられるだけの雰囲気や土壌が、
世の中に広まってきたのかな?
などと思うわけです!?

ハッキリ言って最近は便利すぎます!?
そりゃ便利は楽ですし快適ですけど、
それが誰かを苦しめているなら、
そこまで要求したくはないですよね~

でも、その便利さを真に必要としている人もいるわけです!?

だとしたら提案なのですけど、
自分みたいに、もうこんなに要らないや、
って人にはサービスの低下とともに、
割引してくれるってことにしてはいかがでしょうか?

例えば宅配便なら、
自宅まで届けなくていいから、
配送センターやコンビニまで取りに行きますよ、
だから割り引きます、みたいな感じですよ。
もし指定期日までに取りに来なければ、
廃棄してくれて結構、廃棄費用も事前に配達料に含まれます、
みたいにするのはいかがでしょう?
(もうあるのかな?)

本来の便利さを、
例えば体が不自由で取りに行けない人とか、
そういう人への本当の意味でのサービスに、
費用を回せないのでしょうか?

それをただ単に楽したいだけっていうことで、
サービスを享受するっていう意識は、
もう止めにしませんか?

ちょっと説教臭くなってますが、
そういうこと考える岐路にあると思いますよ!?


と渡辺美里の歌のようなことを言っていますが・・・

自分としては以前、大病を患い、
手術してから10年が経ちました!?

先日も定期的に続けられていた検診を受けてきたのですが、
「もう再発の兆候はないから、来なくて良いよ」
と病院で言われたのであります!?

そうかぁ~10年か~
長いような短いような・・・
何とも言えない気分ではあります!?

10年前に手術を終えた直後は、
動けない体で病院のテレビで、
そのまんま東が宮崎県の県知事に当選して、
「どげんかせんといかん」と、
何度も言っていたのが昨日のようです。

二回目に手術した時は、
やはり朝の情報番組で、
マツコデラックスが街でレポートしてるのを見て、
「なんじゃ、この生き物は?」
などと思っていたら、
あれよあれよとゴールデンに引っ張りだこですから、
世の中の不思議を感じます!?

ここ10年ほど、
それこそ年の予定は病院通いをベースに、
スケジュールを組んでいましたから、
それがなくなるというのは、
もちろん嬉しいことではあるのですが、
何とも不思議な感覚です!?

まぁ、これで他の病気も含めて、
これから先、何も起きない保証が出来たわけではありませんし、
検診内容が軽くなっただけで、
今後も続けますし、
栄養とかの投与は続けるわけです!?

まぁ結構なジジイなんだから、
しょうがないですよね!?

それでも何だろう?

なんというか、
晴れ晴れしいまではいきませんが、
10年ぶりに何かが復活してくる感覚といいますか、
何かが自分のなかでフツフツと湧いてくるのであります!?

ここ10年の生活が、
なにも苦しく、修行のような毎日だったとは言いませんし、
こういう経験で得られたものも確実にあるわけで、
趣向や価値観も変わってはしまったなぁ~と思うけれども、
また決してそれが嫌でないことも確かなのであります!!

それでも何か、何かをしたい、
そんな気になってきました!!


世の中ではブラック企業が問題となり、
恵方巻きのノルマが課せられているとかいないとか?

その他にもブラックネタは満載である!?

ただ、ふと思うのだが、
その企業は何のために無理な要求を社員に押し付けるのか?

それは企業の業績を伸ばすまたは維持するためだ!?

今や消費者の要求に応えようと、
企業も必死なのである。

ただでさえ、人口減少でパイがしぼんでいる日本市場では、
その少ない消費者に向けて一斉に企業が集まってくるのだから、
そりゃ消費者にとっては嬉しい毎日である!?

自分など、昔のことを思えば、
今の世の中はずいぶん楽になったなぁ~と思うし、
食べ物も驚くほど美味い物が、あんなに安く手に入るっていうのは、
もう驚きを通り越して呆れるほどである。

ハッキリ言って、もう十分レベルなのですよ!?

でも売る側の企業的にはパイが小さいのだから、
より他社より優れていないと厳しいわけである。

だから消費者のちょっとした要求がまかり通り、
それを真に受けた企業側は労働側に、
長時間労働やノルマという形で要求することになってしまうのである。

そう考えると、我々消費者も消費者でありながら、
提供側でもあるわけですから、
自分自身に跳ね返ってくる要求を考えるならば、
「もうこの辺で満足しても良いんじゃない」と、
いつも思うのですよ!?

「それじゃ進歩がない!?」
そういう意見はもっともなのですけど、
自分のちょっとした一言で、
何処かの誰かが長時間労働やノルマに晒されていると思うと、
あんまり勝手なこと言えないと思うのですけど・・・

どうなんでしょうね~


稀勢の里が横綱になりました!?

その土俵入り(表現が違ってますかね?)に、
えらい多くの人が集まったみたいで、
みんな口々に、
「やっぱ日本人じゃないと・・・」

そうなんだ?

結構皆さんそんな思いなんですね~

協会的にも待望の日本人横綱みたいなノリですし・・・

それなら外国人に門戸を開かなければ良かったのに。

いやぁ~こんなに、みんなが待望していたってのを、
認識したのは結構ショックですね~

別にグローバル化が良いとか悪いとか、
そんな難しい話ではないのですけど、
結構、世の中的にはグローバルって言うのを良しとするご時世かな?
とも思っていたのですが、いざ日本人横綱が誕生した途端、
この熱狂ぶりっていうのは、
なんか、みんな心と世間での言動とは違っているのかな・・・

と、うまく言えませんが、
なんか違和感を感じてしまいました!?


卓球の全日本選手権の女子であるが、
平野が女王石川を破って優勝した!?

自分も息を飲みながら見たのであるが、
いかんせん、石川にとっては最悪の相性という感じを受けた!?

石川の最大の特徴はサウスポーであるということだが、
そのサウスポーの強みと言うのは、
右利き選手のバックハンドが、
大したことがないっていうのが前提になってくる。

ところが今の平野はバックハンドが強烈なのだ!?

これだけ強いバックハンドというのは、
石川的には初めての対戦だったに違いない!?

元々サウスポーの有利と言うのは、
ある程度のレベルでは圧倒的なのだが、
真に強い右利きが出てくると、
一気に有利が不利に変わってしまうものである!?

つまりサウスポーの有利に頼ってここまで上り詰めていたとしたら、
真の右の王者に勝つのは今後もっと難しくなると思われる。

それでも、こういう王者交代の一戦で、
旧王者が見せる意地のあがきってのは、
実は自分的には大好きでありまして、
今回の石川も「まだまだ」と言ったかどうかは知りませんが、
傍から見たら、明らかに不利でも、
最後まで諦めない姿勢は尊敬に値します!!


最近、よくCMで言っていますが、
スーパードライ誕生から30年ですって?

いやぁ~そうですか?
自分も歳を取るわけです!?

今でも思い出しますよ、
スーパードライの誕生を!?

あれは正にバブルの夜明けとともにやってきました!?
バブルの申し子といっても過言ではないでしょう!?

一時は夕日ビールなどと言われたアサヒビールが、
開き直って放ったスマッシュヒット、
ラガーとは違う、切れ味鋭く、
正に新時代を感じさせました!?

CMキャラクターも、
従来のイメージとは全く違う落合信彦を採用し、
当時、世界を席巻していたジャパニーズビジネスマンの、
象徴のようであり、一気に火が付きましたね~

その後、各社ともドライブームで色々出しましたが、
結局残っているのはスーパードライだけ!?
好き嫌いはあるでしょうけど、
日本のビール界で忘れてはならない存在です!?

あれがあったからこそ、
危機感を感じたキリンからは、
やはり歴史に残る名品「一番搾り」が生まれたわけだし、
サッポロもサントリーもそれぞれが独自のビールで勝負し始めて、
エビスの復権や、プレミアムモルツの誕生に至ったわけでありまして、
正にスーパードライが日本のビール界を一新させたといって過言ではないでしょう!?

そういいながら、
当の私は病気の影響もあって、
今は一切ビールが飲めなくなっているので、
横目で見るしかないのですけどね~

まぁこれはこれで安上がりになって丁度良いやって感じです!?

まぁたかが1種類のビールの話だけで、
これだけ盛り上がれるのですから、
スーパードライのインパクトは凄かったですね!?

もし30年前の自分に話しかけられるのであれば、
「アサヒビールの株を買っておけよ、それから富士重工もな!?」
と伝えてあげたいです!?


ジュビロ磐田の新体制発表記者会見が、
中村俊輔加入ってことで、
珍しく全国扱いの華々しいものだったのに対し、
同日行われた清水エスパルスは、
いつも通り地味なものであった!?

ただ今回、大きく違うのは、
大前元紀が大宮に移籍してしまったことである!?

おいおい、そりゃないぜ!?
って思ったのは自分だけだろうか?

せっかくシーズン後半は、
チョン・テセとの息も合ってきて、
ゴールを量産し、
これならJ1でも戦える、
って思っていた矢先に、
この移籍ですか?

きついなぁ~
また一から立て直しですよ、
しかも補強も即戦力はいないし・・・

どうすんだろう?

大前も他でどれだけやれるか試したい!?
とは、まぁプロなら当然といえば当然の意見だよね~

しかも大宮って、
もしかしたらもっとも近代的なサッカーを、
やっているかもしれないチームなんだよね~

ちょっと悔しい話なんだけどね~

かねてから個人的には、
大宮っていうチームは地政学的に見れば、
J1には不要では?
って思っていたのですが・・・

あの近代的なサッカーを見ると、
ちょっと惜しい気もするわけで、
ジレンマもあるのですよ!?

あのサッカーに加わりたいってのも、
プレイヤーだったら分からなくもないけどね~

あ~それにしても悩ましい・・・
エスパルスはどうなるんでしょうか?


高校サッカーも純決勝である!?

何気なしに青森山田と東海大仰星の1戦を見ていました。

東海大仰星は藤枝明誠に勝っていましたから、
どこまで行くんだろう?って見ていましたが、
残念ながら決勝進出はなりませんでした!?

でもですね・・・
この2チーム見てると、
ハイレベルすぎて、
ホントに高校生かいな?
って思ってしまったのは自分だけでしょうか?

藤枝明誠戦を見ても、
何度も決定機を作って藤枝を圧倒していましたから、
フロックではないと思っていましたが・・・

逆にこうなると、
静岡代表とはいえただの一つの県の代表に過ぎないな~
と改めて実感するのです!?

よく地元では王国の復活を!?
なんて盛り上げていますが、
どう見ても、今日の2チームの足元にも及ばない、
正に「王国」とか言っているのが虚しい事態であります!?

この事実を受け入れないと、
真に復活なんてあり得ないでしょうね!?


天皇杯は鹿島アントラーズが勝ちました。

いやぁ~決勝という舞台では勝つよね~いつも!?

負けたのは、この間のクラブW杯くらいですか?
でもまぁ、あれは相手が悪すぎましたしねぇ~

例によって、しっかりと要所を締めての勝利でした。

自分的には川崎のサッカーの方が、
好きなんですけど・・・

残念でしたね~

川崎はこれで大久保もいなくなるみたいだし、
監督も変わるそうで、
また一からのチーム作りってことになれば、
しばらくは優勝争いから、
遠ざかるのではないでしょうか?

まぁ、どのチームもそれを繰り返して、
上手く循環できれば、
鹿島のようにJリーグ王者になるでしょうし、
下手をすればJ2降格ってことでしょう!?

それにしても、また鹿島かぁ~って思った人も多いのでは?

自分も勿論その一人ですが、
最近はちょっと変わってきまして、
「まぁああいうチームが一つある方が良いんじゃない?」
って思えるくらいの大人にはなりました!?


N-BOX、と言ってもどこかの軽自動車ではない!?

N・・・すなわち名波浩のNである。

ジュビロ磐田が全盛期の時に採用していたシステムである!?

名波浩の周りを当時日本代表匹敵クラスの選手たちが、
名波浩のために走り回って、
名波浩のイマジネーション溢れるプレイを、
存分に発揮させるシステムである!?

自分などはN-BOXなんて格好良い名前より、
名波浩と10人の小人たち、
っていうほうがピッタだと思っていましたが・・・

そのNーBOXがもう一度見られるかもしれない!?

これは全国ニュースになっているかどうか知りませんが、
なんと、あの、中村俊輔が磐田移籍決定的らしい!?

いやぁ~やりました、これは良い買い物です!?

えっ?、あんた中村俊輔ってキライじゃないっけ?
そうです、それは間違っていません!?

でも、それは他所のチームにいる時の話です!?
磐田に来て、身近に見られるなら、
話しは全く違ってきます!?
なんて勝手な話でしょう!?

見たい、ぜひ見たい!?

中村俊輔が自由にタクトを振って、
その他の10人を思い通りに動かす!?
そんなサッカーが見てみたい1?

幸いにも、今のジュビロ磐田には、
中村俊輔より優れているだろう選手は誰もいません!?
もう彼に従うしかないのです!?

もう年齢的にも限界がささやかれていますが、
N-BOXだったら走る必要も、
プレスをかける必要もないのです、
ある意味サッカーとしては、
近代的でなく、前時代的です!?

でも彼のイマジネーションがあれば、
それを自由に発揮させれば、
優勝は出来なくても、
残留争いに巻き込まれるようなことにはならないと思います!?

いやぁ~早く見たい!?
来年は久々に静岡ダービーもあるし、
スタジアムに足を運びたいところです!?


05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

+ アーカイブ
 

フローラン・カバディ

Author:フローラン・カバディ
性別:男
年代:40代
生息地:静岡県
趣味:サッカーネタ中心ですが、スポーツ全般からアニメ・コミック等のサブカルまで幅広く取り上げていきます
名前の由来はこちら

お勧めの本とかコミック載せてあります。レビュー見て気に入ったら貴方も読んでみてはいかがでしょう?
良かったらMy Yahoo!に追加してみませんか!?
My Yahoo!に追加
ランキング参加中です!! 気が向いたらポチっとお願いします(^_^;)

FC2Blog Ranking

QR