*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

世の中はGW、行楽シーズンですね~

ちょうど季節柄、各行楽地では、
バイクでのツーリングもよく見かけると思うのですが・・・

バイクも格好良い、
ウエアもブーツもメットも、
バッチリ決まっている、
実に颯爽と気持ちよく走っているのを、
よく見かけるのですが・・・

反感買うのを覚悟で言うならば、
降りてくるライダーを見ると、
ほぼほぼ9割くらいの確率で、
ルックスが残念な人が多いと思うのは、
自分だけでしょうか?

総じて腹の突き出た、
頭の薄い、メタボなオッサンばかり、
っていうのが自分の印象です!?

勿論、自分だって人のこと言えた義理ではありません
でも、この場合、バイクが格好良いだけに、
あのギャップ感をひどく感じてしまうのですよね~

なんか、そんなとこに金かけるなら、
もっと自分を磨いたら?
などと思ってしまえる人が多いこと多いこと。

まだ若くて、バイクの乗り方じたいが、
イマイチな若者の方が降りた姿は格好良いです。

また女性ライダーなんかは、
やはり立ち姿もシュっとしていますよね~

まぁ中年ライダーも、
やっと自分の趣味にお金かけられるようになったんでしょうけど、
バイク乗っただけで自分の格好悪さがなくなったと、
勘違いしないで欲しいですよね、
見ていて痛々しさが伝わってきます。

出来れば、俳優の渡辺裕之みたいな感じで、
バイクも乗りますが、それを抑えるだけの筋肉質な体
ってのも持ち合わせているのが格好良いと思うのですけどね~

格好良い物質に頼ってる感じが、
バブルっぽくもあり、
時代遅れではないでしょうか?



性格的に、
あまり衝動買いというのはしない方なのですが・・・

ついつい見つけた途端に買ってしまいました!!

松岡直也
「ONE LAST FAREWELL」

なんでもワーナーミュージックから、
JーFUSION 40周年とかいう企画で、
今年、アルバムデビュー40周年にあたる、
フュージョン系のアーチストのアルバムを、
高音質SHM-CD(なんか、よう分からんけど)で再発売!!

これが今週あったんですね~

一挙17枚ってんですから、
どれにするか迷ったのはいうまでもありません。

で結局冒頭のアルバムにしたわけですが、
なんとも無難な線なのが、
ちょっと物足りなかったかもしれません。

松岡直也の魅力は、なんといっても、
本人ではなく、メンバーによるライブ感でしょう!?

だからライブアルバムにしとけば・・・
とも思いますが、次のお楽しみにします!?

ホント松岡直也の曲って、
本人のプレイが目立たない方が名曲ですよね~

高橋ゲタオのベースがうねり、
ウィリー長崎のティンバレが鳴り響き、
和田アキラのカッティングが小気味よい

溜めに溜めて溜めて溜めて溜めて
喰って喰って喰って喰って喰いまくる

それが、ONE LAST FAREWELL

くぅ~来てるね~

これが税抜き1300円で買えるなんて!?
一体、日本はどうなっているんだろう!?
なんか間違ってないかい?

と言いつつ、これから先、
同じ40周年シリーズとして、
カシオペアとプリズムも出るそうでして、
こりゃ、またどうしようと、迷いは尽きないのであります!?


浅田真央が引退だそうで。

まぁ全日本で惨敗でしたし、
日本代表になくてはならない選手ではなくなりましたから、
引退となるとも仕方ないと思います。

でもマスコミとかってなんであんなに、
爽やかな引き際みたいな演出をしたがるのでしょうか?

思うに、そんなに心中穏やかではないと思うのですよ。

確かに笑顔で会見に臨みましたが、
あれだけの実績を残した選手が、
選手生命を自ら終えなきゃいけない、
っていう状況は決して爽やかではいられないと思うのです。

ある意味、
あなたはこの世界では不要ですよ、
っていわれたようなもんですからね~

それをあんまり美化するのも、
なんかイメージ作り上げてるみたいで、
なんとも言えません!?

それと街角インタビューなんかでも、
「え~まだやれると思うのに!?」
なんてインタビューを前面に出すのもどうでしょう?

ホントにまだやれると思えますか?

まぁ街角の人に罪はないのですが、
それを全体の意見がごとく取り上げるのは、
マスコミの情報操作っぽくないですか?

自分の力が通じなくなって、
存在意義を失った舞台からの引退、
いくらあがいても通用しない実力の世界、
それを決めなきゃいけない心中を考えると・・・

自分としては気の利いたセリフなんて思い浮かばない
ってのが正直な意見です。


昨日のJ1リーグでは、
約4年ぶりの静岡ダービーがありました!?

まぁ盛り上がるんだろうなぁ~、
とは思っていましたが、
こちらの地方のマスコミが想像以上に、
盛り上がっていました!?

まずご当地の静岡新聞、
土曜日の朝刊ですが、
通常の新聞の一枚上に、
新聞を覆う形で特集の紙が、
見開き一枚ついてました!?

もう普通の記事はどうでも良いんですね~

新聞としての記事が見えていませんから!?

あと試合前日のローカルテレビ局では、
明日のダービーの見どころみたいな解説で、
沢登と福西がダブルで激論を繰り広げていました!?

もう既に他の全国放送でレギュラーの二人ですから、
何故、こんな地方で激論を!?
ってな感じでしたから、
力の入れ具合が違いました!?

まぁ実際のスタジアムも雨ながら、
盛り上がっていましたから、
やっぱり、ダービーがあって良かったですね!?

肝心の試合は、
過去の対戦成績通り、
ジュビロの勝利でしたが、
最後に見せたチョン・テセのオーバーヘッドは、
正に意地の一発、
見せてくれました!?

話しがちょっと飛びますが、
やはりチョン・テセを北朝鮮に渡してしまったのは、
日本サッカー界の損失でしたよね~

あの破壊力と力強さ、
そして日本人魂を兼ね備えてますから、
理想の日本人ストライカーなのですけどね~
残念です!?

中村俊輔も活躍しましたし、
満足度の高いダービーだったと思います!?



WBC準決勝、対アメリカ戦でしたが、
打てないのと同時に、
ミスが出てしまっては厳しかったですね~

日本の野球は以前から言っているように、
精密機械のように、
ビッチリ歯車がかみ合って成り立っていますので、
他の国のように多少合ってなくても、
強引な力技で押し切るってことは出来ないですから、
ミスが続くとどうしても、
巻き返しは難しいですよね~

良く大会後には、
「大谷がいれば・・・」
なんて話も聞きますが、
それはきっとどこも同じだと思います。

報道こそされませんが、
どこの国にも、
「あいつがいれば・・・」
ってのが一人や二人はいると思いますので、
大した問題ではないでしょう。

残念でしたが、
まぁあそこまで行っていれば、
最低限の仕事は果たしたと思いますよ!?

それにしてもベスト4が最低限レベルと考えると、
やはり日本の野球はレベルが高いと、
言わざるを得ませんよね~

何が日本の野球で優れているか、
それは良く自分が提唱していますが、
野球OSが高いということです。
要するに野球を良く知っているってことですね~

これに関しては世界でトップクラスであることは間違いありません。

ただ今回改めて感じたのは、
アメリカはやっぱり母国ですね、
日本と同等以上に野球OSが高いです。

普段メジャーリーグの試合を観ると感じませんが、
こういう若年層だとか、アマチュアレベルのアメリカを見ると、
実に抜け目がない、スキを突いてきます。

まるで日本の野球のように、
結構きめ細かいです!?

そこに体格差による、
パワーとスピードが備わってましたから、
アメリカの大会優勝は、
納得の結果です!?

でもまぁ、日本としては、
ああいうのに勝つためには・・・
って言う模索が今後始まるでしょうから、
それはそれで楽しいのではないでしょうか?

また次回が楽しみではあります!!




WBC、順当に1位通過で準決勝進出です!!

それにしても、日本の野球は美しい!?

フォームが美しい、
プレイが美しい!?

動きに無駄がなく、滑らかで、
目的に向かってひたむきにまっしぐらである。

まるで禅の修行でもしているような、
派手さはないが美しい。

他の国の派手なプレイが、
ただのまやかしにしか見えない。

本当、ちびっこはこういうプレイをお手本にしてほしい。

小手先のテクニックにこだわらない、
本質を見極めたプレイがこんな身近で見られるのは、
ある意味で幸せなのである!?


JリーグもWBCも盛り上がっていますが、
今日はこの話題!?

ヤマト運輸が受け入れ仕事量を制限するそうで!?

前々から自分も言っていましたが、
最近のサービス過剰現象から、
長時間労働などが強いられるのはどうなのよ?
と言っていましたが、
いよいよそれが表面化してきたようですね!?

自分としては、
やっと正常化が受け入れられるだけの雰囲気や土壌が、
世の中に広まってきたのかな?
などと思うわけです!?

ハッキリ言って最近は便利すぎます!?
そりゃ便利は楽ですし快適ですけど、
それが誰かを苦しめているなら、
そこまで要求したくはないですよね~

でも、その便利さを真に必要としている人もいるわけです!?

だとしたら提案なのですけど、
自分みたいに、もうこんなに要らないや、
って人にはサービスの低下とともに、
割引してくれるってことにしてはいかがでしょうか?

例えば宅配便なら、
自宅まで届けなくていいから、
配送センターやコンビニまで取りに行きますよ、
だから割り引きます、みたいな感じですよ。
もし指定期日までに取りに来なければ、
廃棄してくれて結構、廃棄費用も事前に配達料に含まれます、
みたいにするのはいかがでしょう?
(もうあるのかな?)

本来の便利さを、
例えば体が不自由で取りに行けない人とか、
そういう人への本当の意味でのサービスに、
費用を回せないのでしょうか?

それをただ単に楽したいだけっていうことで、
サービスを享受するっていう意識は、
もう止めにしませんか?

ちょっと説教臭くなってますが、
そういうこと考える岐路にあると思いますよ!?


と渡辺美里の歌のようなことを言っていますが・・・

自分としては以前、大病を患い、
手術してから10年が経ちました!?

先日も定期的に続けられていた検診を受けてきたのですが、
「もう再発の兆候はないから、来なくて良いよ」
と病院で言われたのであります!?

そうかぁ~10年か~
長いような短いような・・・
何とも言えない気分ではあります!?

10年前に手術を終えた直後は、
動けない体で病院のテレビで、
そのまんま東が宮崎県の県知事に当選して、
「どげんかせんといかん」と、
何度も言っていたのが昨日のようです。

二回目に手術した時は、
やはり朝の情報番組で、
マツコデラックスが街でレポートしてるのを見て、
「なんじゃ、この生き物は?」
などと思っていたら、
あれよあれよとゴールデンに引っ張りだこですから、
世の中の不思議を感じます!?

ここ10年ほど、
それこそ年の予定は病院通いをベースに、
スケジュールを組んでいましたから、
それがなくなるというのは、
もちろん嬉しいことではあるのですが、
何とも不思議な感覚です!?

まぁ、これで他の病気も含めて、
これから先、何も起きない保証が出来たわけではありませんし、
検診内容が軽くなっただけで、
今後も続けますし、
栄養とかの投与は続けるわけです!?

まぁ結構なジジイなんだから、
しょうがないですよね!?

それでも何だろう?

なんというか、
晴れ晴れしいまではいきませんが、
10年ぶりに何かが復活してくる感覚といいますか、
何かが自分のなかでフツフツと湧いてくるのであります!?

ここ10年の生活が、
なにも苦しく、修行のような毎日だったとは言いませんし、
こういう経験で得られたものも確実にあるわけで、
趣向や価値観も変わってはしまったなぁ~と思うけれども、
また決してそれが嫌でないことも確かなのであります!!

それでも何か、何かをしたい、
そんな気になってきました!!


世の中ではブラック企業が問題となり、
恵方巻きのノルマが課せられているとかいないとか?

その他にもブラックネタは満載である!?

ただ、ふと思うのだが、
その企業は何のために無理な要求を社員に押し付けるのか?

それは企業の業績を伸ばすまたは維持するためだ!?

今や消費者の要求に応えようと、
企業も必死なのである。

ただでさえ、人口減少でパイがしぼんでいる日本市場では、
その少ない消費者に向けて一斉に企業が集まってくるのだから、
そりゃ消費者にとっては嬉しい毎日である!?

自分など、昔のことを思えば、
今の世の中はずいぶん楽になったなぁ~と思うし、
食べ物も驚くほど美味い物が、あんなに安く手に入るっていうのは、
もう驚きを通り越して呆れるほどである。

ハッキリ言って、もう十分レベルなのですよ!?

でも売る側の企業的にはパイが小さいのだから、
より他社より優れていないと厳しいわけである。

だから消費者のちょっとした要求がまかり通り、
それを真に受けた企業側は労働側に、
長時間労働やノルマという形で要求することになってしまうのである。

そう考えると、我々消費者も消費者でありながら、
提供側でもあるわけですから、
自分自身に跳ね返ってくる要求を考えるならば、
「もうこの辺で満足しても良いんじゃない」と、
いつも思うのですよ!?

「それじゃ進歩がない!?」
そういう意見はもっともなのですけど、
自分のちょっとした一言で、
何処かの誰かが長時間労働やノルマに晒されていると思うと、
あんまり勝手なこと言えないと思うのですけど・・・

どうなんでしょうね~


稀勢の里が横綱になりました!?

その土俵入り(表現が違ってますかね?)に、
えらい多くの人が集まったみたいで、
みんな口々に、
「やっぱ日本人じゃないと・・・」

そうなんだ?

結構皆さんそんな思いなんですね~

協会的にも待望の日本人横綱みたいなノリですし・・・

それなら外国人に門戸を開かなければ良かったのに。

いやぁ~こんなに、みんなが待望していたってのを、
認識したのは結構ショックですね~

別にグローバル化が良いとか悪いとか、
そんな難しい話ではないのですけど、
結構、世の中的にはグローバルって言うのを良しとするご時世かな?
とも思っていたのですが、いざ日本人横綱が誕生した途端、
この熱狂ぶりっていうのは、
なんか、みんな心と世間での言動とは違っているのかな・・・

と、うまく言えませんが、
なんか違和感を感じてしまいました!?


07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

+ アーカイブ
 

フローラン・カバディ

Author:フローラン・カバディ
性別:男
年代:40代
生息地:静岡県
趣味:サッカーネタ中心ですが、スポーツ全般からアニメ・コミック等のサブカルまで幅広く取り上げていきます
名前の由来はこちら

お勧めの本とかコミック載せてあります。レビュー見て気に入ったら貴方も読んでみてはいかがでしょう?
良かったらMy Yahoo!に追加してみませんか!?
My Yahoo!に追加
ランキング参加中です!! 気が向いたらポチっとお願いします(^_^;)

FC2Blog Ranking

QR