*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

日本代表、欧州遠征2連戦

1分け1敗

結果が全てではありませんが・・・

内容も無かった気がします

新戦力を試す意味もあった?のかな
チームとしてバラバラでしたね~

守備も安定しないし、
点が取れる雰囲気もない
どうしたもんでしょう?

選考するにも出来ないような、
内容だったのではないでしょうか?

それを踏まえた上で、
現時点での代表入りがほぼ決定したのでは?
っていうメンバーを探してみますと・・・

まず長谷部
年齢は気になりますが、
やはり信用は絶大か?

次に原口
もうハリルジャパンの申し子と言えるでしょう。

大迫
日本のワントップとして欠かせません、
彼がいるといないでは、
前線でのタメが違います。

あと今回呼ばれていませんが、
吉田
今回出ていないことにより、
より彼の必要性が高まったと思います。

以上、そんなとこですかね。

もう少し、可能性がある選手もいますが、
あくまで現時点での確定、
ということでご了承願います!?

映画ジュマンジの新作、
「ジュマンジ・ウェルカム・トゥ・ジャングル」
ってのが4月に公開されるってことで、
TVで紹介されていましたが・・・

んんんっ・・・・

主人公たちがゲームの中に取り込まれる!?

これって・・・

いわゆる、日本のアニメによくある設定じゃん!?

しかもゲーム中に死ぬと現実でも死ぬ!?

まんまSAOことソード・アート・オンラインじゃん!?

こりゃヒデぇなぁ~

まぁハリウッドもネタ不足ってのは前から思っていましたが、
まさか人気作にパクリを合わせてくるとは・・・

それだけ日本のアニメの創造性が秀逸だ!?
ということにしておきましょう。

DSC_0066.jpg

以前、話していたマイ・フェイバリット・スノーリゾートの、
チャオ御嶽での1枚です!?

ご覧の通り(分かり難いかもしれませんが)、
乗鞍岳の下には雲海が広まっていて、
思わず絶景に遭遇してしまいました!?

世の中には雲海を見るために、
必死に気象図や天気予報とにらめっこの人もいるというのに、
思いがけず見れてしまって申し訳ない気分です!?

ホント、ここ自然条件に恵まれてまして、
ダイヤモンドダストが見られることもありますし、
この時期にこの積雪量、
みんなが思わず口にする言葉は、
「さすがチャオ!?」

ただ、これだけ自然に恵まれてますと、
返って運営の残念さが目立ちます。

道路や駐車場は除雪重機の関係で、
もうボッコボコに荒れてますし、
一部水道は止まったまま、
何年も放置されています。

極めつけはレストランのオペレーションの悪さ!?

ラーメン一杯を1時間待たされる人とかいたみたいで、
苦情殺到でした。

自分も食券№が呼ばれたので、
窓口へ行ったら、
なんと同じ番号を持った人が複数いたという、
もうわけのわからない状態!?
「なんで同じ番号の札が何枚もあるんだい?」
ってな具合でパニックでした!?

まぁ若い頃なら、
速攻切れていましたが、
この歳になると、
こういう話も笑いネタとして使えるなぁ~
などと思えるものです。

でも、もう少し何とかしないと、
ホント潰れるよな~


話しはスポーツネタから飛んでしまいますが・・・

ここ数年の流行りに欠かせないのは、
インスタ映えとかSNS映えってことですよね?

もはや誰でも何時でも
何処ででも、
スマホでインスタアップしまくり。

それによって、
流行りの店や観光スポットが決まってしまうのですから、
完全にCMや広告を凌駕していますね~

さて、こうなると、
この撮影自体を迷惑がる人も出てくるわけですよ。

実際に映り込むのが嫌なひともいるでしょうし、
周りでカシャカシャやられるのもウザいし、
って感じるるのも事実です。

今後、あまりにも過激になってくると、
お店とか公共の場所では、
禁煙とか分煙みたいに、
禁インスタグラムとか
この場所なら可能ですよっていう分インスタグラム、
所謂、禁スタ、分スタってことになるのではないでしょうか?

撮影されることによる被害ってのが、
今後クローズアップされる気がします。

例えば、芸能人が不倫デートしてたら、
誰かのインスタに映っていてバレてしまったとか。

普通に可愛いと思った猫を撮ったら、
その飼い主の家の周りに人が集まってしまったとか・・・

まだまだ思いつかないけど、
これから問題噴出する可能性は十分ありますよね~

だから禁スタ、分スタ、あると思います。

もしこの言葉が流行ったら、
流行語大賞取れるかな?

平昌オリンピック、終わってしまいましたね~

最後の最後にカーリング女子がメダルを獲得しまして、
とても盛り上がった最後ではなかったでしょうか?

そのカーリングのメダルの瞬間ですが、
他の競技とは違う感覚での勝利ってのを、
味わうことが出来ました!?

通常の競技って、
いわゆる速さとか強さの優劣で決まるので、
見てる側が最後の瞬間に発する言葉は、
いけっー!!
よぉーしっ!!
など力が入るものですよね!?

だけど今回のカーリングでは、
見ていて、イギリスチームが投げた瞬間は、
もうこれで終わりだなって思っていたこともありまして、
勝負が決する場面では、
えっ
このままだと・・・
えっ!?
まさか?
あーっ!!!!
勝ったよ?ねっ?
みたいな感じで、
最後まで半信半疑と言いますか、
じんわりと染み渡ってくるものですね~

それが最後で五輪は終えたのですが、
その余韻もあるでしょうね~

帰国後の取り上げ方が最も多かったのは、
女子カーリングチームではなかったでしょうか?

自分も懲りもせず、
そんな特集やチーム結成話などを見ますと、
もう年寄りですね~
「ホント良かったね~」
などとウルウルしてしまうのですよ。

ほんと不思議な感覚をもたらしてくれた、
カーリングでしたね!?

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

+ アーカイブ
 

フローラン・カバディ

Author:フローラン・カバディ
性別:男
年代:40代
生息地:静岡県
趣味:サッカーネタ中心ですが、スポーツ全般からアニメ・コミック等のサブカルまで幅広く取り上げていきます
名前の由来はこちら

お勧めの本とかコミック載せてあります。レビュー見て気に入ったら貴方も読んでみてはいかがでしょう?
良かったらMy Yahoo!に追加してみませんか!?
My Yahoo!に追加
ランキング参加中です!! 気が向いたらポチっとお願いします(^_^;)

FC2Blog Ranking

QR